ワークショップのお知らせ 2月14日(日)

来月2月に行う、ワークショップのお知らせです。

今回は、ロルフィングとヨーガのコラボ企画になります。

ヨーガセラピーを普及されていて、そして医師としてのバックグランドから

からだに対して関わっている齊藤素子さんと一緒にワークショップを展開したいと思います。

ロルフィングを受けたことがある方、もしくはヨーガ的な呼吸、プラーナーヤーマを経験されたことがある方、

またからだに関心のある方など、是非ご参加ください!

お申し込みお待ちしております〜。

 

「呼吸」を中から、外から感じるワークショップ

〜ロルフィング®とプラーナーヤーマ〜

Rolfing×Yoga

 

この度、ロルフィングとヨーガの要素を掛け合わせたコラボワークショップを開催することになりました。それぞれの関わり方でもからだの可能性は広がっていきますが、今回、呼吸の観点から両者の特徴を同時に学び、そして実際に体験していただくことでより深い理解と自身のからだの変化を体感していただきたいと思っています。ご自身でのからだのケアを深めたい方、からだのことをもっと知りたい方など、皆様のご参加をお待ちしております。以下、詳細です。

 

 

【日時】:2016年2月14日(日)10:00〜13:00

(当日は9:45より開場いたします)

 

【場所】:リリーフスペース(小田急・JR町田駅より徒歩5分)

〒194−0021 東京都町田市中町1-12-16アイケイブリックス305号室

http://reliefspace.com/abou/access/

 

【講師】:伊藤彰典(http://reliefspace.com)・齊藤素子(http://yogatherapy-chandra.jp/

 

【料金】:6,000円(現金のみ、お釣りのないように当日お持ちください)

 

【定員】:12名(ロルフィング経験者6名 残り4名、プラーナーヤーマ経験者6名 残り1名9月17日現在

 

【対象者】:

ロルフィング、もしくはプラーナーヤーマを受けた、経験されたことがある方。(指導者など、からだの専門家である必要はありません。)

 

※指導者や専門家の方の参加はもちろん大歓迎ですが、いわゆる指導者向けのようなワークショップではなく、いかに自分のカラダで体感することが重要であるか、といったポイントに重点を置いた内容になりますことをご了承ください。

 

【申込】:件名に「呼吸のワークショップ」とお書きいただき、

aki0120itoh@me.com 伊藤彰典宛でメールにてお申し込みください。

①   申込者氏名

②   当日の連絡先(電話番号)

こちらの二点も合わせてお知らせください。

 

【当日の連絡先】:090−1508−4012(伊藤彰典の携帯)

 

【主催】:リリーフスペース・Yoga & Wellness Chandra合同主催

 

 

〔講師より一言〕:

『ロルフィングで捉えている呼吸とは、カラダの拡張が内から外へ、上と下へ、右から左へ、といったように3面をベースにしているのが一つのコンセプトです。その一方で、ヨーガ、プラーナーヤーマで考えている呼吸は、自分がロルフィングで見ていた呼吸とはまた違った見方である、ということにプラーナーヤーマの実践を通じて気づきました。そして、自分自身でプラーナーヤーマの実践をしていく際にロルフィングの要素を組み込んでいくと、さらに呼吸の感覚が深まることも感じました。今回のロルフィングとヨーガ的な呼吸法(プラーナーヤーマ)の両面を感じていただけるようなワークショップを通じて、カラダの理解や健康がより深まることを参加者の皆さんで共有したいと思っています。』(伊藤彰典)

 

『伝統的なヨーガの実践では、心にアプローチするための道具として呼吸を調整します。プラーナーヤーマをはじめとした身体に働きかけるハタヨーガの実践は、身体的レベルだけでなく、心理的、感情的、そしてスピリチュアルなレベルにまでその効果が及ぶとされています。それは段階を踏んで進んでいくものですから、まずは身体のレベルで呼吸をしっかりと感じることが不可欠とも言えます。今回、伝統的なヨーガの呼吸法の基本となる部分を、ロルフィングという違った角度から感じてみようと思っています。その時の講座の流れで、どのようなことを皆さんにお伝えすることになるのか、私も今からとても楽しみにしています。』(齊藤素子)

 

 

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>