Unit3十四日目 6/28 英語

今日でUnit3の三週目が終了しました。
最初の方は結構しんどい日々が続いていたこともあり、
時の流れがゆっくりな気もしていましたが、
ここ一週間はあっという間に過ぎていったような気がしています。
ようやく、リズムに慣れてきたんでしょうね。
セッションを重ねるにつれて、10seriesの全体像が結構見えてきて、
どんな形でクライアントに最後を迎えてもらえるか、
というイメージがかなり膨らんできました。
これからの毎回のセッションが楽しみです。
今日は授業が終わった後、8時くらいからクラスメイトと街に行ってきました。
普段は日本人の人とつるむことが多いボルダーの夜でしたが、
昨日は久々に全員アメリカ人が周りにいる中で遊びました。
やっぱり人が変わることでこんなにも気が張るのか、
というくらいいろいろと違う感覚を使っていました。
もちろん、楽しい時間だったし改めてクラスメイトのことを
知ることもできて良かったのですが、
やっぱりアメリカ人のペースに合わせること、そして
ある程度はそのペースを気にしない、ということも
していかないとこっちが大変になってしまう、と感じました。
そして、普段の会話のリズムになると、
やっぱり英語がわからなくなる。
いくら同じ英語を話しているとはいえ、
母国語と第二外国語の差はどうしても出てきてしまいます。
ほとんど気にならないくらいになるまではまだまだ時間がかかりそうだし、
一緒にいる時間が長くなればなるほどその差は感じてきてしまいます。
二人で話しているときにはほとんど問題ないんですが、
三人、四人と複数の人が混ぜこぜになって話しているときは
やっぱりどうしても反応が遅れてしまいます。
クラスの中や、一対複数の状況だったら問題ないんですが、
やっぱりあっちこっちに会話が飛んでいく状況だと
どうしても付いていけなくなり、聞く方に身をゆだねてしまいます。
これは毎回、クラスメイトとご飯に行くと感じていることなんで、
半分くらいはしょうがないと思っていますが、このままでいるのも
何だかやるせない、という気持ちがあります。
英語の面でも、もうちょっと、まだまだ、成長していかないといけないですね。
一つの一つの言葉に、自分がもっと自信を持って発していけたら良いな、と思います。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>