Unit3一日目 6/11 最終章の幕開け

いよいよ今日からUnit3が始まりました。
ロルフィングのトレーニングは3つのUnitで構成されていて、
これが無事に修了すれば、ロルファーとしての認定を夏に迎えます。
最初のUnitを取り始めたのが2年前だったことを考えると、
何と時が経つのは早いことなんでしょう。
そんな感じでこのUnit3も過ぎ去っていくのでしょうかね。
クラスの人数は11名と、多すぎず少なすぎず、で
いろいろとやりやすい規模のクラスになりました。
大半の人たちは過去にクラスメイト同士だったこともあって
仲良くしている感じがすでにあり、その上で最近ボルダーに
滞在していた日本人を間接的にお互い知っていたこともあって、
時間をそこまでかけることなく距離を縮められたように感じます。
さすがにUnit3まで来ると、皆かなり落ち着いて来て、
大人なクラスになっています。
いろんなことをクラスメイトからも学ぶことができそうで、
素敵なクラスになる雰囲気があるのは嬉しいことです。
Unit3の最初の週は、解剖学の再復習をメインに行ないます。
10seriesと言われる、ロルフィングの大きな柱になる考え方について、
どのような視点が改めて必要か、解剖学との関連性をそれぞれが
どの程度理解してきているか、ということを確認する
良い準備期間にもなると思っています。
先生も何回か日本でロルフィングのトレーニングを教えたことがある、
そして愉快でユーモアがあって器がとっても大きいMichael Murphyという
インストラクターの元、早速初日から楽しい日々でした。
クラスの中でワークを交換する時間が今日もありましたが、
クラスメイトも素敵なタッチをするし、インストラクターの
サポートも的を得ています。
いい環境で学ぶことができそうです。
Unit3の中で自分が思うこと、感じること、起きること、
学んだこと、などなどをできる範囲でココには
記していこうと思います。
ロルフィングのことを知っている方も知らない方も、
僕のことを知っている人も知らない人も、
この日々を通じて僕がどんな成長、変化をしていくか
こちらで見守って頂けると嬉しく思います。
いよいよ、ロルフィングトレーニング最終章の幕開けです。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>