Unit2初日 8/15

いよいよ始まりました。
Unit2。
前回のUnit1を振り返ってみたら、なかなかブログを書いていないなぁ、、、、、
との反省があったので、今回は頑張って書いてみようかな、なんて思ってます。
沢山あとに残るものをつくって、Unit2専用のテーマができても良いかな、
って思えるくらい書けたらいいな。
と言いながら、三日坊主になることも想定できるので、、、、、、、、
まぁとにかくゆったりまったりのんびり、思った事を綴っていこうとおもってます。
今週はPrinciple Embodimentの週で、
まぁ要は、ロルフィングとは何ぞや?
といったところに触れていきます。
どういった考え方があるのか、どういった分類をするのか、
どういった要素が必要になってくるのか、どういうふうに身体を考えていくのか、
などの情報がわっさわっさ入ってきました。
今まで何となく理解していたロルフィングという概念に対して、
ちょっとずつ理論的かつ包括的に理解できるようになったのかな。
前回の通訳で聞いたときのUnit2との理解も相まって、
腑に落ちるところが沢山在りました。
インストラクターは、Carol Agneessens。
ロルフ・ムーブメントの第一人者で、以前からよく名前を聞いていました。
母性溢れる話し方、優しい関わり、そしてそれを作りだす雰囲気がとても素敵。
Unit1のSuzanneとはまた違った、でも一緒にいるだけで心地よく笑顔が生まれてきそうなヒト。
Principleの今週だけしかクラスにいないのですが、
この週でいろんなことを学んでいこう。
今回のクラスは計16名。
僕と同じUnit1を取ったのが4名、また別のUnit1を受けたヒト達のグループが9名、
別々のアドバンスのUnit1を取ったヒトが1名ずつの計2名、
と大きく分けると3グループありそうな感じ。
まぁすぐに関係なくなると思いますが。(少なくともクラス内では。。。。)
男女比も8対8で、日本人が5名います。
母国語での学びの共有もできそうなので、これはこれで良いのかな。
やっぱり母国語の能力は英語の発達にも影響してきますからね。
英語を忘れない範囲で、日本語もちょくちょく使っていこうと思います。
話しができる間にしておこう、いろんなこと。
実際にペアでセッションを軽く交換したりもしました。
Gamma touchというアプローチの中で身体をみていって、
そのワークがクライアントにどう影響するのか、
どういった経験を共有できるのか、が特に面白かったですかね。
僕が感じたことを話したら、パートナーのクライアントも似た経験を
同じ時期に感じてくれていたりして、そういった学びの共有が
とっても楽しかったし、これから出会うであろうクライアントと
こんな経験を共有したいなぁ~と考えてました。
今日だけでも、良いパートナーに巡り会えて、
来週から始まる10seriesのペアリングへのいい材料が手に入りました。
今週はまだまだ明日から4日ありますが、ゆっくりゆっくり、ひとつずつひとつずつ、
丁寧に消化していきたいと思います。
Unit2が二回目ということ、そして自分の英語が去年のUnit1、そして前回のUnit2よりも
成熟しているのを自分も、そして他の人の反応から見ても感じる事ができているので、
クラスのレクチャーを聞いているのが今日はとても楽しかった。
やっぱり言語が分かるだけでこんなに理解が深まるんだ、
と思うとやっぱり一年間住んでみてよかったな、って思います。
まだまだ未熟なとこばかりの僕の英語ですが、
少なくとも以前からの進歩を感じることができているので
ある程度は納得。というか満足。
それに慢心しないように、明日からもクラスに行ってきます。
やっと、学ぶのが楽しくなって来たぞ~。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>