Unit2二十一日目 9/15 Thanks Ray

ふう。
今日で8週間あるうちの5週間のクラスが終わりました。
ホント、あっという間。あと3週間で終わるなんて信じられない。
そして、今週で今までのメインインストラクターだった、
Rayがクラスを離れます。
今回のUnit2は、二人のメインインストラクターが前半後半と、
分担してクラスを教える、というちょっと珍しいものでした。
Ray McCallとJon Martin。
二人とも20年以上のロルフィング歴を持っていて、
そして二人は超仲良し。^^ 15歳近く違うそうですが、本当に親友みたいな関係です。
二人とも隣町に住んでいるし、
長年一緒に講師としてもロルフィングの学生を育ててきたそうです。
そして、二人とも別々ではあると思いますが、
日本でのロルフィングのクラスを教えたことがあります。
そんな二人だからこその、今回の分担クラス。
過去にも数例こういったケースでのクラスはあったそうですが、
生徒としてその場にいるのは何だかちょっと不思議。
今までいたヒトが急にいなくなって、
来週からまたクラスの雰囲気がガラッと変わると思います。
それを肌で感じるのは、来週の月曜かな。
しかもいなくなるのがRayなので、僕は本当に何とも言えない心境。
この前のブログに書いたように、彼の存在は間違いなく僕の中で大きなものを占めています。
だからこそ彼のクラスを取ったし、彼の話がかなり抽象的で分かりにくかったとしても、
とても内容は興味をそそられて、それをもとに自分でイマジネーションを
含ませることができる、そんな素敵な教え方を彼はしてくれました。
今までの彼のクラスは本当に受けていて素敵なものでした。
今回は最後にならないように、また笑って会いたいです。
最後に円になって、それぞれのクラスメイトがRayに対する思いを
述べていったのですが、僕のときに話しながら自分の思いを一つ一つ
表していると、去年のUnit1でのこと、Unit2で彼がしてきてくれたこと、
などなど急にいろいろ思い出してしまい、言葉が出なくなり、そして自然と涙がこぼれ、
気づいたらクラスメイトにティッシュを差し出されていました。
日本にいるときから僕は泣き虫でしたが、
今回のUnitでも本当に涙もろいです。
そのおかげで、目が真っ赤なまんまの写真になっちゃいました。笑
本当にありがとう、Ray。
The アキノリ's blog in America
まだ3週間ありますが、皆で頑張ろう!!

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>