Unit2の通訳(?)しています

スキルフルタッチ2、、、、、、、、
とブログが続くはずが、
それより先にお話しておこう、とのいうことが
出て来たので、今日はそれをお先に。
スキルフルタッチを実際にどのようにやっているのかは、
また書きたくなったら書こうと思います。
というのも、2週間前の頭、ある友人からメールが来ました。
「Hey,How are you doing?」
それは、去年のUnit1でのクラスメイト、Johnからでした。
彼はハワイに住んでいて、そして日系4世の日本語大好き22歳。
日系だけど4世なので、日本語はしゃべれず。
でも、自分の興味が日本、という事で大学の専攻も日本語で、
多少の挨拶くらいはお互い日本語ですることができます。
普段は思いっきり英語を話すけど、
彼から日本人らしさを時々垣間みることができたことが
去年のUnit1でどんなに僕の助けになったか。
今でこそ英語でのやりとりの方が簡単だけど、
やっぱり彼の存在は大きかったんだなぁ、
と彼の事を考えると今なら思います。
そんなJohnは、現在BoulderでUnit2を取っています。
それが2週間前に始まったんですが、その中で
あることが気になっていたようで、僕にメールをくれました。
それは、クラスの中に日本からいらした方がいて、
その方が英語に対して少し苦労をしている、ということ。
Johnとその他のクラスメイト、インストラクターは
その日本人の方との意思疎通の難しさをお互い感じていたようで、
「何か手助けしてあげたいんだけど、ちょっと僕の日本語では限界がある。
もし時間があるんだったら相談にのってくれないかい?」
との連絡が来たのでした。
その連絡が来た辺りの2週間前、
それはアリゾナの旅行から帰っていてようやく一段落した頃で、
この先2ヶ月ほどの予定がまったく決まっていませんでした。
なので、これは何かの良いチャンスなのかも、
と根拠のない思いを持ちながら、
連絡が来た翌日、学校のRolf Instituteに向かうことにしました。
昼休みに学校に着き、Johnと久々の再会を果たしたあと、
今の状況を聞くと、何やらクラスのインストラクターが誰か日本人の方の
手助けをクラスの中ですることができる人を捜していたようでした。
そこで、Boulderを未だにフラフラしていた僕に白羽の矢が立ったのです。
そんな話をしていたら、その日本人の方、オサムさんにお会いし、
そしてその方は以前僕のブログを通じて連絡を頂いていた方でした。
話をしていると、やはりいきなり英語の環境での勉強はかなりのストレスだということ。
僕も最初の州のUnit1では思いっきり苦しみながら過ごしたなぁ、、、、
そんなオサムさんの様子を見て、僕も最初はいろんな方に助けて頂いたし、
今度は僕が繋いでいく番だ、ということで喜んで通訳を引き受けました。
いろいろオサムさんと話しをしていて思うのが、
凄く刺激を頂いている、ということ。
オサムさんは、現在64歳で僕の父親と一緒の年齢です。
一般的には、定年退職されて引退生活を楽しむ、
といったのが日本ではよく見られますが、
オサムさんはまた勉強を始められました。
しかも、アメリカに来られて、
英語という新しい壁にもチャレンジされています。
僕が同じ年齢、状況だったらできるだろうか。。。。。。
とても学ばせて頂いています。
そして、クラスに対する姿勢もです。
僕の英語能力も多少は関係していると思いますが、
クラスでは、全てを通訳して日本語で伝えるのではなく、
英語で出来る限り聞いて学ぶ努力をして、
その中でわからないところを休憩時間にでも僕がフォローする、
といった形をとっています。
全てを通訳していたら絶対に僕が聞き逃す部分が出てきます。
そりゃ、僕が話している間にもインストラクターは話してますからね。
待ってくれないですもん。
自分の耳でしっかり聞いて、そしてわからないところを補う。
そういった方法で現在はやっていますが、
基本的にオサムさんが自分から英語で話しかけよう、聞き取ろう、
としているので、僕もとってもやりやすいです。
困ったら助太刀に入る、といった形でいられますからね。
もし、全ての時間でおんぶにだっこをされていたら、
僕もストレスがたまってしまっていったことでしょう。。。。。。
今は、刺激、そしてモチベーションをたくさん頂いています。
そして、その通訳をしている特典として、
Unit2を受けられているということ。
自分のUnit2は今年の8月。
既にApplyもして、後はそのための課題をやるだけ。
その中にスキルフルタッチもあるんですが、
先にその予習としてUnit2を聴講することが出来ています。
いろんな興味深い話も、このクラスならでは。
いやぁ、引き受けてよかった。Unit2を2回受けられるし。笑
ただ、みんなが実践で練習している中で、
中立の立場にいなければならないのは、
ある意味苦痛、というかうらやましいなぁ……
と思う事もありますが。
まぁ、贅沢な悩みですね。
先週で2週間終わったので、あと6週間。
通訳をしながら、少しずつロルフィングのことが
また深く理解できるようになってきて、
そして学びの波がだいぶ来ています。
この先どうなることやら…..っていう、
先がわからない問題もちょっと浮上していますが、
まずは今できることを一生懸命にやるだけですね。
あぁ、自分のUnit2が待ち遠しいぞ~~^^

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>