SYNERGY2周年記念イベント&ロルフィング体験

先週の土曜、ロルフィングのセッションをするときにお借りしているスタジオ、SYNERGY CENTERでオープン2周年記念イベントがあり、参加してきました。
当日は16時からオープンハウスとして、TRXサスペンショントレーナー、TRXRipトレーナー、3Dストレッチ、バイブプレート、カマゴンボール、サンドバッグ、バトリングロープなどの、トレーニングに必要な様々な器具を自由に使えるブース、ジャイロトニックを体験できるブース、そしてロルフィングを体験できるブースなどを準備し、参加者が好きなペースで身体を動かしていました。
Rolfing Relief Space
こちらはチャレンジイベントの様子。
TRXサスペンショントレーナーを使い、同じ動作をどれだけ、何回できるかという数を競うもので、多くの方が参加、周りの人が大声をあげて応援していた姿が印象的でしたね。
Rolfing Relief Space
そんな中、僕はロルフィングのブースを担当し、数名の方にミニセッションのような形でそれぞれ10~20分ほどでタッチを体験してもらいました。
これが、、、、、なかなか難しい。
短い時間である程度の結果を出さないといけないという無言のプレッシャー、でも結果を求めるとあまり良い方向に行かない、なのでそのバランスをうまく取りながらミニセッションをしていきました。
最終的にはほとんどの人に何かしらのものを感じて頂くことができ、ある一人は昨年末から抱えていた首回りの不調がだいぶ楽になった、またある一人は触った肩周りが動きやすくなったのはもちろん、触っていない側の胸の周り、腰周りの後ろがなんか楽になった、、、、、なんでだ?^-^;などといった貴重なフィードバックも頂けたのはとても嬉しかったです。
一般的に、ロルフィングのセッションをするときは大体90分くらい時間を頂いていて、実際にテーブルの上でワーク(ロルフィングの施術のこと)しているのは60分くらいでしょうか。
その中では、ワークをしながら左右の差、上下の関係性、身体の内側と外側のバランスを確認していくので、短い時間ではある程度限界があるな、というのが今の僕のレベル。
経験して洗練されていくと一つ一つに掛ける時間が削ぎ落とされて相対的にセッション全体の時間が短くなっていく、というのは先輩方の声から聞いているのでそこの段階にいくのにはまだまだ数を経験するのが必要なのかな、と。
でも、まぁそんな中でもある程度は納得できる状態にクライアントさんがなってくれたことが何よりの収穫です。今後にもつながる良い時間でしたし、通常セッションと並行して行なっている体験セッションにおいても大きなヒントを頂けました。
高校の同級生も遊びに来てくれて嬉しかったですし、その後もいろんな方とお知り合いになり、とってもあったかい人のつながりを再認識できた一日でした。

Rolfing Relief Space(ロルフィングリリーフスペース)
東京都港区白金台5-11-2 バルビゾン20 3F
恵比寿駅東口より徒歩10~15分

$東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

◆ロルフィングとは
◆体験談
◆メニュー・料金案内
◆プロフィール
◆アクセス
◆お問い合わせ

伊藤 彰典
連絡先:090-1508-4012
メール:aki0120itoh@me.com
HP:http://www.reliefspace.com/

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>