Source Point Therapy 〜ソースポイントセラピー〜

ついおととい、ソースポイントセラピーのセッションを受けることに。

今年の3月、エドモーピンのワークショップに参加したときに

知り合いになった方との交換セッションみたいになったのですが、

改めてこのセッションを受けてみるとそのパワフルさに毎回驚かされます。

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソースポイントはアメリカ生まれのエネルギーワークであり、

チャネラーとロルファーの二人によって創設されたセラピーです。

ロルフィングでは筋膜、筋肉、骨、靭帯などの「構造」や、

動き、可動性、なめらかさ、しなやかさといった「機能」、

そしてそれら二つなどが重力に沿って適切になっているか

ということに着目していき、10シリーズでその完成度を高めていきます。

それに対し、ソースポイントは上記の観点に加え感情、エネルギー、

トラウマ、カルマといった要素も網羅していく奥深い療法になってきます。

私たちのからだのいろんな症状は筋肉や骨といった筋骨格系だけではなく、

上記のような目に見えないものにも影響してきています。

そういったところにアプローチしていき、からだの健全を

求めていくプロセスになります。

 

詳しい内容は先輩ロルファーのヒロさんのサイトに書かれていますので

そちらを紹介させていただきます。

http://athiro.com/sourcepoint-therapy/

 

基本的に現在のぼくのスタイルとしては、10シリーズを終えてからだの

ベースができている方に対して、メンテナンスでお越しの方には

ニーズが合えばソースポイントのセッションをしています。

受けていただくと、今までのロルフィングのセッションとは

違った感覚になるようでとても面白く感じてもらえる方が多いです。

つい昨日のクライアントさんも、以前10シリーズを終えられていて

メンテナンスで来ている方なのですが、前日に階段から滑り落ちて

からだを強打したとのことで急に連絡が来てセッションすることになりました。

当初は単発のロルフィングをしようと思っていましたが、

立っている姿勢や歩いている動作を見ていると

地面との衝突などからくるこわばりやからだの不自然さが目に見えて感じられたので、

通常のロルフィングよりはソースポイントかなぁ、と自然な流れでそちらにシフトチェンジ。

 

ソースポイントでは、ポイントを押さえたりスキャンというテクニックを使ったりします。

簡単に言うとオフハンド、つまりからだに触れない状態でワークを進めていくことがあります。

昨日のクライアントさん、そういったオフハンドのときにもからだに起きている変化や感覚が

とてもあったようで、受けている最中にいろいろなやり取りができたのが印象的でした。

 

終わってみると、まだ転倒による痛みや腫れは残るものの

全体のバランスや歩行時のぎこちなさ、どこかをかばってしまうような

からだのこわばりはすっかり消えていってしまっていました。

クライアントさんのホッとした顔を見ることができて嬉しかったのと同時に、

ソースポイント、すごいなぁと改めて思った瞬間でもありました。

実際に体験してみたい方は単発のセッションができますので、

お気軽にお声かけくださいね。お待ちしています。

 

 

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>