ロルフィングとソースポイントとIMACと

最近、セッションで自分が何をしているかが改めて明確になってきています。

 

ロルフィングでは、10シリーズというレシピを中心としたセッション。

呼吸を深め、足を自由にし、お腹や身体の中心から腕や脚、頭が伸びていく。

自由で快適で、そして自分で調整できるように教育していく、サポーターとして

常に横にいながら変化を見守っていく10シリーズ。

IMG_4790

 

 

ソースポイントでは、エネルギーワークという立場からクライアントさんが

深いところでの休息、安心を感じてもらえるように、そして健全への歩みを進めていくセッション。

触れていないのに身体が暖かくなったり呼吸が内から深くなったり、

はたまた触れているだけなのに鼻の通りや首の詰まりが抜けていくなど、

筋膜や骨だけを深く触っていっても起こせない変化を共有させてもらっています。

IMG_4781

 

 

そして、最近はIMAC(アイマックと呼びます)というコンセプトも勉強しています。

人間は身体を動かすときには、脳で指令を出し神経を通じて筋肉が働き、

筋肉にあるセンサーが感じて協調運動をする、というメカニズムが起きています。

そのメカニズムが特定の筋肉で働いていないと、かばうようにして周りの筋肉などが

余計に働くようになってしまい、痛みや詰まり、重だるさなどの不調を生み出します。

IMACでは、うまく働かなくなっている筋肉や組織をエリアで判別できる術を学んでいきます。

アプローチした方がいい箇所が効率的にわかるので使い勝手がとてもいいですし、

クライアントさん自身もアプローチに効果があったか、きちんと体感できるのが素晴らしい利点です。

詳しくはこちらのリンクからどうぞ。

http://www.thespaceten.com/imac

IMG_4906

 

 

この3つを組み合わせながらセッションを進めているのですが、

手の下や身体で起きている変化により繊細に気づけるようになり、

身体との会話の量と質が増えている実感が改めて出てきました。

これまではロルフィング単体を通じての身体の変化に重きを置いてきましたが、

今はソースポイントやIMACを通じてロルフィングのセッションを見ている、という感覚があります。

IMACで最初にチェックして、ソースポイントをしながらもチェックしつつワークも進めて、

ロルフィングでレシピを進めて最後にチェック、という過程を踏んでいる感じです。

 

いろんなフィルターを通して身体を見ていけるので、より精度が上がったセッションができている感覚があります。

そうすると、身体の変化の量も自然と増えてきて、より素敵な反応をしてくれる

セッションがますます増えてきて、とても気持ちがいいです。

 

分かることが増えるのって、単純に楽しいですよね。

素敵な仕事を選んだもんだな、と昔の自分に改めて感謝。

まだまだ先は長いな、と感じさせてくれる可能性にも感謝です。

 

夏、暑くなってきましたが、暑さに負けずに日々満たされた時間をお過ごしくださいね。

IMG_4864

 

 

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>