アイダロルフとロルフインスティチュートの歴史

アメリカのロルフィングの学校、ロルフインティチュートのホームページにある、

ロルフィングの開発者のアイダロルフ女史と学校についてのページを翻訳してみました。

最近、改めてオステオパシー関係の本や資料を読み直しているのですが、

かつてアイダロルフ女史もオステオパシーを研究してロルフィングに応用した、

ということを改めて思い出し、ホームページに書いてある記事を翻訳したくなりました。

ご興味ある方は覗いてみてくださいね。

本文のリンクはこちら。

https://www.rolf.org/history.php

下記に翻訳文があります。

 

In 1920, Ida Pauline Rolf received her Ph.D. in biochemistry from the College of Physicians and Surgeons of Columbia University. Despite the resistance she faced as a woman in the field of science, she furthered her knowledge of the body through research in organic chemistry at the Rockefeller Institute.

Driven to find solutions to her own health problems as well as those of her two sons, she spent many years studying and experimenting with different systems of healing and manipulation.

Throughout most of her life she was intrigued with and explored many forms of alternative healing including homeopathy, osteopathy, chiropractic and yoga. The notion that proper alignment, physiologic function and anatomical structure are related is the basis of many of these healing methods.

 

Dr. Rolf agreed that the body functions best when the bony segments are in proper alignment. She added her observations that lasting improvement in alignment and an overall sense of well-being required a closer look at the effects of gravity on our bodies. She believed that the imbalances in structure placed demands on the body’s pervasive network of soft tissues: muscles, fascia, tendons and ligaments, thereby creating compensations throughout the body structure.

Dr. Rolf posed this fundamental question: “What conditions must be fulfilled in order for the human body-structure to be organized and integrated in gravity so that the whole person can function in the most optimal and economical way?”

Her life’s work was devoted to this investigation which led to the system of soft tissue manipulation and movement education that we now call Rolfing®. In order to pass along her work to others and to make the education process accessible, she developed an expedient series of ten sessions, which came to be known as the Ten Series.

Dr. Rolf continues to be recognized as a pioneer and leader in soft tissue manipulation and movement education.

Since her death in 1979 at the age of 83, the Rolf Institute® of Structural Integration has continued to share her work by certifying Rolfers™ and Rolf Movement®Practitioners, supporting research, and building upon her inspiration. Today, there are more than 1,950 Rolfers™ and Rolf Movement Practitioners worldwide.

 

“This is the gospel of Rolfing:
When the body gets working appropriately,
the force of gravity can flow through.
Then, spontaneously, the body heals itself.”

~ Ida P. Rolf

 

アイダ・ポーリン・ロルフは1920年にコロンビア大学の生化学において博士号を取得しました。反対があったにも関わらず、彼女は女性として科学に立ち向かい、ロックフェラー研究所において有機化学の研究を通じて身体の知識を発展させていきました。

彼女自身や二人の息子の健康問題を解決するため、彼女はさまざまなシステムの治療や徒手療法を勉強したり実験したりすることに多くの年月をかけました。

彼女は自身の人生の大半を通じて、ホメオパシー、オステオパシー、カイロプラクティック、ヨガを含んだ多くの代替医療に関心を持ち、探求をしていました。適切なアライメント、生理学的な機能と解剖学的な構造が関係しているという考えはこれらの多くの治療の基礎だったのです。

ロルフ女史は身体の体節が適切なアライメントにあると機能が一番働く、ということに同意していました。それに加え、アライメントの継続的な向上と全ての意味での健康な状態は、私たちの身体に影響する重力をきちんと着目していることが必要である、とも述べていました。彼女は、構造のアンバランスが筋肉や筋膜、腱や靭帯といった軟部組織の繋がったネットワークの必要性を生み出し、それにより身体構造全体に代償が起きると信じていました。

ロルフ女史はこの重要な問題を持ち出し、「人間の身体構造が整理され重力に統合し、人間全体が最適で最も効率的な方法で機能できるためにはどのような条件が必須であるのか?」ということを考えました。

彼女はこの探求に時間を費やし、現在私たちがロルフィング®︎と呼んでいる軟部組織のマニピュレーション(徒手)とムーブメント教育のシステムを生み出しました。このワークを他者に伝えるため、そしてこの教育プロセスを利用しやすくするために彼女は10回のセッションのシリーズを開発し、10シリーズとして知られています。

ロルフ女史は軟部組織のマニピュレーションとムーブメント教育の先駆者、そしてリーダーとして現在も認識され続けています。

彼女が83歳で1979年に亡くなって以来、ロルフインスティチュート®︎はアイダロルフの考えを素にロルファー™️やロルフムーブメント®︎施術者の認定、研究のサポートを続けています。現在、世界中で1950名以上のロルファー、ロルフムーブメント施術者が活動しています。

 

“これはロルフィングの福音である。

身体が適切に働くときに、重力は身体の中を通り抜けていくことができる。

そして、身体は自らを自然と癒していく.”

ーアイダ. P. ロルフ

 

Ida P. Rolf

 

 

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>