「ロルフィングは不思議です」

今日10シリーズを終えられた方とお話ししていて

感じたことがあったので、少し書いてみます。

 

このクライアントさんは60代の男性で腰部の過度の張り、痛み、足のしびれを持っている方で、

いろんな整体やマッサージに通っても、そのときはよくなるけどまたぶり返してしまう、

そんな中で見つけたロルフィングに可能性を見出してもらいました。

ただ、最初はロルフィングがよくわからないものであること、

そして10回という縛りに難色を示していたこともあり、

こちらの感触としてはどこまでいけるか疑心暗鬼な部分がありました。

なので、ひとまず最初の3回を受けてみて、そのあとに今後のことを

改めて考えてみる、というスタンスで10シリーズを始めることに。

ただ、最初のセッションが相当印象深かったらしく、3回目まで終わった時点で

改めてお伺いしてみると、ぜひ継続を、とのことで10回目まで見事完走です。

よく会社の付き合いでゴルフに行くそうですが、

プレーした次の日の疲れの残り方が違ってきたようです。

この方が今日、10回目のセッションを終えてお話ししてくれた印象がこちらです。

 

  • ・とにかく不思議。触っているだけなのに、からだがラクになっていく。
  • ・3回目終えた時点で腰の痛み、しびれがなくなったが、また5回目くらいから復活した。
  • ・7回目を終えた時点でまた痛みが日常的にほとんど出なくなり、しびれは全く出なくなった。
  • ・痛みが出そうになるときもあったが、結局出ないでいてくれる日々を送れている。
  • ・からだの姿勢や歩きかた、散歩などの習慣を意識するようになった。
  • ・以前は意識できなかったものが意識できるようになったのは不思議。
  • ・ゴルフでラウンドした後にセッションを受けると、腰の重さがすっかり消える。
  • ・以前はゴルフをした翌日はからだが全体的に疲れていたが、この10シリーズの期間では
  •  他の一般的な日との違いがほとんどわからないくらいからだが回復するようになっていた。
  •  (セッションを受けた翌日に限らず)
  • ・今までは整体に最低週1回、多いときは週2回は通わないとからだが辛くてダメだったが、
  •  この期間中には一回も行くことなく過ごすことができた。これには驚き。

 

といろんな意見をいただきましたが、何より嬉しかったのは、

このクライアントさんが回数が進むにつれて自分のからだのことを

話してくれるようになったということ。

初回〜3回目くらいまではまだまだ不安な面持ちでお越しいただいていたのですが、

5回目以降からは進んで話や質問をしてくださるようになり、

それと同時にからだも解き放たれていったようでした。

 

「ロルフィングとは」、と聞かれるといろんな答えがあります。

2年前の始めたばかりの頃と比べると、今はまったく違ったことを言っていると思いますし、

その一方で未だにどういった表現がロルフィングをうまく体現してくれるのか、わかりません。

なので、今はクライアントさんにロルフィングを受けてもらいながら

それぞれ自身なりの「ロルフィングとは」を見つけていってもらうようにしています。

 

この方に、

「ロルフィングを10回受けてみて、どんな感じでしたか?」

と伺ったところ、

「いやぁ〜、本当に不思議の一言です。」

と笑みを浮かべながら答えていただけました。

このなんとも言えない、うまく表現できない感じが

ぼくがロルフィングにおいて好きなところです。

痛みが取れる、しびれがなくなるといったことは

もちろん生活の質の向上に不可欠なのですが、

言葉では言い表せない変化や反応、シフトがからだの中で起きていた、

という事実をこの方には確かに体験していただけたのです。

 

結果を求めるということはプロとして確かに重要で、

クライアントさんもそれを求めてロルフィングに来てくれています。

ですがそれ以外にも、自分のからだはどんな歩みを踏んでいるのか、

いまはどう踏み出しているのか、これからどこに歩いていくのか、

そんなことも少しは伝わってくれれば嬉しいな、と思います。

 

6128725220_b178794605_o

 

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>