jet lag

ただいま現地時間では夜中の3時頃です。
全く正しい時間に眠れません、、、、、、
タイトルにある「jet lag」っていうのは、
時差ボケのことです。
日本との時差はー15時間。
日本が夜6時で、Denverは朝の3時。
このリズムになかなかついていけず。
ホストマザーのMary曰く、
一週間くらいで治るんじゃないかな、
みたいに言ってました。
ま、こういった経験から、
ようやくアメリカに来たって言う自覚が芽生えてきました。
ホストファミリーの紹介をしますね。
うちには僕を含めて5人で生活しています。
ホストマザーのMary、娘のRachel、
同居人のTreva、Blaine、そして僕。
Maryの仕事が介護士なので、
同居人の二人をお世話するのが彼女の仕事。
だから血縁関係のないひとたちが一緒に住んでいる訳です。
最初は誰?って思ってしまいました。
その二人はそれぞれちょっとした障害を持っています。
身体的というよりは、おそらく精神的なものかな。
一緒に生活してても、ちょっとおかしいな、とは思うし、
ひたすら食器洗いの時には何かずっと一人でしゃべってるのはTreva。
女性で、48歳。好きなことは犬が出ている映画をみること。
僕よりも上にも横にもはるかにでかいです(笑)
でも、すごいいい人。全然嫌いになれない感じ。
普通にコミュニケーションを取ることが出来ます。
そして、うちは一匹犬を飼っているんですが、
目が見えないため、うろちょろしながら、ものに当たりながら前進します。
その犬、ズードはTrevaのお気に入り♪
いつも一緒にいるし、僕にもじゃれあうように預けてくれます。
やっぱり犬に好かれる人はいい人が多いのかな。
もう一人のBlaineは、64歳のおじいちゃん。
この人は3日目の夕食で初めて会いました。
常に自分の部屋にいるから見ることもないし、
歩くこともよたよたしている、本当に介護が必要なBlaine。
まだ一言もしゃべっておりません(笑)
初めての会話はいつになるんだろうか、、、、、
MaryとRachelは本当にすてきな親子。
本当に仲がいいし、
僕を含めた3人で僕が来た初日にドライブでDowntownに連れて行ってくれた。
今度一緒に近くにある遊園地に行く約束もしました(笑)
そんで僕にも積極的に話しかけてくれる。
僕との会話で、僕が一度聞き取れなくてもわかりやすいのに変えてまた伝えてくれるし、
何より関わり方に優しさを感じます。
そう意味では当りだったと思います。
昨日も何人かに話を聞いてみると、
ホストマザーと二人で住んでいたり、
夫婦のうち、だんなが日本人の家だったり、
夫婦関係のない男女が住んでいる家にStayしてたり、
様々な契約のホームステイがあるんだそうだ。
さすがアメリカ、多種多様性ではどの国にも負けてないね。
週末には、近くの町、Boulderに4月から住んでいる日本での大学の先輩と、
そしてその友人の日本人と飲みにいってきます。
なんだか周りには恵まれているのかもしれません。
そして、Downtownには野球、アイスホッケー、NBA、のスタジアムがすべてあります。
まずは車もっている友達をつくって、いろんなとこに連れていってもらおうかな~(笑)
さて、そろそろ別の宿題やらねば、、、、
あと4時間で学校です。
ちょっとは眠れるといいんだけど。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>