NBA選手に学ぶ、理想的なカラダの動き

ロルフィングの目指す目的、というのは筋肉を柔らかくすることでも症状を取ることでもありません。

 

「からだが本来あるべき位置に戻り、自然でバランスが取れた状態を維持できるように教育すること」

 

です。なので、そのために筋膜の張りを調整して骨の位置を整えたり、

筋力の過剰な働きなしでまっすぐに立つことを重力を活用してできるようにしていきます。

 

以前もFacebookの個人ページでシェアしましたが、

ステファン・カリーというNBA選手の動きを見ていると、

それを自然としているような気もします。

リンク記事は英語ですが、付属している動画を見てみると、

こんな優雅に歩けたり動けたりしたらからだも楽だろうな、と感じると思います。

 

http://www.nytimes.com/2015/11/25/sports/basketball/artistry-of-stephen-curry-with-golden-state-warriors.html?_r=0

 

 

stephan curry

 

 

※オープン記念のお知らせ

http://reliefspace.com/rolfing-kobe-open-annivasary

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>