何もしていない癒し

2年ぶりなんですが、久々にアメリカに行っていました。

今回はバイオダイナミクス・オステオパシーという分野の

通訳で5日間ほどオレゴンに滞在していました。

昨年、京都で通訳をさせてもらったのもオステオパシーなのですが、

バイオメカニカルと呼ばれる、からだを機械的に、もっと細かくいうと

構造的・機能的にからだを見ていくものでした。

いわゆる関節の動きや筋肉、筋膜の作用などを追っていくものですね。

今回のバイオダイナミクスは、流体力学・液体力学とも呼ばれるもので、

胎生学の観点からみて人のからだがどのように形成されているかを知り、

そして筋肉や骨、筋膜といった組織だけではなく、脳脊髄液などといった

体内にある「液」にアクセスしていき、からだの健全を取り戻していくプロセスです。

バイオダイナミクスの世界に触れるのは初めてではないのですが、

今回通訳をするにあたっていろんな本や資料を読む中でどのようにこの考えが生まれたか、

そして実際に研修でいろんな人たちと関わっていく中でどのように発展してきたか、

ということをたくさん学べたことは大きな収穫でした。

自分が今までロルフィングを通じて見ていたこと、まだ見えていないこと、

そしてこれから見えてくることであろうことがわかったことがこれからの

自分の施術に十分活きてくる気がします。

IMG_1860

バイオダイナミクスオステオパシーのプログラム創始者である

ジムジェラスに会えたことも本当にありがたい経験でした。

とにかく彼はいろんな意味で大きいです。それに尽きます。

彼の名前はロルフィングの勉強でアメリカにいた時からよく聞いていたのですが、

こうして直接話ができたことはとても幸せでしたし、ただただ美しい時間が

彼の研修の間に流れていたことをからだで感じられたのはありがたいことです。

こうした時間は、ただそこにいるだけで癒されていくんですよね。

何もしていないんですけど。その「何もしていない」ということが実はミソだったりしますが。

ただそこにいるだけで癒されるような空間作り、というのはアメリカでロルフィングを

勉強していた時から自分がすごく大事にしたいポイントだったので、

今の町田のセッションルームもそのように育てていけるようにしていきたいですね。

今回滞在したオレゴンのアシュランドも空が広くて気持ちの良い町でした。

また明日から再開するロルフィングのセッションが楽しみになってきました。

IMG_1875IMG_1886

 

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>