Denverとのしばしのお別れ

今週で語学学校のセッション、4週×3回の全ての過程が終了しました。
長いようで、あっという間だった3ヶ月弱だった気がします。
それもこれも、仲間と学びに恵まれたからですかね。
昨日はGraduation Partyといって、
セッションの終了を祝って語学学校生の皆で
昼から飲んだり食ったりします。
もちろんお酒は出てきませんが。。。。。。
その日を最後に帰国してしまう人や、
他の大学、学校に進学することで
語学学校を去る人がいるので、
最後の時間を楽しんで一緒に話したりしたり
写真を取り合ったりします。
仲良かったやつがもう来なくなったり、
また新しく学生が入ってくることが頻繁にある語学学校では
半年とか1年とか長いこと勉強している人たちから
すれば見慣れた光景かもしれませんが、
僕みたいに3ヶ月しかいなくて学校を去るような人には
最後にいろいろ話せる良い機会なんですね。
正直、僕はBoulderという、
語学学校から車で30分くらいの街に移動するだけなので、
また来ようと思えばいつでも来れます。
だからいろんな友達にも、
I can come here and meet you whenever I want!!!
と言って、また会えるよ!!って言いまくっていたんですが、
それを知っていても僕との別れを本当に寂しく思ってくれている
友達がたくさんいてくれて、僕にとってはとても心が温かくなった日でした。
おまえとのクラスは本当に楽しかったよ!!
本当にお前はcrazyだけど、でも本当に良いやつだ!!
また絶対こっちに来いよ!!
そんなエールをどストレートに言われたら、
僕もとってもうれしくなるし、
普段ずっとふざけてるやつがそんなこと言うって思ってなかった
ギャップにとっても感動してしまいました。
やっぱりそういう思いはちゃんと言わないと伝わらないし、
そしてうまい表現で伝えられなくても思いがあるってだけで
凄く伝わってくるんですね。
ある先生からは連絡先を教えてくれた上に、
今度Boulderでおいしいご飯食べよう!!
って誘ってくれたり。
とっても人の温かさ、友達•仲間の素晴らしさを感じた日でした。
もちろん、一番お世話になっていたと言っても過言ではない
語学学校のOfficeのAdvisorにも
いろいろとありがたい言葉を頂きました。
Akinoriがいなくなったらワタシはそうすればいいのよ~??
私たちを置いてどこ行くのよ~??
なんて、僕だったら恥ずかしくて口がさけても言えない事を
平気で言ってくてくれます。笑
このAdvisor達にはとっても笑わせてもらったし、
そして僕のSpeaking能力はここで伸びたと言っても過言ではありません。
毎日Officeに通ってはとにかく何か話し、
免許や保険やアメリカ特有のシステムとか、
新しい情報をたくさん教えてもらいました。
そういったSpeakingの練習のおかげでnative Americanと話すことに
自信を持つ事ができました。
そういった日々も今日で終わり。
最後の夜は3ヶ月お世話になったHost familyと一緒に過ごします。
アメリカの事をいろいろ教えてくれたり、
親身になって話してくれたり。
BBQもよく庭先でやっていたし、
いきなり飲みに誘われて気づいたら10時間以上飲んでいた日もありました。笑
そんな素敵な家族とも今日でお別れ。
最後の時間をしっかり楽しみます。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>