近況報告①〜クレニオバイオの講習参加〜

少しブログの感覚が空いたので、近況報告的に今回は書いていこうと思います。

10月の2週目、「クレニオセイクラル・バイオダイナミクス」という療法の

講習に参加してきました。 craniosacral-system-supine1

バイオダイナミクスという言葉を初めて聞いたのは、

アメリカのボルダーでロルフィングのトレーニングを受けていた時。

今は山形で活動されているロルファーの先輩、大友勇太さんから、

 

「すごい面白いセラピストがいるから一度セッション受けてみな。」

 

との話を聞き、受けてきたセッションがクレニオバイオのセッションでした。

セッションをしてくれたのは、John Chittyという先生で

とても柔らかい雰囲気をもった落ち着いている小柄な紳士で、

どんな話をしてもゆっくり傾聴してくれる暖かい雰囲気に

セッション前からすでに癒されたのを今でも覚えています。

彼は普段はボルダーでセッションをされていて、

自分の学校も持っています。 Colorado School of Energy Studies

 

クレニオセイクラルセラピーというのは、「頭蓋仙骨療法」と言われて、

頭蓋骨と仙骨(尾骨)、そして背骨(脊柱)の関係に着目していき、

その間を流れている脳脊髄液の循環を良くしていくことで

からだの自然治癒能力や回復力を高めたり、睡眠不足、

生理的な循環などの向上を目指したりしていく療法です。

そしてそのクレニオセイクラルの中でも、発生学や胎生学と呼ばれる、

受精卵の発達や細胞分裂などの生命の発生の過程で関わってくる

自然の力やコンセプトを活用していく考え方が、

バイオダイナミクスというものになります。

自分も専門ではありませんのでここまでしか言えませんが、

とにかく貴重な体験ができた4日間の講習でした。

 

バイオに興味を持ったのは、上記のJohnのセッションが

とても印象的だったからです。

セッションでしていることといえば、ロルフィングみたいに

マッサージベッドの上でクライアントさんを横に寝かせはするのですが、

あとは手を置いているか、触れているだけ。

それを数カ所繰り返していきます。

僕のロルフィングでは、クライアントさんのからだに圧をかけながら

腕や足を動かしてもらったり横向きになってもらったり、

とセッション中にアクティブに動かすことが多いのですが、

バイオのセッションは基本的に静的です。

なので、寝てしまっていくことが多いです。

 

ただ、その中でからだにはいろんな反応が起きてきていて、

呼吸がどんどん深くなったり、固まっていた組織が緩んできたり、

骨が微細に動き出したり、起きているけど寝ているような

感覚になったりと、とにかく心地の良い反応が続きます。

そして、ある瞬間を境に、何も波紋が立っていない水面に

あたかも水滴が1滴、ポタッと落ちてそこから全身に、

「ブワッ〜〜〜〜、、」っと波紋が広がっていくような感覚になったのです。

そこからは、からだの中から境界がなくなり、

すべての組織が一緒に呼吸している感覚になるんですね。

本当に、全身から力が抜けた、一切無駄な力が存在しない、というような。

water-drop-wallpaper-3

 

心地よい感覚になれるセッションはたくさんありますが、

この波紋が広がっていく経験は後にも先にもJohnのセッションだけで、

過去に彼から4回受けた内、3回はその現象が起きました。

そこから興味をもち早3年、ようやく自分が講習を受ける立場になりました。

 

元々、ロルフィングを始めてから3年は10シリーズをしっかり勉強しよう、

との思いがあったので他の療法の講習には全く参加してきませんでした。

参加したものといえば、10シリーズを教えてくれるエドモーピン博士の

ワークショップ2回と、今年の5月にエドのメンターンシップで海外に行ったくらいです。

その間にも、オステオパシーのバイオの通訳をする機会が今年から始まりましたが、

クレニオバイオとは似て違うものだと僕は思っていますし、

何より通訳ではなく施術者として自分が講習に参加できることを考えていました。

そんな折に、ちょうど3年経った今年の10月に今回の講習があったので、

いい流れがきてるなぁ、と思い参加することにしました。

 

今回の講習に出て変わったことは、自分の感覚レベルが一段階以上向上したということ。

今まではあまり気にしてこなかったクライアントさんのからだの情報が

もっと入ってくるようになったり、自分自身のからだの敏感さがより上がった気がします。

iPhoneに新しいアプリをダウンロードしたというよりは、

OSをアップデートして速度や感度が上がった感じでしょうか。

 

これはロルフィングのセッションにもいい影響を与えています。

からだにコンタクトするときに気をつけることや意識を少し変えるだけで

緩んでくる速度が変わったり、今までは出てこなかった反応や変化が

クライアントさんのからだに起きてきたりするようになってきました。

 

講習が終わって一ヶ月が経ちますが、日々その感覚も馴染んできて

いい感じに仕上がってきています。

これからのセッションがますます楽しみになってきましたし、

より良いセッションができるように4年目の今年以降は

もう少しいろんな講習会に参加していこうと思います。

 

 

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>