アメリカ出張

先月半ばに通訳の仕事でアメリカに行ってきました。

海外の仕事だといつも西海岸が多かったのですが、

今回は久しぶりの東海岸でした。

小さい頃に住んでいた州に近く、それから比べると

およそ20年以上の期間が空いていました。

移動時間が普段より長いのは正直疲れますが、

いつもと違う、そして自分のルーツを感じられるような場所に行くと

新たな刺激をもらえるので、とても楽しみにしていた滞在でした。

さらに読む

アメリカに行ってました

昨日まで一週間ほどアメリカに滞在していました。

今回は半年ぶりの渡米だからか、時差ぼけに対して慣れるまでにいつもより時間が掛かり、

身体的にしんどい時間が多かったような滞在でした。

研修が終わると夕方からすぐ寝てしまっていて、夜中に再度寝ても半熟睡のような

睡眠がずっと続き、それを繰り返してしまう毎日。

理性や頭ではアジャストしようとしていても、からだが馴染まずに軽い頭痛がずっとあって、

というのは今までの滞在であまりなかったので、自分的にはちょっとびっくりとガッカリしてる部分もあります。

 

さらに読む

ご報告 セッションルーム移転のお知らせ

ようやくアメリカ出張から帰ってきました。

この二ヶ月、アメリカに3回、インドに1回、と出張が続いて

なかなか日本での生活やセッションの方が落ち着きませんでした。

今回の出張でしばらくは時間が空くので、日本での活動を改めて

頑張っていきたいと思います。

 

さて、そこで皆さんにご報告があります。

さらに読む

流れに乗るということ

12月の頭からアメリカはオレゴン州に来ています。

バイオダイナミクス・オステオパシーの研修通訳として訪米していて、

今回で今年3回目のオレゴンです。

日本でも3月にバイオの通訳をしたことがあるので、

今年ですでに4回関わらせてもらっています。

もう一回、来週もアメリカに来ることになっていますが。

そう考えると今年で5回、結構な濃度です。本当にありがたいです。

IMG_2820

 

さらに読む

ロルフィングの答え〜サンディエゴ研修⑤〜

そういえばサンディエゴ研修のまとめをしていませんでした。

過去4回のブログはこちらから。

今回が最終話になります。

 

サンディエゴ研修①

エドの学校・IPSBにて〜サンディエゴ研修②〜

「治療」と「ワーク」の違い〜サンディエゴ研修③〜

エドのロルフィング〜サンディエゴ研修④〜

 

さらに読む

エドのロルフィング〜サンディエゴ研修④〜

ある日の朝、いつものようにメンターンシップの準備をしていたら

その前にエドから呼ばれて、

 

エド「少し話をしようか」

 

と言われリビングのソファでタイキさんも入れて3人、

ゆっくりと会話をしていたことがありました。

 

エド「昨日、ロサンゼルスに行ったんだったな。どんな旅だったか聞かせてくれ。」

 

さらに読む

「治療」と「ワーク」の違い〜サンディエゴ研修③〜

ロルフィングの施術のことを、ぼくたちロルファーは、

「ワークする」

そんな風に言ったりします。

それってどういう意味?と聞かれること自体も今はないのですが、

今回、サンディエゴに行ってみて改めて感じることがありました。

IMG_2190

エドの自宅のリビング。講習前のウォームアップエクササイズの場。

 

さらに読む

エドの学校・IPSBにて〜サンディエゴ研修②〜

エドは1967年にアイダ・ロルフ博士にエサレン研究所で初めて出会い、

それから1年後の1968年にプラクティショナー(施術者)としての認定を受けたそうです。

そのときには、ぼくがロルファー認定を受けたロルフィングの学校、Rolf Instituteはまだなく、

エドはその以前から活動していたロルファーになります。

今年で47年になるキャリアをロルフィングに捧げ続けており、

彼が経営する学校IPSB college of massageでは

長年生徒たちにロルフィングを教えています。

僕たちも二日間ほどIPSB のクラスに入らせてもらう機会があり、

授業を聞いたり生徒達とセッションをしあったりすることができました。

学校の受付

学校の受付

さらに読む

サンディエゴ研修①

今回2週間弱の間、アメリカはサンディエゴに滞在し、ロルフィングの講習を受けてきました。

ロルファーになった後もいろんな講習があるのですが、

今回は自分と、大阪で活動されている葉坂多壱貴さん(以下、タイキさん)とともに

ロルフィングの創始者、アイダ・ロルフ博士から直接学んでいた

エドモーピン博士のメンターンシップを受けてきました。

エドと自分。サンディエゴの海岸にて

 

さらに読む