ロルフィング東京出張の日程案内〜2019年5月(2回目)〜

5月になりまして、時代が令和になりました。世の中がこれほどに明るく、未来に希望を持てるような肌感覚になっているのは本当に久しぶりな感じがします。世間もゴールデンウィーク後半戦となり、お天気も最高に気持ちのいいものになってきました。

 

自分は神戸の自然が溢れる公園でおこなれている、アースデイ神戸2019にてワークショップのお手伝いをしてきました。と言っても身体関係のものではなく、ブラジルの植物のタネを使ったブレスレット作りを子供さんやご来場いただいた方々にしていただく催しです。2時間で40名以上のお子さん、親御さんにご参加いただき、とても微笑ましい時間を過ごさせていただきました。

 

さらに読む

セッション

クライアントさんに「セッション」を提供し始めて早6年が過ぎました。セッションとは、ジャズセッションのようにその場で即興で立ち上がる流れや感覚を大事にしながら、場を成り立たせていくこと。治療行為と少し違うのは、治すという行為に対して法的な責任を持てないことの他に、考え方の違いとして、Aという症状に対してBという薬を処方する、Cというマッサージを提供する、といったように決まり切ったパターンが必ずしも成り立つわけではない、という経験的な考えがセッションにはあるからだと思っています。

さらに読む

ロルフィング東京出張の日程案内〜2019年5月〜

4月に入り、ようやく暖かくなってまいりました。桜もようやく満開になり、お花見日和な日が増えてきましたね。とはいえ、まだまだ日によって寒暖の差が多いので、自律神経の乱れによってからだが疲れてしまう方もいらっしゃるかと思います。適度に休んだり多目に水分補給をしたり、またはセッションを活用していただくなど、ご自身なりのリラックス方法を実践してみてくださいね。単発のセッションでもからだは結構スッキリしていけると思いますので、いつでもご相談ください。

 

さて、次回の東京出張の日程が決まりましたのでお知らせいたします。有難いことに、4月の東京出張を終えた時点で多くの方々に次回の予約を入れていただいているので、すでに半分近くの枠が埋まってしまっています。また、5月末までが現行料金でのセッション提供になりますので、次回の東京出張が残りわずかな機会になるかと思います。からだを見直したい方、痛みや違和感をどうにかしたい方は、お気軽にお問い合わせくださいね。下記の日程よりご希望日程をメールにてご連絡いただければと思います。ご予約お待ちしております。

さらに読む

トレーナーでありクライミング愛好者によるセッション体験談

先日、自分がトレーナーの勉強をしていた頃のつながりで知り合った、後輩の出口くん(以下、デグ)が東京での出張セッションを受けに来てくれて、またその感想を書いてもらいました。

デグは日本の体育大学を卒業後にアメリカの大学院に留学し、アスレティックトレーナー(ATC)というアメリカの準医療資格を持つ身体の専門家です。私の専門がケアや施術など、からだの状態をニュートラルに戻していくとすると、彼はその一部をやりつつ、強化したりトレーニングを指導したりすることもできる専門家です。

さらに読む

ヨガを日常的にされる方へ2回目のロルフィング10シリーズ

10年以上前にアメリカでロルフィングの10シリーズを受けたことがある女性の方に、今回改めて10シリーズを受けていただくことになりました。

 

この女性の大きなテーマは右肩の痛みや不調、そして軽度の側湾症でした。側湾症に関しては大きな不調があるわけではないようですが、背骨の感じや骨盤の収まり具合、また腕を上げた時の左右差などが少し気になる程度だったと思います。右肩の痛みは、ある角度に行くと痛みが出て、それを越えたらなんともない、という状態でした。その痛み自体はもちろん、痛みに関しての捉え方が徐々に変化していくことを見せていただけたのはとても大きな学びでした。

さらに読む

整体師さんによるロルフィング体験

昨年ロルフィングの10シリーズを受けてくださった方の体験談を紹介します。今回の体験談を寄せていただいた方はRさん、女性で整体のお仕事をされています。

整体の仕事を始めたのをきっかけに、「正しい姿勢って何だろう」「身体を整えるってどういうことだろう」という長年の疑問を自分の身体を通して知りたいと思い、やっとロルフィングを受ける決心をしました。

上記のような要望をもとに、今回10シリーズを始めることになりました。

さらに読む

「自分の身体を感じる。自分の身体に気づく。」

第10セッション

いよいよラスト10回目のセッションです。

 

いつもと変わらず、最近の自分の身体のことを伝え、立ったとき、歩いたときの感じを共有しました。

 

ベッドに横になり、伊藤さんが右側に座っている時、右の足の付け根がどんどん緩んでいきました。

さらに読む

とても気持ち良くてまるで自分で自分を修復しているかのよう

第8セッション

8回目のセッションの感想です。

 

セッションを受け始めてから、ここまで身体がくたっとなっていたのは初めてで、腰から足にかけて痺れがあったり首が痛かったりこれ絶対取り憑かれてると思うくらい肩が重かったりと、すっきりしない状態でした。左首の寝違えがあったので余計しんどかったのかもしれません。

さらに読む

頭蓋骨が脊柱の上に乗っかってる

第7セッション

7回目の感想です。

 

もう7回目かあ、スロースタートだったからまだあと何回もあると思ってたけど終わりが見えると少し寂しいなあ、と感傷に浸る間もなく衝撃的なセッションでした。

 

あれをされたら、身体中の細胞たちが「あーっもう!分かりました分かりました!整います!整いますよ!」と一発で整列しちゃうんじゃないかと思うくらい、未知との遭遇体験でした。

  さらに読む