ロルフィング東京出張の日程案内〜2019年8月〜

7月になりましたね。神戸は6月最終末に梅雨入りしましたが、東京は6月から続いている雨模様が今も断続的にあるようで、蒸し暑い季節となっていることだと思います。こういった湿気は身体に不快感を大きく与え、また体力を気づかぬ内に消耗している事が多いです。なので、①喉が渇いたと思ったらこまめに水分補給をすること、②疲れたと感じたら無理をせずに短時間でも休むこと、③そして食事による栄養補給をしっかりと意識すること、これらがこの時期にこそ改めて大事になります。ちなみに、尿の色が黄色に近くなっていると体内の水分量が足りなくなっている証拠なので、日頃チェックできる良い指標になるかと思います。

 

夏に体調を崩したり夏バテを経験する方の多くのケースは、その夏の前の季節の過ごし方を間違えていることが多いそうです。春の終わりや梅雨時期からずっと冷房環境下で座りっぱなしでいたり、夜更かしや過度な飲酒をしていたりすると、その負担が夏の暑い時期に不調となって現れてくるのだそうです。

 

そうならないために、休みの日でも昼過ぎまで寝ているようにはせず、常に11時〜12時頃には就寝し、6〜8時間の睡眠を心がけましょう。また、暑くても日々少しはお日様の下で歩いたり、冷房環境以外にも自分の身体を置くようにしましょう。そうすると、次第に暑さや湿気にも慣れてきて、体調の大崩れを起こしにくくなります。冷房を活用しながらも、夏の陽気や暑さにもしっかり馴染んでおく、ということが大切です。

さらに読む

ロルフィングが目指すもの

ロルフィングの観点から見た身体の考え方、そしてその身体をどのように導いていくか書いてみました。ロルフィングの永続的な変化はとても素敵なものだといつもクライアントさんから学ばせてもらっています。

 

 

ロルフィング東京出張の日程案内〜2019年6月〜

6月になり、ようやく雨の季節になってきたようです。最高気温が25〜30度ほどなので幾分過ごしやすいですが、これからますます湿度が高まってくると寝苦しくなったり体温調節がしにくくなったり、と身体の働きに影響が出やすくなっています。暑くなったら汗をかきますが、それだけ水分が身体から出ていますので、水分補給をこまめに、そして喉が乾く前にしてあげてください。

 

また、この時期は熱中症の危険性が高い時期でもあります。真夏に注意されるイメージのある熱中症ですが、熱や暑さに身体が慣れていない初夏のこの5、6月の時期も、熱中症の危険性がとても高くなります。前日より急に気温が高くなったひや、梅雨の合間にくる晴れの日に急に暑くなって、その温度変化に身体がついていかず、熱中症になるケースもたくさん聞きます。水分補給や適切な栄養補給がまず第一ですが、こまめな休憩、そして気温が高いと予想されるときは無理な運動や外出を控え、冷房や扇風機などの冷感器具を積極的に活用してください。

 

そういった暑さに身体は自然と対応してくれていますが、知らず知らずのうちに身体が疲れてしまっていることはとてもよくあります。そういった疲れやだるさ、不調などはなるべく持ち越さずに、適宜解消して心地よい毎日を送りましょう。そのためにセッションを活用して頂くのは大歓迎ですので、いつでもお問い合わせください。

さらに読む

【5月末日までの申し込みに関して】

6月からの料金改定に関するご質問をいただいたので、それに関するお知らせです。

 

5月末日までは現行料金でのセッション提供をしていますが、それまでに10シリーズ開始のご予約をした方は残りの回も料金は変わらずセッションをお受け頂けます。つまり、セッション開始日が6月になっても5月31日までに10シリーズのご予約を頂けましたら現行料金の適用になるということです。5月末は東京出張をしており神戸での日程を確保できないとのことで、以上のようになりました。

 

ロルフィングや私のセッションにご興味のある方、身体の不調を何とかしたい方、より健やかな身体を感じたい方は、お気軽にお問い合わせくださいね。宜しくお願いいたします。

 

セッション

クライアントさんに「セッション」を提供し始めて早6年が過ぎました。セッションとは、ジャズセッションのようにその場で即興で立ち上がる流れや感覚を大事にしながら、場を成り立たせていくこと。治療行為と少し違うのは、治すという行為に対して法的な責任を持てないことの他に、考え方の違いとして、Aという症状に対してBという薬を処方する、Cというマッサージを提供する、といったように決まり切ったパターンが必ずしも成り立つわけではない、という経験的な考えがセッションにはあるからだと思っています。

さらに読む

ロルフィング東京出張の日程案内〜2019年5月(2回目)〜

5月になりまして、時代が令和になりました。世の中がこれほどに明るく、未来に希望を持てるような肌感覚になっているのは本当に久しぶりな感じがします。世間もゴールデンウィーク後半戦となり、お天気も最高に気持ちのいいものになってきました。

 

自分は神戸の自然が溢れる公園でおこなれている、アースデイ神戸2019にてワークショップのお手伝いをしてきました。と言っても身体関係のものではなく、ブラジルの植物のタネを使ったブレスレット作りを子供さんやご来場いただいた方々にしていただく催しです。2時間で40名以上のお子さん、親御さんにご参加いただき、とても微笑ましい時間を過ごさせていただきました。

 

さらに読む

ロルフィング東京出張の日程案内〜2019年5月〜

4月に入り、ようやく暖かくなってまいりました。桜もようやく満開になり、お花見日和な日が増えてきましたね。とはいえ、まだまだ日によって寒暖の差が多いので、自律神経の乱れによってからだが疲れてしまう方もいらっしゃるかと思います。適度に休んだり多目に水分補給をしたり、またはセッションを活用していただくなど、ご自身なりのリラックス方法を実践してみてくださいね。単発のセッションでもからだは結構スッキリしていけると思いますので、いつでもご相談ください。

 

さて、次回の東京出張の日程が決まりましたのでお知らせいたします。有難いことに、4月の東京出張を終えた時点で多くの方々に次回の予約を入れていただいているので、すでに半分近くの枠が埋まってしまっています。また、5月末までが現行料金でのセッション提供になりますので、次回の東京出張が残りわずかな機会になるかと思います。からだを見直したい方、痛みや違和感をどうにかしたい方は、お気軽にお問い合わせくださいね。下記の日程よりご希望日程をメールにてご連絡いただければと思います。ご予約お待ちしております。

さらに読む

トレーナーでありクライミング愛好者によるセッション体験談

先日、自分がトレーナーの勉強をしていた頃のつながりで知り合った、後輩の出口くん(以下、デグ)が東京での出張セッションを受けに来てくれて、またその感想を書いてもらいました。

デグは日本の体育大学を卒業後にアメリカの大学院に留学し、アスレティックトレーナー(ATC)というアメリカの準医療資格を持つ身体の専門家です。私の専門がケアや施術など、からだの状態をニュートラルに戻していくとすると、彼はその一部をやりつつ、強化したりトレーニングを指導したりすることもできる専門家です。

さらに読む

ヨガを日常的にされる方へ2回目のロルフィング10シリーズ

10年以上前にアメリカでロルフィングの10シリーズを受けたことがある女性の方に、今回改めて10シリーズを受けていただくことになりました。

 

この女性の大きなテーマは右肩の痛みや不調、そして軽度の側湾症でした。側湾症に関しては大きな不調があるわけではないようですが、背骨の感じや骨盤の収まり具合、また腕を上げた時の左右差などが少し気になる程度だったと思います。右肩の痛みは、ある角度に行くと痛みが出て、それを越えたらなんともない、という状態でした。その痛み自体はもちろん、痛みに関しての捉え方が徐々に変化していくことを見せていただけたのはとても大きな学びでした。

さらに読む

整体師さんによるロルフィング体験

昨年ロルフィングの10シリーズを受けてくださった方の体験談を紹介します。今回の体験談を寄せていただいた方はRさん、女性で整体のお仕事をされています。

整体の仕事を始めたのをきっかけに、「正しい姿勢って何だろう」「身体を整えるってどういうことだろう」という長年の疑問を自分の身体を通して知りたいと思い、やっとロルフィングを受ける決心をしました。

上記のような要望をもとに、今回10シリーズを始めることになりました。

さらに読む