「選択」に気づくこと

そろそろ梅雨がお待ちかねのような時期になってきましたね。

基本的には日中暑くて朝夕は涼しい、過ごしやすい日々ですが

天気によって気温が上下動することで体調が急に変化するクライアントさんもいらっしゃいます。

そんなクライアントさんを見ていて、

自分のからだの状態や今の感覚に対して繊細に向き合ってくださり、

そのセンサーが働いている状態での日々に気づいたこと、感じたことを

セッションの前にいつも教えていただくと、

とても毎日の日々を大切に過ごされているのだな、

と感じさせてもらうことができます。

 

日々の生活は「選択」の連続です。

朝起きる時間も、ご飯に何を食べるのかも、友人とご飯の時にどんな話をするのかも、

全て自分の意思の中で「選択」して決定して積み重なっていき、それが日々として形成されています。

ロルフィングに来てくださっているクライアントさんも、最初は整形外科や整体、マッサージなど

自分の症状や状態を良くしてくれる、と期待をして「選択」して通っていたでしょう。

でも何かしらの理由でそれらをやめたり変更したりして、今はこうしてロルフィングに来てくれています。

そういった「選択」をして下さるまでにいろんなことを考え、比較し、検討してくださっている背景を

僕は全部知ることはできませんが、こうして時間とお金をかけて来てくださっていることに対して

精一杯お返しをしたいと思いながら常にセッションをさせてもらっています。

 

先月、ソースポイントセラピーという講習会に参加して来ました。

ロルフィングが筋膜と重力に対して働きかけるボディワークであるのに対し、

ソースポイントセラピーはエネルギーという観点の元に人間の健康を取り戻していく療法です。

今回参加したモジュール3というクラスの中で「カルマ」についての説明があり、

この数日はそれとリンクしているであろうことを考え直す時間が自然と多くありました。

 

僕の中ではカルマ、というのは「業(ごう)」と解釈していて、運命や定め、といった

予め決められている何か避けられない宿命なのだと思っていました。

そして、それには何かネガティブなイメージが付いていて、

それが常にからだの中にあるんだったら、健康になれるものもなれないのかなぁ…と考えていましたが、

クラスの中で紹介されたカルマの考え方はちょっと違っていました。

(誤解していただきたくないのは、ここで話す考え方はカルマのある一面であって、

それが全てでも唯一の正解でもないということです。)

 

『カルマの意味するところは「意志に基づく行動」である。』

 

そんなことをソースポイントの創始者、ドナは言っていました。

意志に基づいて「選択」をし、それによって周囲が反映されていき、現実が形成されていく。

そして、その選択をしたことによって起きた現実がどういったものなのか、

その現実にどのように行動、反応するか。

そう言ったこと気づかせてくれるものがカルマなのである、と。

これはなるほどなぁ、と改めて考えさせられましたし、

上記に書いたような「選択」が日々を作っている、と最近考えていたことに

何かリンクしている気がしました。

 

自分が普段食べているものも、パソコンで見ているものも、接している人も、

自分の「選択」を通じて発生している現実です。

朝食を食べる時はパンではなくご飯と味噌汁に、と無意識的に、習慣的に

しているものもありますが、それらも「選択」をしているんですよね。

そのことにすら忘れている自分に最近改めて気づかされたんです。

無意識というのは素晴らしい機能ですが、慣れや順応というのは

自分の足元を見えなくしてしまう怖さもあります。

 

自分の「選択」が世界を作り、そしてその現実の中で新たな

「選択」が生まれ、経験として蓄積されていきます。

かつ自分にとって心地いい「選択」は嫌が応にも繰り返されていくので、

その先にネガティブな現実が繰り返されたとしても、そこの「選択」という行動を

している自分のカルマに気づかない限り、スパイラルとして似たような結果の

現実が繰り返して起きてくるのでしょう。

 

そして、何か目の前で壮大なイベントが起きた時に初めて自分が決めた

「選択」や行動、反応によってこの状況がもたらされている、ということに気づき、

ようやく自分の「選択」を省みて、別の「選択」をしようと画策するわけです。

ここに行き着くまでに痛い目に合わないとなんともできないことも結構ありますが、

新しい「選択」をしようと変化にチャレンジしようとすることはとても大事だと思いますし、

そこに至る前の第一歩は『そうなってる状況に気づく』ことだと思います。

アルコール依存症の人も、わかっているけど繰り返すというのは、

端的に言ってしまえば気づいていないのだと思います。

 

今来ていただいているクライアントさんたちを見ていると、

そのような今までの過去の「選択」を変えようと、

変化を経験しようとしていることがすごく感じられます。

そのために、からだを通じて日々の中でのことに気づいてもらったり

新しいからだの動かし方や、不調を招くような動かし方のパターンからの変化を

「選択」してもらっている気がします。

 

なので、ロルフィングを受けながらからだの変化を通じていろんな気づきを得て変化していくことも、

日々の「選択」に気づきを持つことで目の前に反映されていく現実が変わっていくことも、

カルマというきっかけを通じて自分の「選択」に気づいていくことも、

本質的には全部同じようなことをやっているような気がします。

ただ単に、そこに歩いている道筋が違ったり背景が違うので

全く違ったことをしているように見えるかもしれませんが。

 

自分の「選択」ということが現実にどう影響するのか、

そしてその「選択」が適切なのかどうか、気づいていくことに

これからもう少し注意を向けていくとまた違った未来が見えてくるかもしれません。

そんなことを改めて考えさせてもらいました。

クライアントさんからの姿勢を見ていると、こう言ったことも教えてもらえるので

この仕事のありがたさを感じずにはいられません。

感謝の一言ですね、ありがとうございます。

 

IMG_3597

 

 

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>