NBA選手に学ぶ、理想的なカラダの動き

ロルフィングの目指す目的、というのは筋肉を柔らかくすることでも症状を取ることでもありません。

 

「からだが本来あるべき位置に戻り、自然でバランスが取れた状態を維持できるように教育すること」

 

です。なので、そのために筋膜の張りを調整して骨の位置を整えたり、

筋力の過剰な働きなしでまっすぐに立つことを重力を活用してできるようにしていきます。

 

以前もFacebookの個人ページでシェアしましたが、

ステファン・カリーというNBA選手の動きを見ていると、

それを自然としているような気もします。

リンク記事は英語ですが、付属している動画を見てみると、

こんな優雅に歩けたり動けたりしたらからだも楽だろうな、と感じると思います。

 

http://www.nytimes.com/2015/11/25/sports/basketball/artistry-of-stephen-curry-with-golden-state-warriors.html?_r=0

 

 

stephan curry

 

 

※オープン記念のお知らせ

http://reliefspace.com/rolfing-kobe-open-annivasary

お電話でのご予約について

神戸に来てから如実に東京との違いを感じているのは、

お電話でのお問い合わせが多いこと。

考える前にすぐ行動、の精神があることを伺えるのはとても素敵なことだと思います。

その行動力は見習わなきゃいけない、と感じさせられます。

 

その一方で、自分がセッション中だとお電話に出れないことが難点です。

お手数ですが、お電話でご連絡の際、繋がらないときはそのまましばらくお待ちいただいて

留守電でメッセージを残していただくか、メール、もしくはショートメッセージで

一言残していただくとこちらからご連絡させていただけます。

 

ご理解いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

 

※オープン記念のお知らせ

http://reliefspace.com/rolfing-kobe-open-annivasary

 

25b62044

東京出張のお知らせ 3月25〜27日(残り3枠)

神戸で活動を開始してから5日が経過しました。

おかげさまで、お知り合いの方や以前からの友人、後輩など

神戸や関西地区の方々が遊びに来てくれています。

その中で、人が人を紹介してくださって、まだ一週間経っていませんが

ここでしっかりとやっていけるな、という実感とともに、

いろんなご縁を繋いでくださっている自分の周りの人たちへの

感謝の気持ちが溢れています。

町田を閉める、といった時にも、終盤の方に多くの方々がセッションに、

またご挨拶にセッションルームに来てくださいました。

さらに読む

大阪へセミナー参加

今日は大阪のTENのセミナーへ。

TENは、僕をロルフィングの世界に導いてくれたヒロさんこと、

佐藤博紀さんが主宰されているセッションルーム。

ロルフィングで渡米する前までは頻繁にセミナーに出てましたが、

帰国してロルファーとして活動を始めてからはセミナーに出る数は減らしていました。

ですが、今回神戸に移ったことでこうした縁が復活することを嬉しく思っています。

これからのセッションに充分に生かせる、足についての内容を学びました。

 

※オープン記念のお知らせ

http://reliefspace.com/rolfing-kobe-open-annivasary

IMG_3456

ロルフィング in 神戸・三宮 3月9日オープン記念!

神戸に引っ越してきて、早くも6日が経ちました。

荷物を整理したり必要なものを買い出しに行ったりする中で街を歩いていると、

東京の人と違う雰囲気、テンポ、方言、そしてエネルギーに新鮮な気持ちにさせられます。

こうした違いを感じることは、旅行者としてきていた2月にはあまり気づかなかったことです。

やっぱり、その土地を知るには短期間でもどっぷりと住んでみることが一番早い気がします。

 

さて、3月から心機一転、神戸・三宮での活動をしていくことになりました。

いよいよ3月9日からロルフィングのセッションを始めていきます。

始めるタイミングを考えていたら、サンキューの日(?)である

3月9日がタイミング的に近く、またしっくりきたのでこの日にしました。

オープン記念も行います、ぜひ遊びにいらしてください!

 

さらに読む