腰痛の原因

先日放送されたクローズアップ現代で「腰痛」が特集されてました。
それによると、日本国内の中では2800万人が腰痛を抱えているというデータが
厚生労働省から出ているそうです。
予想以上に多くの方が腰に痛みを持っているのですね。
さて、この腰痛って結局何なんでしょう。
$東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
番組内では、
「腰痛の85%は原因不明」
「発症から72時間未満の急性腰痛の場合でも
『安静は必ずしも有効な治療法といえない』」
「安静はむしろ逆効果、適度な運動が必要」
「高齢者のみに起こる症状ではなく、
一人暮らしや働き盛りの30、40代で腰痛を
抱えている割合が増加している」

などといった多くのことが挙げられてました。
個人的に印象に残っているのは
芸人のドランクドラゴン、鈴木拓さんの実例紹介で話されていた、
「腰痛にはストレスが影響している」
ということ。
5年前、突然、激痛に襲われた鈴木さん。
椎間板ヘルニアが原因と告げられ、緊急入院しました。
治療の中心は注射による痛みの緩和で、
徐々に仕事ができるまでに回復したんですが、
その後も、ときどき痛みに見舞われていたそうです。
効果があるとされる治療を手当たりしだい試しても
腰痛はなかなか改善せず、安静がいちばんと考えて
痛みがひくのを待つほかなかったそうです。
動いたら悪化するのではないか、という思いがあったのでしょうね。
この特集では、その痛みを感じるメカニズム自体に実は問題があるのでは、
ということに踏み込んでいました。
基本的に人間の痛みは、からだのある部分の異常があると
神経を通じて信号を飛ばし、脳に届けます。
その脳の中にある、『側座核』という組織が今回とても重要で、
そこは痛みを必要以上に感じないように、
痛みを抑える物質を分泌する
働きがあるそうです。
$東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
ですが、側座核はストレスを感じることでその働きが変わってしまいます。
痛みを抑える物質の分泌が減り、わずかな痛みも
刺激として感じるようになってしまう
のだそうです。
そのことから、鈴木さんにあるストレスの原因を考えていくと、
ボケてすべってしまうことが恐怖、ストレスとなって痛みを抑える物質が
少なくなり、慢性的な腰痛が続いているのではないか、ということでした。
なので、鈴木さんはスベることをドクターストップされたそうです。笑
そんなまとめ方ありかよ?って思いながらも大真面目に話しているのを見て、
いろんな要因がからだには関わってきているんだなぁと強く思いました。
ぼくがこの特集を通じて感じたのは、
「腰痛はストレスがなければ治る!!」
と思われる人がどれだけいるのかなぁ、ということ。
確かに心理的な要因が関係しているのは明白ですが、
そういったストレスは果たして
なくすことができるでしょうか。
ストレスを感じないで生きている人は
世の中に誰一人としていないと思います。
もちろん人によって程度は違うと思いますが、
なくす、という発想よりは
そういった心理的な不安やストレスとうまく付き合っていくこと
それが何より大事なのではないか、と思います。
なくす(=自分の思い通りにする)ことと、
うまく付き合っていく(=寄り添っていく)ことは
似ているようで、心の持ちようが違うと思います。
もちろん、うまく付き合っていくということは
一人では難しいと思います。
だからこそ、いろんな病院があって、治療院があって、
整体があって、心理カウンセラーがいて、といったサポート体制が
日本にはたくさんあるかと思います。
その中で、ロルフィングを通じて
からだの面からできることを
ぼくはしていきたいと思ってます。
じゃあ何ができるの?と聞かれたとしても
明確な答えは一つに絞れないですけど、
「悩みを持っている人の声、そしてロルフィングを通じて
からだの声を聞くことはできる」

となら言えるかと思います。
一対一で行なわれるセッションの中では
からだを緩めたり少し動かしたりすることで
自分のからだをまず感じてもらい、
そこで生まれるからだの変化や感情、思いを大事にしてもらいたい
そんな気持ちでいつもロルフィングをしています。
少しでもからだに関わる悩みが減りますように
うまくお付き合いしていくサポートができればと思っています。
実際にはこんなことをしています。

夏のさくら

東京は早くも梅雨明けしたそうです。
ホントにあっという間に夏になりますね。
つい数ヶ月前まで、さくらはこんなに鮮やかに綺麗だったのに。

photo:01



同じ木も時と共に移り変わっていくんですね。
こんなに青々しくなりました。

photo:02



夏の暑さ、油断大敵ですね。
水分補給が大事、といいますが尿の色が黄色かったら
水分が足りてない証拠だそうですよ。
気をつけてくださいませ~。
iPhoneからの投稿

腰痛の原因②

昨日のクローズアップ現代の記事で
書ききれなかった内容があったので追記です。
それは、実際に腰痛になっている人たちに対して
どういったサポートがなされているのか。
番組の後半に焦点を置いていたのは
アメリカ社会にいる腰痛患者の現状、そして対策について。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
その中の一例で、シアトルにあるワシントンリハビリテーションセンターでは
腰痛で休職や退職を強いられている人たちのために通常の治療に加え、
働き盛りの人々のための特別なプログラムを組み、
社会復帰を支援しているそうです。
毎年、300人の患者がプログラムに参加していて、
1年以内に、70%以上が職場への復帰を果たしています。
このプログラムで最も重視されているのは、
腰痛を正しく知ってもらうことだそうです。
そのため、精神科医による講義が行われていて、
昨日書いたように、痛みの原因となりうる心理的なストレスと
うまくつきあっていくサポート
をしていきます。
そのプログラムの中では、仕事に復帰したあとに
必要とされる動きを反復する
ことも一つの特徴だと思います。
からだを動かして鍛える(=リハビリ)とともに、
また痛みがでるのではないか、、、、という
精神的な不安を取り除いていくプロセスをしていくことで
心理的に、身体的に職場復帰に向けて前進していける様子が伺えます。
「動かす」ことと「安心」という二つを焦点にしている
プログラムであるような気がします。
プログラムの費用は、一人当たり140万円。
退職者や休職している人がそんな大金払えるのかな?
どう成り立っているんだろう?と思ったら、
このほとんどの費用は州や企業の保険でまかなわれているようなので、
プログラムに参加している人たちの負担はずっと少ないみたいです。
アメリカ社会全体で考えると、
そういったサポートは日本と比べても手厚い印象がありますね。
アメリカでは、7年前にある研究チームが行なった
腰痛による仕事の制限や生産性の低下による影響を試算したところ、
年間7400億円の損失
がある、ということが明らかになったそうです。
アメリカにはそういった背景があるんでしょうが、
日本でも全体としてまとまっていく強さを持っている文化性を活かして、
国や政府が企業や病院にそういったプログラムを作るように
もっと働きかければいいのになぁ、なんて見ながら思ってました。
そうしたら最終的に医療費も減るでしょうし。
アメリカと日本では根本的な保険制度がそもそも違うから
いろいろと難しい部分はあるんでしょうけど。
そうは言ってても何も始まりませんけどね。
何にせよ、からだとこころがつながっていることが
今回のリハビリの観点からもまた明らかになって自分としてもスッキリ。
前回のときにもちらっと書きましたが、
やっぱりからだは動かさないと!!ですね。
安静にしてても症状は収まりますが、
再発させないためには精神的な安心と
からだを動かすことで生まれる安定性があってこそ、だと思います。
あとは、「どう動かしていくか」ですかね。
$東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース

プロフィール

皆さんこんにちは。伊藤 彰典(いとうあきのり)といいます。
ロルフィングというアメリカ生まれのボディワークを提供しています。
職業としてはボディワーカー・セラピストみたいな感じでしょうか。
正式には、「公認ロルファー™」という呼称になります。
$Rolfing Relief Space
生まれは東京都、その後は父親の仕事の関係でアメリカに5年間滞在し、7歳で日本に帰国しました。
そこから神奈川・東京都で高校を卒業するまで過ごし、大学は愛知県の中京大学に進学しました。
学生時代は、「トレーナー」という仕事に将来的に興味があったこと、そして高校野球をしていたこともあり、大学の硬式野球部に学生トレーナーとして入部しました。
その日々の中で様々な指導者、選手、同じ思いを持つ学生たちと出会い、将来の道を模索し始めます。
そんな時にふとしたときに出会った「ロルフィング」、実際に受けてみて衝撃を受けました。
身体に生気を流し込んでもらったような、新たな芽吹きが生まれたような感覚の身体になりました。
そして、今まで全く感じたことのなかった自分の身体に対する感覚にとても嬉しくなりました。
これを受け、自分もロルフィングを提供できるようにロルファーになりたいと思い、アメリカに渡ることを決めました。
学校があるコロラド州ボルダーに滞在し始め、約2年半かけて全課程を修了、晴れて2012年8月に公認ロルファー™となることができました。
2012年11月から東京・恵比寿のスタジオ、SYNERGY CENTERでスペースを借りながらロルフィングのセッションを提供して人々の身体をサポートしています。

ロルフィングイメージビデオ(動画)

ロルフィングのイメージビデオを作ってもらいました。
言葉の説明ではどうしても伝わらない部分がかなりあるので(笑)、ぜひこちらからイメージを膨らませてもらえれば嬉しく思います。
BGMが流れますので、そういった環境でご覧下さいね。

さらに詳しい内容はこちらの動画をどうぞ。

Rolfing Relief Space(ロルフィングリリーフスペース)
東京都港区白金台5-11-2 バルビゾン20 3F
恵比寿駅東口より徒歩10~15分

$東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

◆ロルフィングとは
◆体験談
◆メニュー・料金案内
◆プロフィール
◆アクセス
◆お問い合わせ

伊藤 彰典
連絡先:090-1508-4012
メール:aki0120itoh@me.com
HP:http://www.reliefspace.com/

出張セッションのお知らせ

【出張セッションのお知らせ】
東京都内、神奈川県内全域にて、出張セッションを行なっています。
ご自身のプライベートなスペースでの施術をご希望される方など、
お気軽にお問い合わせください。
以下、詳細です。
【案内】:出張セッション
【営業】:10:00~22:00(完全予約制・不定休)
【時間】:75~90分
【料金】:¥12,000/1回(交通費別途、上限¥2,000。応相談)
【服装】:T-シャツに半ズボン(ジーンズなど、締め付ける素材はご遠慮ください)
【備考】:ご自宅の場合は、床の上でセッションする形になります。
      毛布などを引いた上でのセッションとなりますので、ご了承下さい。
【問合】:予約・お問合せはこちらです
$東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

A:ロルフィング
 ⑴ロルフィングのコンセプト
 ⑵重力との関係
 ⑶筋膜とからだ
 ⑷ロルフィングの効果・変化
B:10シリーズ
 ⑴10シリーズとは
 ⑵10シリーズの利点
C:体験談
D:メニュー(現ページ)
E:お問合せ

江ノ島の海

先週末、またまた江ノ島に行ってきました。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
海開き前だったのでまだ人も多くなかったですが、
これくらいがぼくにはちょうどいいかも。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
この3年、夏はずっとボルダーにいたので
その分まで海に来ている感じの最近。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
子供さんも海と触れ合ってます。
あの年頃のぼくは何を考えてたんだろ。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
こうして同じところに居続ける石を見ると、
ブレない強さと落ち着きを感じます。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
その一方で荒々しく動き回る波もあったり。
海に来てぼーっとしているといろんな思いが駆け巡ります。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
梅雨と言いながらも、関東は最近は晴れが多いですね。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
先月初めて行った、江ノ島。
20年近く東京に住んでるのに行ってなかった、なんてね。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
こうして写真を見返すだけでも
いろんな思いが整理されます。
また来たいですね、フラッと来れる距離ですし。
ありがとうございました。

心の中が静かになる

たまたま、スラムダンクの著者として有名な井上雄彦さんの
特集番組をYoutubeで見ていて、いろいろ思うことが出てきて
Twitterに書いてみました。(@aki0120itoh
このブログの更新情報もTwitterからお知らせさせてもらってます)

井上雄彦さんの「プロフェッショナル~仕事の流儀~」を改めて見ています。茂木さん『上手く書けるときと書けないときの違いって何なんですか?』井上さん『心のありようだと思います。心の中が静かなときはすんなり書けるんですけど、静かじゃないときは苦労しますね。』
これ、すっとぼくの心の中に入ってきました。ロルフィングではクライアントのからだに触れていき、症状を見ていくのですが、痛みや不調というのはからだが今まで経験してきた歴史を表現してくれているサインでもあります。その一つ一つのメッセージに対して、真摯に耳を傾けていくことがとても大切。
そういったメッセージを無視して、症状を改善させてあげたい、こうしたい、という自分のエゴや思い、意図が出てきてしまうとクライアントのからだは思わず拒否反応を示してしまうのではないのかな、なんて思ったりします。
こちら側からある程度の意図や方向性を出してあげるのは大事だとは思いますが、あくまでも相手のからだが、そしてそのヒト自身がどうしたいのか、そういった声を聞いてあげることが何より大事なのではないのかな、と思います。
井上さんのいう「心の中が静か」というのがどういったものかはハッキリとはわかりませんが、邪念や自分の気持ち、押しつけといったモノが出てくると心の中はうるさくなってくる感じはします。人間だからそういったモノをなくす必要はないと思うんですが、それを出す・出さないのマネジメントはしたい。

思い付いたものをダダーッと書いてみましたが
動画のリンクも貼っておきますので
ぜひ一度井上さんの葛藤に触れてみてください。

歩くことは全身を使うこと【セッション②感想】

セッション2を受けてから一週間が経ちました。
今回のテーマは、下半身の安定性を作るため、
土台となる「足首」や「下腿(すねやふくらはぎ)」を
中心にアプローチしていくことでした。
この図では、青の部分に集中して一時間半近くかけていきます。
$東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
受けてから感じてきた、からだの変化を日にち毎で
またご紹介しますね。

【セッション前】
・右足首において構造的な(関節や筋肉の柔軟性などの)硬さが気になる
・機能的な(足首がしっかり動くか、気持ちよく曲がるかなどの)違いは
 左右であまり感じない
【セッション途中(右足終わった状態で立ってみた)】
・右足を地面に着けてから後ろに振り出すとき、
 足の感覚がからだの後ろ側を通って頭までつながっている感じがした
・左足は足の感覚がちらほらと分散していて、右足は太ももから足先まで
 均一に等しく感覚が広がっていて、
 実際に目で見なくても足の幅や前後の厚みを把握できる感じ

【セッション直後】
・それぞれの足が終わったとき、芯が通ったような、
 足が筒状で中身が詰まったようなものに変わっていった
・地面を踏んだ勢いで上半身全体が宙に浮いていくような、
 からだ全体が上方へ平行移動していく感じ
・全体的に目線が高くなり、身長が高くなった気分

・以前から少し気になっていた左腰の張っている感じが消えた
【セッション翌日】
・スーツで立ち仕事を一日中していたため、
 そして革靴は若干かかと部分が高いためか、
 膝中心の歩行になってしまうことで
 膝に余計な負担が掛かってる印象を受ける

・革靴を脱いだときの開放感かたまらない
(足裏、かかとがペッタリくっつく感じ)
【セッション後2日目】
・前日と同じ立ち仕事をしていたが革靴を回避、
 そのため歩いているとき、かかとが地面につけたときの
 動きの波が頭まで響く感じがする
・立っているとき、かかとに上からまっすぐ体重が
 掛かってくる印象がある

(革靴ではかかと部分が高いためか、足底前部に掛かってくる)
【セッション後3日目】
・前日にテニスボールで足底を右のみほぐす
 →右足の裏のみがべったりついて軽い感じがする

(左は緊張して、張ってる感じやふくらはぎまで突っ張ってる印象)
 詳しくはこちら
【セッション後5、6日目】
・足を組んでいる側のおしりや腰が無理に伸ばされている感覚があり、
 腰が苦しい感じになるため足を組むのをやめたくなるようになる

セッション2が終わって改めて感じたのは、
歩くときは足だけでなく、全身が一緒になって動いてくれているんだなぁ、
と思えたこと。
ただ足を使っているだけではなく、太もも、腰、背中、頭を通じて
からだ全部がともに働いてくれている、そんな印象を受けました。
ロルフィングのセッションでは毎回、立っている姿勢と歩行の動きをみて
からだを観察していくのですが、セッション2で「歩く」ということに
集中していけるのはとても素敵なことなのだと思います。
今回はセッション直後に慣れない靴で仕事する
という環境になってしまいましたが、
人間生きていればそんなことは起こるものです。
その中でもどうしたらもっとラクにいられるのか、
そんな考え方もロルフィングを受けていればこそなのだとも思います。
普段仕事で大変な、我慢している思いをしているのに
自分のからだにまで我慢を与えても苦しいだけですからね。
そして、今回10シリーズを受けながら
改めて面白いなぁと感じているところは、
「それぞれのセッションの全てに意味があって、
 順番も決められているということ。」

セッション1の呼吸を良くする、という中では上半身が伸ばされ、
セッション2では足を安定させ身体の土台を作る、
セッション3では、、、、、、と続いていきます。
からだの感覚を意識しやすい上半身を解放してあげることで
ロルフィングとは何か?ということを体感してもらい、
二回目のセッションで下半身をしっかりさせていき、
上半身と下半身のつながりをからだで理解してもらいます。
その後は真ん中辺りのおなかや腰、、、、、と進んでいくワケですが
受けていくことで改めてからだの作りに沿った
やり方なんだなぁと感じています。
次回のセッション3は今から一週間後に予定していて、
今回はセッションの間を二週間空けることになりました。
セッションの間隔、頻度に関していろいろと聞かれることがありますので、
また次回のセッション体験を更新するときに少し触れたいと思います。
いやぁ、しかしセッションを受けるのも楽しい~!

革靴/ヒールとの付き合い方

先日行なわれた、ヘルスフィットネスジャパン(HFJ)では
一日中立ちっぱなしで通訳のお仕事をしていました。
さらに、今回はずっと革靴だったので
一日目が終わって家に着いた後、靴を脱いだら
足の裏がパンパン。。。。。
$東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
革靴のように靴底が硬いものだと、足の裏の筋肉が働きにくくなり
固まってしまって疲れが溜まりやすくなってしまうんでしょうね。
初日が終わって、あと二日間どうしてくれようか、、、、、
と思っていたときにやったのが、これです。
$東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
立った状態で足の裏にテニスボールを置いて、
ゆっくりと体重を掛けていって足裏をほぐしてあげた、という感じです。
かかとに近い部分や足指に近い部分などにボールを移動させ、
自分の好みの強さを調整してあげながら
足の裏をほぐしていきました。
同時に、足指を上げ下げさせるのもアリです。
足首の角度を変えてあげるのも一つの方法ですよね。
2、3分グリグリしてあげるだけでも十分だと思います。
基本的に、筋肉は「縮む」という働きを繰り返し、
それが全身で超高速で行なわれて生活を送っています。
今回の革靴では、底が硬いために足の裏を伸ばすことがなかなかできず、
縮み切った状態が一日中続いたようなものでした。
ですので、テニスボールで圧を加えてあげながら
足裏の筋肉、筋膜を伸ばしていって疲れを取りやすくしていきました。
テニスボールで片方の足が終わりかけてるときに、
たまたま電話が掛かってきたのでほぐしを中断したんですが。
その電話が終わったあと、初日の疲れが一気に襲ってきて
もう片足をやるのを忘れて眠ってしまいました。笑
そして、次の朝目覚めてトイレに行こうと立ち上がったら、
ビックリです。
ほぐした方の足のみが見事に軽くなっていて、
もう片方はまだ重だるさが残っていた状態でした。
こんなに差が表れるのか、というのがとても印象的でした。
実際の効果を感じてみたい方は、試しに片方だけやってみて
次の日の反応を見るのも面白いかもしれません。笑
もちろん、その後はきちんと両足やってくださいね。
自分の足裏にロルフィングすることは大変なので、
こういった道具を使ってゆっくりからだをほぐしたり、
緩めてあげたりするのはやっぱり大事ですね。
ケガを防ぐために、そして快適な生活を送るためにも
こういった少しのケアでもからだは反応してくれるんだなぁと
感じられた、そんな瞬間でもありました。
革靴やヒールなどの靴底が硬い素材のものを普段はいている方、
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。