当たり前

自分にとっては当たり前なんだなぁ、
と思うことについて今一度振り返ることが最近よくあります。
自分の身体・健康だったり、人付き合いだったり、
話し方だったり、周りの文化、などなど。
自分の中にある当たり前を常識、基準として自分の中に
置いていくことは何か物事を判断する上で大事なことだと思いますが、
その当たり前を周りに押し付けてしまうことには
気を付けていかなくてはならないのだな、と思います。
自分にとっては当たり前でも、他の人にとってはそうではないですよね。
はたまた、その当たり前を押し付けるつもりがなくても
実はそう思っている気持ちが強いと外側に染み出てきてくることもある気がします。
敏感な人はそういったことも感じられると思うんです。
それは何気ない言動だったり、表情だったり、顔の雰囲気だったり。
そんなつもりはないのに、と言ってる時点で、
自分の中にある当たり前を大前提として私は話している、
と宣言しているようなものだとも思います。
だからこそ、自分の中にある当たり前を今一度考える機会は
大いにあった方が良いと思うし、そういった指摘をしてくれる人、
怒っているとしても叱咤激励してくれる人の存在には
感謝をしなくてはいけないと思います。
先日まで海外に短期で仕事で滞在してきて、初めての土地で初めての方々と
この「当たり前」、ということを見直す大きな意味のある日々を過ごしてきました。
こうやって改めて見直す機会をもらえたことは僕にとっては大きかったですし、
日本での日常の中でもいろいろ考えられる目を養えた、と思っています。
ようやく日本に帰ってきて、これからは東京で仕事をしていきます。
自営業としてやっていく中で、いろんな人と関わることはもちろんありますが
周りに指摘してもらえる機会なんて雀の涙ほど少ないのかなとも思います。
自分で自分を律し続けられる忍耐力は僕にはないので、
周りの方々にたくさん支えてもらえるような雰囲気を出せるように、
そしてそこに真摯に、謙虚に向き合えるように自分をもっていきたいと思います。
アメリカでロルフィングを勉強していたときに、
インストラクターから面白い一言を頂いたことがあります。
ロルフィングをしていく中で自分の軸は何なのか、そして
そこにどうやっていたら良いのかなぁ~、とふと話したら、
“You don’t have to be in the center whole the time,
Just realize where you are.”
「いつもその軸のところにいる必要はないんだよ、
自分がどこにいるのか、どういった状態にあるのか
そこに耳を傾けてあげたらいいんだ。」
と声を掛けて頂きました。
常にその軸のところにいるのが良い、と思い込んでいた
自分にとってはとっても心がすっとする言葉でした。
自分の中の当たり前の壁をなるべく取っ払って、
いつでもそこを考えられるように、自分がどこにいるのか、
どういう状態であるのか、ということに常に向き合えるような
自分であり続けたいと思います。

少し先のことを考える

最近、自由な時間が多いので自分の過去を振り返ったり、
今後のことを考える機会が多くなってきています。
大学を卒業してから2年半、アメリカに住んできて
ロルフィングのことを勉強する為にいろいろなことを学び、
海外で生活すること自体からもいろんな経験をもらって
本当に有意義な日々であったように思います。
だからこそ、今はそれを振り返るんです。
2年半前、自分が想像していたような世界がそこにあったのか?と。
それは半分イエスで、半分ノーだと思っています。
ある程度、自分としてこうなりたい、という目安は持っていたし、
(それがロルファーになること、ということだったんだけど)
それに向かっていろんなことに取り組んできました。
でもその一方で、自分のクラスとは関係ない時でも学校に行って知り合いがふえたり、
通訳やサポートみたいな形でお手伝いをする機会もあったりしたことは
想像していなかったことだし、そこから学んだことは本当に大切なものだった。
ある程度の目標は見えているけど、そこに固執しすぎると
そういった大事な縁も見失うことがありそうな気がして。
だからこそ、先のことに関しては柔軟でいたいし、
でも大事な軸の部分がある程度ないと周りからも、
そして自分からも信用されなくなってしまうんだと思います。
複数の知り合いの方々から、20年後、30年後のことを考える
キッカケを最近頂きました。
まだまだ将来のことはしっくりときてなくて、この先何とかなるだろう、
というゆったりした考えがある一方で、やっぱり抑えとかなきゃいけない
ポイントであるんだなぁ、と今一度思い直す良い機会になっています。
ある程度、軸のある生活をこれからしていく為に近い将来のことを
もう一度考えていくと同時に、そういったご縁や新しいお話を
ちゃんと判断できる、きちんとしたセンサーを養っていくことは
今後もしっかりとしていかなきゃ行けないんだな、と最近思うのでありました。
10月も少しずつ寒くなってきました。前まで住んでいたボルダーは
もう雪が降り始めているようです。
良い形で2012年を締めくくれるように、あと3ヶ月弱、
少しずつやっていこうと思います。

東京での生活

東京に帰ってきて3週間が経とうとしています。
実家にいる時間が結構多く、家族が普段どういったことを
して生活しているのか、横で見ています。
そうしていると、実は知らなかった親の面が
見えてきたり、新しい発見があったりします。
前回実家に帰ってきたときの7ヶ月、
毎日バイトにいっていて家には深夜に帰ってきて
ご飯を一人で食べて、朝は皆が活動を開始する前に
家を出ていたのでなかなかどういった生活をしているのか
肌で感じることは多くありませんでした。
幸い、うちの両親は二人とも健康的で、
学校のサークル活動にいったり近所のヨガに行ったり、
ゴルフにいって会社の人に会ったり飲み会に行ってきたり、
結構活動的なんだなぁ、と二人とも還暦を越えているのに
元気にいろいろやってんだなぁと感じています。
実家に一緒に住んでいることで、今までは知らなかったことも
気づけるような年齢になってきたし、家族のありがたみや
大切さを感じられるような自分になってこれたのは良かったと思っています。
一緒にいてもそこに関心を持たなかったら、
前回の7ヶ月と同じ思いしか感じてなかったと思います。
それは、アメリカで住んできたり、愛知で学生時代に
好きなことをやらせてもらったり、という経験があってこそ、
だとも思っています。
今後はしばらくここ、東京の実家にいることになります。
いつかは出て行くことになるんだろうけど、
今こうやって一緒にいられることの大切さを
大事にしていきたいなぁ、と日常のふとした瞬間に感じました。
いろんなことを経験する縁に恵まれて、今はちょっと実家で
次のステップに向けて少しずつ準備中です。
また今月末辺りにはようやく動き出せるかな、といった具合です。
東京の街並、雰囲気、そして知人達にも少しずつ再会し始めています。
まずはアイドリング運転で、徐々にエンジンを掛けていこうと思います。