感覚のゲートを開いてあげる

自分の感覚を信じてあげて、と良く言われますが、
まず感覚って何?って人が多いと思います。
現に自分も過去にそうだったし。
でも、そのわからない時代からも、感覚というものには興味がすごくあった。
勘に優れてる、とか、嗅覚だとか、抽象的な考え方が人の考えの軸にある、といった感覚。
でも、僕はそれができなくて、目に見えて、
計算式で表せるものしか信じることができてなかった。
今もその名残はあると思うし、こういった文章とかも、
話し方も、理性的というか、かっちりはっきりした表現が得意であった。
3年前にロルフィングに出会って、セッションを受けて、
感覚のゲートが開かれた。
それとともに、その感覚を育てるのにうってつけの場所、
ボルダーで生活し、いろんなことに悩みながらも、
丁寧に、少しずつ自分の中での感覚というものが
成長していることを肌でとても感じていた。
表現の方法も少しずつ変わってきたと思うし、
日本での自分は持っていなかった感覚とともに日々、生活して来た気がする。
それが、ココ最近の日本での生活で、また感覚のレベルが
渡米前に戻ってしまった気がする。なんか、落ちたという感じ。
日本に帰って来た当初の11月、そして一時帰国していた去年の6、7月、
自分の感覚に赴くままに息をしていた気がする。
それが、日本の常識、いわゆる普通の物差しから外れていたとしても、
僕にとっては気持ちよかったのだ。
その頃は自分が自分らしくいられた気がしたから。
でも、それじゃいけないと思って、というか日本にいるのだから
自分の基準を日本のものに合わせないと、という部分の自覚があって、
飲食関係のバイトを始めた。
日本の社会の中に入ることを選んだ。
そのおかげで学んだことは沢山あるし、
4ヶ月の生活なりに日本の現状を肌で感じられている気もしている。
でも、そのことによって、せっかく開いた感覚のゲートが
閉じようとしていることもひしひしと感じている。
感覚というもの自体に注意を向けることも少なくなったし、
余裕がなくなってしまった。
一時帰国していた頃の、あの感覚にちょっと戻りたい。
アメリカ人かぶれの感覚も、常識も、文化も、
それが自分に合うのであれば、それは無理して閉じ込める必要はないのではないか、
とも感じる。現時点で持ち合わせている、
日本の社会に適応させようとしている部分と、
当時持っていた感覚のゲートをフルオープンできる状態と、
うまくバランスをとりたい。
それが達成されてきた頃に、自分はまた違うステップにいける気がしている。
きっと、1年とかそんな簡単にできるものではないと思うし、
3年、5年、いやもっとかかるものなのかもしれない。
去年の年末から自分の中でモヤモヤ感じていた部分が、
ここ一週間でちょっとずつクリアになってきた。
最近の休日は、ランダムでセッションが入ったりしていて、
しっかりリフレッシュできる時間もなかった。
それはそれで幸せだし、自分の糧となる時間をもつことができるのは
とても有り難いこと。
でも、その中でも、一人になって、しっかり考える、
ぼーっと過ごす時間がほしかった。
3月に入ってから店の新規改装オープンに伴い、
慣れない職場に戸惑いつつ目に見えない疲れがたまる日々だった。
そんな中で、ここ二、三日の休みは何もしなくても良い日が重なったので、
一人になっていろいろ考えることができた。
そういった時間を持つことができて、やっぱり良かったな。落ち着いた。
明日は、大学時代からの親友が立ち上げたイベントの運営を手伝ってきます。
参加者は100名近くになるそうな。
あまり準備には参加できなかったけど、当日は思い切り楽しんできます。
長々とツイート失礼しました。

正直に生きる

自分の感情を、自分の赴くままに表現する。
これって、当たり前のように聞こえてとても難しいことだと思います。
特に僕にとっては。
以前も似たようなことを書いたかもしれませんが、
それは未だに自覚しています。
直そうというよりは、それを何とか改善させて自分が気持ちよく
自分を表現できる人間でありたい、とはすごく考えています。
でもそれが未だにできていない、そして満足してないということに
最近はいらだちを越えてあきらめの境地に似たものを感じています。
アメリカ・ボルダーという土地に住んでいたときには、
多少は感じていたものの、それを克服できる材料、ヒントが
沢山生活の中にありました。
一緒に同居していたロルファーさんの自由奔放さ、
よく飲みに行っていたお店での知り合いや友人達とのやりとり、
そしてロルフィングのクラスの中での自分というポジション。
どれも、自分が無理することなく、偽ることなくできていた気がします。
それが今こんなにできていないと感じているのは、
周りにいる人達のせいなのかもしれない。
東京という、自分の人生の大半を過ごしている土地を
未だに好きになれていないからかもしれない。
でも、周りのせいにして自分が逃げているだけなんだな、
とも気づくことも今ならできそうな気がします。
確かに、周りの環境というのはとても大事だし重要だと思います。
自分が過ごしやすい、自分らしくいられる場所を探すこともすごく大事だと思います。
でも、やっぱりどこに行っても、どんな人と会っても、自分が自分らしく、
自分を表現できる人こそ、いろんな人から惹かれ、そして輪が集まるのでしょう。
何より、その人自身がそれを楽しく思える気がします。
正直に生きる、という一言でまとめていいのかはわかりませんが、
それができている人ってどれだけいるんだろう。
そして、自分がスゴいなぁ、いろんなことをやって楽しんでいるなぁ、
と思える人たちは、おおむねその特性を持っています。
それを意識的にしているかどうかは別として、
その大事さは分かっているのだと思います。
正直に、素直に言うことほど、相手の心に響くものはないですからね。
なんか、カッコつけてる訳ではないんですが、
自分の気持ちに正直になって、素直になって生きてみることは
僕にとっては未だにチャレンジングなことであるようです。
そのブレーキを少しずつ解放してあげて、アクセルを踏める状態になるまで、
まずはこの東京という地でもがいてみようと思います。
あー、ちょっと、なんかすっきりした。
やっぱりこれは飲みに行かねば。
早く休みよこーい。

Unit2二十一日目 9/15 Thanks Ray

ふう。
今日で8週間あるうちの5週間のクラスが終わりました。
ホント、あっという間。あと3週間で終わるなんて信じられない。
そして、今週で今までのメインインストラクターだった、
Rayがクラスを離れます。
今回のUnit2は、二人のメインインストラクターが前半後半と、
分担してクラスを教える、というちょっと珍しいものでした。
Ray McCallとJon Martin。
二人とも20年以上のロルフィング歴を持っていて、
そして二人は超仲良し。^^ 15歳近く違うそうですが、本当に親友みたいな関係です。
二人とも隣町に住んでいるし、
長年一緒に講師としてもロルフィングの学生を育ててきたそうです。
そして、二人とも別々ではあると思いますが、
日本でのロルフィングのクラスを教えたことがあります。
そんな二人だからこその、今回の分担クラス。
過去にも数例こういったケースでのクラスはあったそうですが、
生徒としてその場にいるのは何だかちょっと不思議。
今までいたヒトが急にいなくなって、
来週からまたクラスの雰囲気がガラッと変わると思います。
それを肌で感じるのは、来週の月曜かな。
しかもいなくなるのがRayなので、僕は本当に何とも言えない心境。
この前のブログに書いたように、彼の存在は間違いなく僕の中で大きなものを占めています。
だからこそ彼のクラスを取ったし、彼の話がかなり抽象的で分かりにくかったとしても、
とても内容は興味をそそられて、それをもとに自分でイマジネーションを
含ませることができる、そんな素敵な教え方を彼はしてくれました。
今までの彼のクラスは本当に受けていて素敵なものでした。
今回は最後にならないように、また笑って会いたいです。
最後に円になって、それぞれのクラスメイトがRayに対する思いを
述べていったのですが、僕のときに話しながら自分の思いを一つ一つ
表していると、去年のUnit1でのこと、Unit2で彼がしてきてくれたこと、
などなど急にいろいろ思い出してしまい、言葉が出なくなり、そして自然と涙がこぼれ、
気づいたらクラスメイトにティッシュを差し出されていました。
日本にいるときから僕は泣き虫でしたが、
今回のUnitでも本当に涙もろいです。
そのおかげで、目が真っ赤なまんまの写真になっちゃいました。笑
本当にありがとう、Ray。
The アキノリ's blog in America
まだ3週間ありますが、皆で頑張ろう!!

二度と同じときなんて来ない、だからこそ今を楽しむ

ついに、Unit2が終わりました。
長かったけど、本当にあっという間だった8週間。
Unit2の最初の一週間では、Principle weekといって、
ロルフィングはなんたるものか?というのを
教えるクラスがあるんですが、それが遠い昔のよう。
でも、たった8週間前だったんですよね。
あのときの自分と、今の自分を比較してみると、
どんなにいろんなことを学んだんだろう、
この先も絶対に忘れない日々をどれほど送っていただろう、
また出会いたいな、と思わせてくれる仲間にどれだけ恵まれただろう、
本当にこの8週間は何とも言えない感情に包まれている気がします。
思えば、去年の10月4日、ロルフィングのUnit1をスタートさせ、
その初日からここでしか起こりえない経験をたくさんしてきました。
6週間のクラスを転がるように過ごし、気づいたら年末を
大学の先輩とアメリカのスキー場で過ごすという、2010年の締めくくり。
去年大学を卒業してからは、決まった事が先に見えていない中での
日々を過ごしていました。
その中で、語学学校にあらためて行こうと決め、
それと同時にロルフィングのことから離れる時期もありました。
家はJim Asherという、40年以上のキャリアを持つロルファーの元で
生活していたのに、特にそれを活用することもなく日々だけが過ぎて行く。
どうしても、僕の中では休養なり、ロルフィングにまた向き合うための
準備期間が絶対に必要だったんだと思うんです。
その頃に、周りでUnitを取っていた知り合いに無理矢理合わせて
勉強をしようとしていても、きっと自分を苦しめていただけだったと思います。
甘い事を言ってるようにも聞こえますが、
それだけ自分がそこにフィットしてなかったんだと思うんです。
それから、ご縁があってのUnit2の通訳の依頼。
元々何をして過ごそうか決めていなかった時期に、
これほどまでに素敵な経験をさせてもらえることは
素直に嬉しかった。
その頃には、ようやく次のステップにいける準備もできてきて、
クラスでの日々と自分でいろいろと探求する元気が出て来た。
思いがけずに出会った友人もできて、そして
ただ滞在しているだけの縁ではなくなってきた。
クラスを見ながら、そして通訳しながら、
あぁ、早く自分で試してみたい、ロルフィングを
もっとしてみたい、との思いが自然と溢れて来たのを
今でも鮮明に覚えています。
ようやく自分の番となった今回のUnit2。
今はブラジルで最後のクラス、Unit3をとっている
大友さんを始め、多くの人がロルフィングに惹かれる
魅力に自分の心からようやく納得できるようになり、
そして自分なりに理解できるような時間を過ごせた。
Unit1からの親友だったクラスメイトがパートナーになり、
そしてクラスの半分行ったところで彼がクラスを離れる決心をし、
すでにロルファーの新しい人がパートナーとして僕に会いに来てくれた。
彼女のサポート、存在、全てが僕をここに立たせてくれている。
彼女がパートナーとして来ていなかったら、
果たして無事にUnit2を終えられていただろうか。
そこまで自分が感じるほど、素敵なパートナーでした。
これが一番自分の中で印象深い出来事だし、
彼女、それを見守ってくれたクラスの皆、インストラクターには
本当に感謝の気持ちでいっぱいなんです。
今回のクラスでは、もう何回泣いたか。笑
僕が話をし始めると、もうそういう雰囲気になる、って
クラスのほとんどがわかってくれています。
でも、それだけ素敵なクラスだった。
ありがとう、本当にみんなに言いたい。
日本の知り合いの方から、
「この先の将来で、今と同じメンバー全員で同じ時に会うという事は、
限りなく不可能に近いから、今の時間を大切にしてくださいね。」
と、クラス中にメッセージを頂きました。
個人としては今後も会えると思うけど、
今回のUnit2のメンバー、インストラクターと
全員揃って会うのは二度とないと思う。
だからこそ、今を大切にして、その時その時を楽しまないといけない。
そんなことわかってるけど、でもやっぱりそうなんですね。
だからこそ、ちゃんとお別れは言わないと僕はすっきりしないし、
そのために泣くのかもしれない。
それが、自分が大きく前に進むためのシフトになるのだから。
The アキノリ's blog in America
今はドイツに行っているRayにも、
本当にお世話になったなぁ。
The アキノリ's blog in America
Rayの後を受け継いだ、Jon Martinと。
彼の存在も非常に大きかったです。
これほどまでにクラスをまとめられるのも、彼ならでは。
本当にありがとう。
素敵なクラスメイトにも恵まれて。
本当に楽しかった。
これで、一段落。
もちろん、まだまだ続きますが、
一度肩の力を抜いて、ゆっくりしようと思います。
今後に向けての考えも少しずつ輪郭が見えてきて、
ワクワクと同時にいろんなことも考えます。
あと3週間、Boulderに滞在して日本に帰りますが、
いつここに帰ってくるのか、まだどうなるかわからないので、
今会える人たちと精一杯会ってから、Boulderを離れたいと思います。
皆さんも良い一週間をお過ごし下さい。