やりたいことをやるために、やることをやる

明日で10日間のオフが終了します。
楽しい時間はあっという間に過ぎていくもんで、
こんな日々がずっと続けばなぁ…..とは思いますが。
やはり働かざるもの食うべからずなので。
明後日からまた勤務開始ですが、そこまで憂鬱になっていないので
気持ち的にはいい状態で現実世界に戻れそうです。
やりたいことをするためには、やることはきっちりやらないとね。
この連休中、いろんな人に会いに行ったり、出会ったり、連絡を取ったりしました。
その中でも、先週の日曜にワークショップの講師をしたことは良い経験でした。
以前からお世話になっていた同業の方が、アメリカで学んできたことを伝えてほしい、
とお誘いして頂いていたので、快諾して準備を進めてきました。
内容は「ロルフィングにおけるボディワークの実践」と題しまして、
ロルフィングの世界で特徴的な身体の見方や、考え方をお伝えし、
実際に身体を動かしての実技を通して、身体の微妙な変化に向き合っていく
ことの大切さをご紹介しました。
受講者のほとんどが身体のことを扱うお仕事をされてる方々だったのですが、
実際にロルフィングをしたわけではなく、ロルフィングのアイディアを用いて
日常生活の中で活かせること、受講者の方が抱えている患者さん、クライアントさんに
より良く関われる内容を提供したつもりです。
ロルファーと認定されたらまた違うものが提供できるとは思いますが、
現時点でも、学生の身分でもお伝えできることは沢山あって、
そのエッセンスをより多くの人と共有できる機会があったことは大変嬉しかったです。
受講者の皆様、企画して頂いた皆様、本当にありがとうございました。
The アキノリ's blog in America
写真は、以前よりお知り合いだった柔道整復師・パーソナルトレーナーの
ばばっちで、今回参加して頂きました。
プレッシャーはありましたが……楽しんで頂けたようなので何より^^
またこれからもよろしくお願い致します。
こういったまとまったお休み中に、自分がやりたいこと、目指していることに
つながる活動ができたのは、僕の心にとって本当に良かったなと思うことです。
普段が普段なので、ストレスを抱えながらの毎日ですが、
自分でしっかり考えて選んだ道なので、
まずはしっかり走り切ろうかな、と。
でもやっぱり好きなことをやっている時は楽しい。
そのバランスがうまくとれるように、
イヤなことでも必要なら、決めたことなら進んでやって、
その先にある好きなことをするために、
心を豊かなものにし続けるために
今後も目の前のことと向き合っていこうと思います。

ブレーキを外してあげる

アルバイトしている店舗が今週の頭から改装しているため、
10日間のオフに入っている私。
2月いっぱいは、、、、、と思ったらもう3月なんですね。
時が経つのは早いです。
ま、せっかくまとまった時間が取れたので、
なかなか普段できない、いろんな人に会う日々を送っています。
昨日は友人にセッションをさせてもらい、
自分が感じた以上に反応や変化が起きて、
彼の表情を見ると本当幸せだなぁ、と感じることができます。
予想している効果以上のものをフィードバックしてくれて、
これが自分が望んでいたものなんだ、と強く感じることができましたし、
自信にもなった一日でもありました。
まだまだ課題はあるし、学ばなければいけないことはたくさんありますが、
自分が関わることによって生まれる幸せの輪をちゃんと感じられること、
そしてその感情を忘れないことが大事なんだなぁと思えた一日でした。
今日は、横浜に行ってきました。
あいにくの雨でしたが、降り立った駅前はとても都心から一時間弱とは思えないほど、
スペースを感じることができる素敵な雰囲気のある街でした。
今回の目的は、ロルフィングのセッションを受けにいくこと。
せっかくまとまった休みがあったので、
自分の身体も整えておこう、とのことからピンときた
ロルファーさんのところへ行ってきました。
もう一つは、横浜の街の空気、雰囲気を感じること。
町田、愛知、新宿、六本木、大阪、神戸、と帰国して以来、
いろんな土地に行ってみていますが、どの街にもいろんな顔があって、
表情があって、自分がそれに対してどんな感情を抱くのか、を意識してきました。
合う、合わないもあるし、好き、嫌いもありますが、今の自分が
どのように感じるのかを見極めに行ってきました。
実際、スペースがあるということがこんなに気持ちいいのか、
と感じられたのはとても良かったです。
渋谷や新宿みたいな高層ビルはあるけど、圧迫感がない街。
ボルダーとは違うけど、空が広かったのが印象的。
雨が降っていたのが残念でしたが、また来たいな、と思わせてくれる街。
写真も次の機会にはぜひ撮りましょう。
肝心のセッションですが、自分が働いている環境によって
生み出されているストレスや影響をお伝えし、
それに的確なアプローチをしてもらいました。
セッションの中盤から完全に身をゆだねることができて、
意識せずに身体が勝手に反応してくれる良いフロー状態になり
とても気持ちのいいセッションを受けることができました。
終わった後も、立ち上がったらスッと立つことができて、
アプローチされた部分がなじんでくるまで調整&歩行して
違和感なくセッションを終えることが出来ました。
終わった後も、ランチを一緒にさせていただき、
共通の知人のお話で盛り上がったり、ロルフィングの日本の中での立ち位置や、
ボルダーでの生活、今後の話など、いろんな話を聞かせて頂きました。
僕より年上の方なんですが、久しぶりにここまで気を許せてお話をさせて頂けました。
なんか、心までリリースしてもらったみたいな感じです。
ランチが終わっても、見送りで駅まで一緒に来て頂いたのですが、
話が止まらず寒空の中トークは続く続く。
久々に時間を忘れて話し込むことが出来ました。
心がほっこりまったり、なんか気持ちいい感じ。
こういった感情を自分の相手が持てるような関わり方が
自分もこれからできたらいいな、と思います。
やっぱり人と話すのは大事なんだな、と。
どこまで自分の思い、感情を解放できるか、
我慢というブレーキを取り外してあげることができるか。
そういったことを自分の周りの人にもしていきたいと思います。
今週末も新たにいろんな人に出会う機会があるので、
今日の気持ちを良い形でつなげていきたいと思います。

3月13日東京にて

自分が今こうやって、アメリカと日本を行ったり来たりして、
ロルフィングのトレーニングをしているきっかけ。。。。。
さかのぼると、大学時代の経験が全てだと思います。
トレーナーになりたい、という漠然とした思いから愛知の中京大学に入学し、
でもそこにはトレーナーになるカリキュラムはありませんでした。
僕の大学では「トレーナーになる」ための資格はとれなかったけど、
どうしたらトレーナーになれるのか、という夢を追いかけて
思い思いの行動をしている仲間がたくさんいました。
そして、どうしたらなりたい自分になれるのか、
ということを一緒に模索できる仲間がたくさんいました。
学生時代の多感な時期に、自分の将来に深く向き合い、
語り合い、行動したことは今の僕がこうやって存在していることに
大きく影響してくれていると思います。
その中で、僕はトレーナーというよりはセラピスト、
ロルファーという道を選択していますが、
トレーナーという共通項のもとでともに活動した日々を一生、決して忘れません。
そういった、自分の将来を考え、トレーナーという職業に
魅了された思いを持つ仲間が3月13日(火)に東京に集います。
今回は20代の若手が参加条件で、現役の学生や社会人として活躍されている方々、
いろんな方が集まります。
この文章を読んでいる20代の皆さん、ぜひ顔を出してみてください。
きっと、新たな世界が広がります。
あぁ、こんなことを考えている人たちがこんなにいたんだ、
自分が知らない世界がこんなにあったんだ、と思ってくれると信じています。
そして、30代以上の方々、お願いがあります。
この内容をお知り合いの20代の方々にお伝えしてください。
僕が直接知らない人でも全く構いません。
何か刺激が足りない人、もっといろんな人に会ったら良いのになぁ、
などなど、まだまだ可能性を秘めている者同士、
交流する機会を作るお手伝いをして頂ければ嬉しく思います。
ご協力よろしくお願い致します。
僕は当日は終日参加する予定でいます。
日本を代表するトレーナーの先駆者、
岩崎由純ATCも講演者としていらっしゃいますし、
きっと充実した一日になると思います。
ふるって参加していただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
以下、案内です。
質問、参加表明、コメント、何でも構いません。
何かありましたら僕までご連絡下さい。
よろしくお願い致します。
The アキノリ's blog in America