2012年もまもなく終わります

2012年も終わろうとしていますね。
人並みに振り返ってみようと思います。
1月
2011年11月に一時帰国してからレストランでアルバイトを開始し、
朝8時には家を出て終電で家に帰る、という
生活の繰り返しに疲れ果てていました。
年の暮れのクリスマス、元旦を含めた三が日ももちろん出勤。
休みらしい休みをもらうこともなく、気づいたら2012年になってました。
これが東京の年の瀬か、、、と思いながら家路に着いたのを覚えています。
2月
バイト先の改装に伴い、急遽10連休のお休みを頂きました。
久々に休みをもらったものの、遊び方を忘れており
家でダラダラしたり、会えてなかった方々と連絡を取ったり、
ぼちぼちの休みを過ごしていました。
寝ていたおかげで、身体はちょいと回復したように思います。
3月
ようやく休みを休みらしく使う余裕が出てきて、
ロルフィングのお試しセッションをしたり、
最後の渡米に向けてのVISA準備を進めたり、
と少しずつ前向きな日々を過ごすようになってきました。
4月
ロルフィングのお試しセッションの数と質が結構いい感じで回ってきて、
継続的に人の身体に触ることに楽しさと厳しさを感じながらの
充実した日々を過ごしていました。
5月の末に迫る渡米に向けて、日本での準備をいろいろ開始した時期でもあります。
5月
バイト先を辞め、渡米に向けての最終準備をすることに。
たった半年でしたが、本当にいろんなことを学ばせてもらいましたし、
お金を稼ぐってことを肌で経験できた貴重な日々でした。
下旬には渡米し、サンフランシスコで大学の先輩に、
ロルファーの友達に、語学学校の友達に、といろんな人と再会しつつ
アメリカモードの自分を取り戻していきました。
6月
いろんな友達にボルダーで再会しつつ、
複数の友達がボルダーを離れるという別れにもあってきました。
中旬にはロルフィングの最後のクラスが始まり、
いよいよロルファーになるんだという実感を前にしていました。
7月
順調にクラスを消化していきます。
最後のクラス、Unit3で受け持つクライアントさん二人共が
10シリーズの中盤を迎え、いい感じで身体に反応が、
そして本人自身に気づきが生まれてきたような頃だったようにも思います。
中旬にはロルファー友達が日本から遊びに来て、
いろいろとボルダー散策をしていました。
帰国をあと一ヶ月に控えていた僕にとっても
最後にいろいろ回れたのは良い機会だったように思います。
8月
ついにクラスを修了・卒業し、ロルファーとなりました。
2010年6月にアメリカに渡って、2年強かけてロルフィングの過程を終えました。
まだまだ実感がないまま、でもいよいよロルファーとしてやっていくんだ、
という覚悟をもっていくんだ、という気持ちが芽生えてきました。
その後は大学の先輩と東海岸に旅行したり、家族がアメリカに来たり、
最後の長期滞在となる日々を惜しみながらボルダーを後にしました。
9月
アメリカ生活2年強から日本の生活に戻ってくるために
沖縄でリハビリ生活を2週間ほどしてきました。
思った以上にアメリカ生活は自分にいろんな影響をしていて、
このまま日本に戻ってもなかなか切り替えができない、と思っていたので
沖縄の豊かな大自然とゆったりとした風土、土地に癒されてきました。
10月
とある仕事の依頼で海外に10日間ほど短期滞在することになりました。
新しい土地で新しい人たちと、そしてなかなか言葉も通じない中で
一つのことを成し遂げるために一緒に取り組むというのは、
僕にとってとても貴重な経験になりました。
当たり前のことが当たり前じゃない、ということにも悩みながら、
一つずつの物事を進めていったことは大きな財産になったように思います。
11月
「Rolfing Relief Space」のオーナーとして
東京の恵比寿でロルフィングのセッション提供を開始しました。
知り合いのロルファーさんのスタジオのスペースをお借りし、
ホームページを開設したりブログをちょっといじったり、
と活動を本格化させました。
それと同時に、自分のことを知ってもらう、ということに
どうやって取り組んでいくか、ということに対してもいろいろと考え始めました。
12月
なかなか思うように物事が進まず、悶々としていました。
いろんな人に会う機会はあるものの、なかなか前進するには
ちょっとエネルギーが必要な、でもそれでいて時間だけが過ぎていく、
そんな感じで気づいたら年末になっていました。
と見てみると、いろいろあった2012年だったように思います。
アルバイトとはいえ、久々に日本で働き東京の社会人の気持ちが
僕なりに経験として入ってきていた上半期、
ロルフィングの過程を修了してアメリカ生活に別れを告げ
日本にロルファーとして帰国し活動を始めた下半期。
この2年半に比べたら、これからはここまで劇的な変化が多い
日常はないのかな、とも思います。
ようやく落ち着いて活動できる今こそ、
そして来年はもっと自分のことを知ってもらって、
そして「ロルフィングを知ってもらう、広めていく」
ということをメインに活動していきたいと思います。
一人で活動していくことが多い中でも、
なかなか一人ではできないことがあるのも事実。
周りの人達の支えに感謝しながら、少しずつやっていきたいです。
そのために、もっとロルフィングのこと、自分のことを知って、
そしてもっと好きになっていきたいな、とも思います。
2012年も多くの方に支えられて一年を過ごすことができました。
お会いできたみなさま、ありがとうございました。
そして、来年もまた素敵な縁が続きますように。
良い年末をお過ごしください。
伊藤 彰典
Rolfing Relief Space

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>