12月23日ツイートのまとめ

今日は死ぬほど忙しかった。
世間はクリスマスみたいですが、
そういった人達を受け入れる接客業は本当に大変なわけで。
一大イベントですからね、一般の人達からしたら。
あまりに忙しすぎて途中でくじけそうになりもしたが、
そういっても何も始まらないのでとにかく目の前の事をやった。
ひとつ料理を出すにも最低4人は関わって分担してお客様にとどけるため、
どこかが止まってもそれは商品にはならない。ただの料理でしかない。
いろんな工程を経てひとつの料理、飲み物がお客様に届き、
それが終わると次の工程が始まる。ひたすらその繰り返し。
忙しい今日だからこそ、特にみんなの一致団結力が目に見えて感じられた。
終わった後の一杯の美味しいこと。
お酒だけではなく、皆でひとつになって乗り切ったという充実感があった。
普段は裏で罵り合ったりすることも珍しくないこの職場で、
この達成感は何だか嬉しかった。
正直、何でこの仕事をやってんだろ、と思うことも珍しくない。
ロルフィングを勉強したいのに、全くかけ離れたことをしてる。
でも、この達成感は決して悪くない。疲れたが、何だか心地よい感覚が残った。
そんな気持ちでいたら、ある人からメールが。
ブラジルでロルフィングのクラスを修了した知り合いからでした。
アメリカにいるときにその人の二個めのクラスを通訳みたいな形で
お手伝いしてからの縁で、ちょくちょく連絡を頂く。
そのメールには、ロルフィングのクラスを終えた
クラスメイトとの集合写真に満面の笑みで写っている知り合いがいた。
なんて、気持ち良さそうな皆の表情。嫉妬してしまいそう。
でも、素直に自分のことのようで嬉しかった。自分もいつかはああなるのだ、と無意識に自覚した。
だから、その日が来るまで自分が今やれることをやろうと思う。
どんな思いをしても、何か頑張れるキッカケがどこかにあることを常に考えて。
そして、知り合いのヒトと同じくらい満面の笑みでクラスメイトと写真を撮るのだ。
そのときに見えてくる景色を期待して明日からも頑張ろう。
長々と失礼しました。

あなたにとって豊かさとは何ですか?

先日SNSで知り合いになった方のブログを拝見していたら、
とても考えさせられる内容が載っていました。
読みながらいろいろ考えさせられているうちに、
ぜひ、いろんなヒトにもこれを知ってもらいたいと思って、
今回この場で共有させて頂こうと思います。
まずはこの動画をご覧下さい。

「あなたにとって豊かさとはなんですか?」
幸せの価値観は皆違うから、幸せのことを計る基準なんてないし、
お金があるからといって幸せではないというのは皆さんもご存知の通りです。
日本は物理的豊かさは満たされているはずなのに、
Wikipediaに載っている幸福度ランキングでは日本は178カ国中90位です。
では、いったい幸せ、豊かさとは何なのでしょう?
下記に他の方々の興味深い意見が載っています。


すごくいろいろ考えさせられました。
僕なりに、今までの経験やヒトとの話、そして彼らの思いを見ていると、
皆それぞれ違うことを話しているように見えて、
中には一緒のことを話していたり、違った形の表現をしているだけで
思いはかなり近かったりすることもあるんだな、と。業種は全く違うのに。
それぞれの仕事や環境を大きく反映しての「豊かさ」への
アンサーだったように思いますが、やっぱり似てくるものなのですかね。
僕のアンサーは、
「自分の周りに学びがある環境が溢れていること」
これが豊かさなのかな、と思います。
至極当たり前に感じる、薄っぺらい回答かもしれませんが、
これが24年間の自分の人生で感じてきたことです。
アメリカに住んでいたときに特に感じていたんですが、
何気ない日常にも何か充実感を感じていました。
後々考えると、それは英語という、自分にとっては一生ついて回る課題が
常に横にくっついていたからだと。
何を話すにしても、新しい表現を学ぶし考えるし、
道端で歩いていてもスーパーマーケットでも、
常に新鮮な違った英語を聞いて脳が学んでいました。
今も、日本に帰ってきてまもなく2ヶ月ですが、
バイトの仕事をほぼ毎日していることによって
環境が変わり、人間関係が変わり、
新しく学ばなければならないことが沢山ある日常にいます。
充実感に溢れている生活を学びというものが
あたえてくれているからですね。
だからこそ、自分の将来なりたい職業とは全く関係のない仕事を
していても何とか続けていけています。
ここからは何も学ぶことがない、そういう視点に自分が
少しでもあったら、いくら良いお金を稼ぐことが出来ても
きっとすぐにやめていると思います。
その充実感と同じくらい、辛い、しんどい思いもしてますから。
先週末は、5年前からお世話になっているREACHのSMCに参加していました。
2年ぶりの参加でしたが、やっぱりこのアットホームな雰囲気がとても好き。
そして、久々の出会いや新たな出会いで感じること、学ぶことがたくさんある。
これこそ、やっぱり僕が求めていたものなのかな、
と思いながらネットサーフィンをしていたら
この動画に行き着きました。
皆さんにとって、豊かさとは何ですか?
今一度、考えてみると面白いかもしれません。
何か、そこから改めて気づくことがありますように。

ボルダーでの最終日

休日で久々に時間ができたので、
今まで撮ってきた写真を整理してたら、
Boulderを離れる最終日に集まった時の様子が出てきたので
ちょこっと紹介したいと思います。
Boulderになじみがある人には懐かしい映像になるかも。
その日は、Boulderで知り合った日本人の方々、アメリカ人の友人と
お世話になっている居酒屋Amuで食事会を開いてもらいました。
The アキノリ's blog in America
初めてここに来たのは一昨年の7月。
約束から2時間も遅れて到着したっけ、あのときはすいませんでした。
アメリカの住所の読み方も分からなかったので、迷ったなぁ……
The アキノリ's blog in America
最初、Amuって言われても意味分かんなかったですが、
これ見たらなるほどね、って感じでした。
The アキノリ's blog in America
本当ここはアメリカなの?と思わせてくれる雰囲気です。
The アキノリ's blog in America
この絵も素敵ですよね。
カウンターの向かいにあるこの絵を毎回見ながら、
楽しい時間を過ごしてました。
The アキノリ's blog in America
日本食がいたるところにあります。
ここはアメリカなのにね。
The アキノリ's blog in America
こんな雰囲気の居酒屋、日本でも行った事ないのに。笑
いろんなヒトがお別れパーティーに来てくれました。
The アキノリ's blog in America
学校の近くの日本食レストランのオーナー、司さん。
この日も仕事終わりで駆けつけてくれました。
次の日がハロウィーンだったこともあって、
何故かメガネとネコ耳を装着しています。
The アキノリ's blog in America
気づいたら自分にネコ耳が移動してきました。
この人はウェイトレスの旦那さん。
日本語もペラペラで、一緒に去年の年末をスキー場で過ごしました。
また来年行きたいな。
The アキノリ's blog in America
ブラジル人のロドリゴ。
系列の隣りのお店で働いていて、
仕事終わりによくAmuに来るので気づいたら仲良くなってました。
地球の真裏にお互いの母国があるって考えると、なんか不思議。
$The アキノリ's blog in America
Boulderの大学院で宇宙工学を勉強してるユウくん、そして再び司さん。
現地で知り合ったヒトで一番年が近くて、ふとした時に店で一番会う友達。
約束していないのに、遭遇する率がかなり高かった。
また朝まで飲みたいな。
The アキノリ's blog in America
一次会の締めっぽくなったので、一応みんなでパシャリ。
皆さん来てくれてありがとうございました。
The アキノリ's blog in America
さぁ、出ようか、、、、、、、、
と閉店間際なのにまだまだ居座ろうとする人たち。
もう好き勝手やらせてもらっています。笑
$The アキノリ's blog in America
司さんが僕に買ってくれた男山のボトル。
何だかよっぱらってしまって司さんはほっといたまんま帰ってしまったので、
僕が名前を書いておきました。
その後は二次会にまた別の店に行って、
タンゴ(だっけ?)を踊りにAmu閉店後の従業員さんも含めて
一緒に踊ってきました。
いやぁ、踊りって難しいね。
ダンサーさんの表現力とか、身体の使い方とか、
すんごいなぁ、、、、、、、。
そのお店も2時で閉店してしまったので、
Pearl Stをブラブラ歩いていたら、
The アキノリ's blog in America
鹿の銅像に登り始めてしまいました。
最後の日だから、いっか!!っつーことで。
普段は素通りするんですけどね。
The アキノリ's blog in America
途中落ちそうになりながらも、、、、、
The アキノリ's blog in America
ベストショット。
ユウくんもいい感じに撮れています。
The アキノリ's blog in America
そっから、あちこちで井戸端会議が始まったので収集がつかなくなり……
若干眠そうなヒトもちらほら。この時すでに3時です。
鹿で遊んでたからね。
The アキノリ's blog in America
まぁ最後に皆で撮ってお開きにしますか!!ってので最後の一枚。
一番右のおっさんは知らないヒトで、しゃべってた道で会ったヒトですが
気づいたら写真に入ってました。笑
まぁそんな夜もありかな、ってことで。
またこういった日を過ごせるのはいつの日になるのかな。
その日まで、まずは日本で頑張りましょう。
長々とありがとうございました。

近況報告

いやー、もう12月ですね。
時が経つのは本当に早い。
11月1日に日本に帰って来てから、
あっという間に2011年最後の月になってました。
帰って来てからは、日本の時差に馴染むこと最初の一週間、
翌週からはアルバイトの面接にいろんなトコに受けに行きました。
幸い、一週間後には自分の希望に近い条件での職場に巡り会い、
ココ最近の2週間はほぼ毎日、ひたすら働いてます。
朝から晩まで、テッパン焼き屋さんのレストランで
接客したり、皿洗ったり、掃除したり、
毎朝毎晩一時間半かけて職場に通ったり、
いわゆる「働く」ということをしています。
学生時代もアルバイトはしていたものの、
学校の授業、部活、トレーナー活動の次にある、
正直優先順位が低いものでした。
今回はそれが生活の中心になっているものになっていて、
ロルフィングや身体の世界には関係ありませんが
今までは知らなかったこと、学ぶことが沢山あります。
お金のこと、物流のこと、人間関係のこと、経営のこと、
その職場を取り巻く環境のこと、運営システムのこと、
職場でのルールのこと、などなど挙げればキリがないです。
今後の人生の中ではロルフィングが中心になってくるとは思いますが、
将来一社会人として働くにあたって、上記にあげたことを現時点で
肌で感じるために敢えて全く関係のない職種に身を置くことにしました。
どう転ぶかわかりませんが、今のところ気持ちもついていっているので
しばらくはこの職場での日々に流れを任せてみようと思います。
もちろん、ロルフィングという現時点では他の目標が
自分の中に常にあるから他のことも頑張れる、というワケではありますけど。
職場の土地柄として、外国人がよく訪れるので英語を話す機会が溢れているのも魅力。
パッとアメリカ人に質問されてもそこまで困っていない状態を保てているので、
日本にいながらも英語を使う緊張感の中で生活できています。
そんなこんなで気づいたら一ヶ月、といった感じでしょうか。
そのアルバイトの傍ら、トレーナー関係の講習会にも参加してきました。
一つは「コアトレーニングフェスタ」
The アキノリ's blog in America
講師に以前からお世話になっていた方々がいたのと、
久しぶりの日本での講習会はどんな雰囲気なんだろうか、
とのことでたまたま休みだと分かった2日前に申込しました。
The アキノリ's blog in America
講師の中には、共通の知人がアメリカのデンバーで
ヨガインストラクターとして活動している方もいて、
何だかヒトの縁って不思議なもんだなぁ~、と勝手に思っていました。
一日かけて3コマ+1つの基調講演と、
久々のトレーナー講習会に沢山のエネルギーを頂きながら、
かつ今までとは違った見方で会を見ている自分がいました。
トレーナーとか職種関係なく、また出会いたいな、という
方々にも沢山お会いすることができましたし。
The アキノリ's blog in America
スタッフの皆様、講師の皆様、そしてお会いできた参加者の皆様、
素敵な時間をありがとうございました。
そして、先週末は3連休をとり大学時代のふるさと愛知県へ。
2年前、自分が実行委員長として関わった、
「中部学生トレーナー交流会」にオブザーバーとして参加するためです。
The アキノリ's blog in America
夜行バスで東京からきたので、まずはここでゆったりまったり。
学生時代もよく使ってたな~、便利でした。気持ちよかったし。
The アキノリ's blog in America
2つの講演、グループディスカッション、他のオブザーバーの方々との出会い、
そして「夢~叶えるプロセス~」というテーマのもとに、
様々な意見を交換しました。
The アキノリ's blog in America
中京大学の先輩の講演、プロチームでトレーナーとして活動されている
方の貴重で歴史のあるお話、一学生にもどったような感覚でした。
The アキノリ's blog in America
その一方で、自分はもう学生じゃないんだ。オブザーバーなんだ、と。
立場が変わるとまた見え方も変わっていて、この交流会自体の
見方もまた違うものとして自分の中に移ってきました。
また、こういった場でエネルギーをもらいたいな。
学生の元気そうな姿をまた見れて、素直に嬉しかったし、楽しかった。
The アキノリ's blog in America
会が終わってからも、学生スタッフをねぎらうためにOBと会場へ。
いや、本当に頑張って準備してくれていたんだなぁ、としみじみ。
自分たちの時もここまでできていたのかな?
$The アキノリ's blog in America
まぁ最後まで皆が笑っていたのが何より印象的。
きっとこの後は朝まで狂うように飲んでいたんでしょう。
本当にお疲れ様でした。
The アキノリ's blog in America
そんな彼らに負けずに、OBの僕らも飲んできました。
久々に会って表情が変わっているヒト、いろいろ感じながらも前に進もうとしているヒト、
悩んでいて表情に曇りが見えるヒト、などなどいて、
皆もいろいろ考えて、感じているんだなぁ、と話を聞きながらみてました。
自分は久々に会っても、久々に会った気がしないねぇ~、
とよく言われますが、どう見られているんだろうね?
The アキノリ's blog in America
次の日には、大学の同級生の家族とご飯。
今年の夏にも訪ねましたが、元気そうで何より。
The アキノリ's blog in America
前からも思ってましたが、すっかりパパとママの顔です。
息子さんも相変わらず成長著しい。
よーメシを食いますね。
その後は、学生時代からお世話になっているアスレティックトレーナー・治療家さんを
訪ねに赤池の治療院に御邪魔してきました。
ロルフィングのセッションもさせて頂き、久々に味わうこの空気、
やっぱりヒトに、身体に関わる仕事って素敵なんだな、と改めて感じてました。
いろんなフィードバックも頂きながら、そしてこの経験自身が自分の今後を
支えてくれるものになるんだなぁ、と思いながら、夜の名古屋へ。
The アキノリ's blog in America
駅まで歩いていたら、こんな素敵な夕焼けが。
コロラドでもそうでしたが、やっぱり自然には癒しの力がありますね。
The アキノリ's blog in America
すっかり街はクリスマス、年末モードなんですね。
その夜は、大学4年のときに1年関わった、
女子ラクロスチームの選手達とご飯を食べてきました。
初めてトレーナーとして女子選手を相手にし、
やったことのない競技でトレーニングを組んだ印象深い場所。
学ぶことが沢山あったし、僕もいろんなことを伝えられた気がします。
今後はどうなるかわかりませんが、少しでも何か力になれたら良いな。
The アキノリ's blog in America
なんか素敵な道ですよね。
The アキノリ's blog in America
最後は皆でパシャ。
新しい出会いもあって、刺激を改めてもらえた夜でした。
また名古屋で飲もう~ねー。
最終日は、昼は友人が働いている会社の事務局に挨拶。
3年前から、事務所の移転からご縁がある場所だったので
久々にお会いして顔をみせることができて何より。
新しい方々もいらっしゃって、そしていろんなお話を
してくださる方もいて、行ってみて良かったな。
いきなり行っても、家に来たみたいで迎えてくれた皆様にも感謝。
夜は、名古屋でロルフィングをやられている方々、そして
その方々とも親交があってパーソナルトレーナーとして
活動されている大学の先輩と一緒にお食事。
共通の話題が多くあったおかげで、
一気に打ち解けることができたと自分は感じています。
今後もつながって行くご縁だと思いますし、またお会いしたいな、
と自然に感じることができたのはよかったです。
The アキノリ's blog in America
初めて訪れた金山のアスナルにて。
また今度はゆっくり来たいな。
今年の年末はアルバイトの勤務と、
大阪遠征を残すのみとなりました。
ぼちぼち忘年会も入ってくると思いますし、
素敵な2011年の締めくくりとなりますように。