本音と建前

この前、久々に父親と一緒にテレビを見てた。
実家に帰って来て以来、初めてのこと。
なかなか生活リズムが合わなかったしな。
毎晩接待(?)かなんかで外で食べてくるらしい。
いいなぁ、と思ってもどーしよーもない。
そんな、最近は家にいない父親とニュースをみてて、
普天間問題についてあーだこーだと、アナウンサーが言ってました。
なんだか最近は、
「徳之島がかわいそう、
むりやり頼まれて」
みたいな流れになってますね。
大変だなぁー
でもどっかに移さなきゃいけないんだよなー
アメリカのお世話になり続けるためには。
我慢してくれよー徳之島~
とか、他人事だから思える発言をポロっとしました。
ちょっと無責任かもしれません。
そしたら、父親がですね、
「徳之島の皆がみんな、来るなって
思ってる訳じゃないと思うよ」
って。
へっ??って思ったわたし。
どゆこと?みたいに聞いたら、
説明してくれた。
簡単に言うとこんな感じ。
「徳之島はどんどん過疎が進んでて、
若手・働き手がいなくなってる島。
だから、基地を作った方が雇用が増えて
アメリカがお金を落としてくれるから
徳之島自体は潤うんだ。
ただ、基地は出来て欲しくない。
そりゃ、あんだけ反対集会とか起きてるからな。
自然は少なくなるかもしれないし。
でもその一方で、お金は欲しい。
それは間違いない。
事実、沖縄の人は基地で働いて
生計をたててる人は沢山いる。
本音と建前が混在してるんだよね。
建前的には基地反対といってても、
本音では経済効果に期待してる人もいると思う。
だから、結局どっちがいいかなんて分かんないし、
どっちを選んでもいい、悪いは出てくるんだよな。
そして、どっちも本音や建前になり得る。
だから、これは難しい問題なんだ。」
みたいな感じ。
久々に、なるほどな、って父親から学びました。
以前、中田英寿が、
「世界中で紛争がなくならないのは、
価値観・文化が違うからだと思います。」
って言ってました。
すごい的を得てるなぁ~って思ったけど、
なんだかそれで納得するのも悔しかった。
価値観が違うなら仕方ありません。
どうぞ戦争して下さい。
なんて言いたくもないし。
ただ、中田英寿は、
サッカーを通じていろんなメッセージを伝えていけたらな。
って、サッカーの世界イベント開催したり、
マスコミの前で様々な意見を交わしたり、
自分なりにできる事をしっかりやってました。
だから、みんなヒデはすごいって言うんですよね。
僕もそう思います。
僕が思うところ、
中田英寿が言ってた事も、
父親が言ってた事もきっとつながっていて、
価値観は確かに違う。
でもその中でできる事を
しっかりやる。
そして、本音と建前がある中でも、
本音の部分もちゃんと理解してあげなきゃいけない。
なんでその行動を取ってるのか?
なんでその発言をしたのか?
実際の本音は?
その根拠は?
なんで??
ってとこをクリアにして。
なるべく。
もちろん社会に出たら、そうもいかないと思う。
間違ってても、続けなきゃいけないこともある。
生きていくためには。
でも、その本音、というか本質の部分を
しっかり理解した上で行動しなきゃね。
じゃなきゃ、楽しく生きてらんない。
どんなに苦しくなっても、
それは忘れずにいたいと思います。
って、社会にまだ出ないフリーターが
あまいこと言ってみたり。
はい、バイト落ちました( ̄◇ ̄;)
次はどんな仕事狙ってみましょ~か、、、、、
iPhoneからの投

らく~に

何だか自分のブログを読んでみると・・・・・・
長っΣ(゚д゚;)
って。
思ったので。
もっと気を抜いた文章を
書いてみよっかな( ̄∇ ̄+)
それはともかく・・・・・・・
バイトの採用連絡が来なーーーーーーーーーいい!!!!
落ちたんでしょうか?
明後日からなのに。
働かんとね。さすがに。
携帯電話さま、お願い(-。-;)

かじり脳科学

最近英語の勉強がはかどって
・・・・・おりません。
一時休憩、といったところかな。
先週までは調子良かったのに~
やるぞ!!って言っておきながら実は
あんまり取り組んでない自分に自己嫌悪・・・・
毎日、最低2,3時間は取り組んではいるんだが。
なかなかペースがあがんねぇ。
どうしたものか。
なんて言ってる暇あったらやれって話。
でも、何だかなぁって気分。
いきなりなんだこいつ??って書きながら
自分でも思ってしまうこのダークな文章。
でもね。
これが今の自分なんです。
まだ英語を勉強できるルーティーンが
生活の中に組み込まれていない感じ。
そんなに強くないんだな、やっぱ人間って。
いや、俺か。
ただ、
そんな毎日はだめだよ!
って言ってるもう一人の自分はいます。
心の中で話しかけているんですね。
以前だったらそんな客観的な自分はいなかったかな。
そういう意味では成長成長。
って低いレベルで感心してるのもなんですがね。
もうちょいで、行動している自分になっているかな。
なんかね、脳科学の研究をしている
苫米地さんの本を最近読んだんですが。
非常に面白いこと書いてあって。
過去の経験があって未来の自分は作られるんですって。
・・・当たり前すぎましたか?
でしょうね。
でも、いざ考えてみればそうだなって。
例えば、トラウマなんかがあると、
それに関する行動が出来なくなるとか。
世間でまた流行っているテリたまバーガーを昔食べたときに、
何でか分らんが吐いて以来、
マック+玉子の組み合わせは避けてきたわたし。
また、おいしいラーメン屋さんにはまた行きたくなりますよね。
そうやってお金がないのに外食を繰り返すわたし。
そんな感じで、積み重ねを繰り返し毎日は作られています。
ラーメンを食べたいからラーメンの情報に敏感になり、
世間で話題になっているラーメン屋に行きたくなる。
興味があって初めて引っかかるんですって。
確かに女性用品が特価で売ってる宣伝がネットであっても
見向きもしません。女性ではないし、関心がありませんから。
でも、行きたいラーメン屋の割引券が
街中で配られていたら迷わず受け取りますね。
ないかな。割引券。
つまり、昔の経験があって、それが頭の中にフィルターを作り出し、
それを基に未来の選択、決断を人間は繰り返しているらしいんです。
苫米地さんが言うには。
ということは、今のこの決断、選択も昔の経験が基になっている。
勉強しないのも過去にいい思い出がないから。
逆に、いい思い出があったら続けられるんだろう。
したい、って思うんだろうな。
しなきゃ、って思ってる時点では、
やっぱり吸収も効率よく行きません。
じゃ、したいって思うにはどうすればいいのか。
それには、それに取り組むことによって楽しいものが生まれる。
そのように脳が感じればいい。
じゃ、感じるには?
自分の脳に刷り込むんですね。
その方法は、人に話したり、ノートに書き込んだり、
心の中で思ったり。
ちなみに、これをセルフトークというみたいです。
人は一日5万回セルフトークを繰り返しているんですって~
自分は勉強がしたい。
勉強がしたい。
したい。
って、心の中では言うようにしてます。
正確に言ったら、英語を喋れるようになりたい、かな。
そうやって、自己の声を発信・伝達することによって
自分の意思を頭に刷り込んでいく。
その一環で僕はブログを書いてます。
だから、結構まじめなことが多いかな。
こうやって自分の考えを整理してるんですね。
面白い文章を書く人のブログは沢山ありますが、
僕はそうなれないと思う。
根が真面目であるのは、僕をご存知の方には分っていただけるだろうし、
それをごまかしてまでこの場を取り繕うのは僕のやりたいことではない。
ここで自分と向き合って、どうにかこうにか
前へ進んでいってるんだと思う。
ま、最近は毎日おんなじことの繰り返しだから
こんなことしか思いつかないんだけど。
でも、こうやって自分と向き合うのも
何だか楽しい。
悪くないもんです。
明日はどんな思いが浮かんでくるか楽しみです。

22"50'

このタイトルはある曲の名前です。
僕も最初は知りませんでした。
それは、「クリスマスの約束」っていう番組の中で発見しました。
小田和正が毎年、クリスマスに行っているライブの特集なんだけど。
先日、再放送していたのを母親が録画してくれていました。
とにかく。いやぁ、ホント良かった。
マジで。
感動しちゃって、思わず泣いてしまった。
音楽を聴いていて泣いたのは、初めてかも。
しかもテレビ越しなのに。ライブではなく。
小田和正が芸能界のミュージシャンに手当たり次第に声をかけて、
「一緒に素晴らしい音楽を作らないかい?
皆でひとつのものを作り上げないかい?」
って、単純な思いから始まった企画なんですが。
これに賛同したアーティスト達が集まり、
小田和正がそれぞれの持ち歌をつなげてメドレー化し、
一つの楽曲を皆で歌い上げる、というものでした。
その楽曲が、
「22″50′」
その楽曲が22分50秒であるからだそうです。
参加したのは、
スキマスイッチ、いきものがかり、清水翔太、JUJU、
平原綾香、キマグレン、Aqua Timez、
などといった若手から、
藤井フミヤ、財津和夫、鈴木雅之、松たか子、
STARDUST REVIEW、山本潤子(翼を下さいの人)、
・・・・・・・・・・・・・・
などなど、書ききれない位の人たちが集まって、
一個の音楽を作り上げてた。
これを作り上げていく過程やリハーサルなんかの映像もありました。
その中には総勢30名、スタッフ入れると
60名くらいいるんかな?っていう人たちが
音楽に対する考え、思い、またこの会に対する目的、
動機についていろいろ話し合ってた。
文句(?)や意見、この企画自体に対する疑問まで出てましたわ。
もちろん、こんだけの人がいたらそりゃ思いも交錯しますよね。
妥協というものをなかなかしてない人たちの集まりですから。
簡単にしてたら芸能界では生き残れないだろうし。
それを小田和正は一つの作品として、皆をまとめあげた。
もう、僕からしたらすごいことすごいこと。
僕も大学ではトレーナー部会の代表として
100名近くの学生達を率いていましたが。
でも、リーダーだった、って感じはあんまりなかった。
ただ、やりたいようにやってた。僕じゃなく、皆が(笑)
そのまとまらない感じ、ほころび、修正をちょいちょい僕がしていた、
って感じの代表でした。今振り返ると。
でも、小田和正のまとめ方は、ただ単純に、
「参加してる皆が面白いか?どうなのか?」
という思いを大事にしてた。
それがあったら、しっかりしてたら、
きっとどんな困難も乗り越えられる。
そう思っていたんでしょう、本能的に。
ていうか、それがなかったらやる意味ない、
って思ってたんだと思う。
その思いを皆が理解してくれたからこそ、
成功できたんだと思います。
こうやって、ひとつになった音楽を提供して、
本人達も楽しんで、観客たちは感動した。
もちろん、やっている本人達、
そして小田和正が一番感動しているんでしょうね。
何か一つのものを作り上げる、
っていう素晴らしさを改めて感じました。
社会に出てからも、チャレンジしてみたいなぁ・・・・
頑張りましょ!!
あ、もし観たい方いらっしゃいましたらいちお、連絡ください。
まずは検討、ってことで。
有料で発送する・・・・・かもしれません。
しないかもしれません。
でも、ほんと良い曲です。
是非、一度お聞き下さい。

自分に賭ける

最近の私はね。
やたら自分とお話してるんですね。
何でか、っていうと時間があるから。
いやいや。
もちろん英語の勉強もしてますよ。
進み具合も順調で、いいペースと我ながら思います。
なんとなく、英語の特徴を改めてわかった気がしてきた。
こんなフレーズが繰り返されるんだな、
文脈からするとこの文は大体こんな意味なんだろうな、
ここをちゃんと聞いておけば意味は理解できるな、
なんて。
少しずつ昔の英語感覚を取り戻してきた模様。
おっしゃ、頑張ろう。
って思っていても、やっぱり集中力が続かない。
最近読んだ本によると、どうやら人間って30分くらいしか集中力ってもたないみたいですな。
もちろん、6時間近く集中できるよ!って仰る方もいると思うんだけど、
おそらく30分近く集中したらどこかのタイミングで自然とOFFになって、
自然とどこかのタイミングでONになっているもんだと思うんだす。
その切り替えを意識しているかしていないかは別にして。
この内容を理解したとき、確かに!!って思ったし、それと同時に勉強が続かない原因、
これいい方法じゃね?って思って、意図的に休憩を挟むことにしまして。
一単元、8ページを45分くらいかけて終わったら、15分休憩。
休憩時間はネットサーフィンしたり、好きな音楽聴いたり、メール返したり。
でも、15分経ったら、また次の単元に移って集中。
上手いこと自分でON・OFFを切り替えられています。
まぁ、何回か繰り返してたら、
おぉ、結構進んだな今日も。
って感じで実家に帰っているここ最近の毎日です。
ま、そんな休憩時間にね、たまぁに自分の将来のことも考えるわけです。
同期の皆は働いているし、はたまた高校の同級生には社会人2年目の人もいるわけで。
そんな中、毎日実家でメシ食って出かけて勉強して帰ってテレビ見て風呂入って寝て。
何だ、この生活感の差。
俺ってこの後どうすんの?どうやってメシ食っていくの?
って思っているんですが、何とも答えが出ません・・・・・・
ま、やってみたらわかるでしょ!!って軽い気持ちでいられるのも今のうち。
早く働かないと、と思いながらもアメリカへの道を決断したわけで。
あ、言うの忘れてた。
すっきりしたんで、ちゃんと言いますが、
今年の6月からアメリカのコロラド州・ボルダーに行くことにしました。
元々行く予定だったんだけど、実は3月末にむこうの学校に一度断られて。
というか、今来ない方が君のためだよ、って感じだったんですが。
理由は、語学力。
僕が行こうとしている学校は専門学校で、
英語に難がある人に対しての配慮なんてそんなない。
と思う。
なので、
英語のスキルが上がったらまたチャレンジしに来てくださいね!!
って、言われたんです。
そか~
今行っちゃいけないのか~
って思う反面、どこかほっとしてた自分がいました。
どう考えたって、自分の前にあるのは困難ですもん。
アメリカに行かなくてもいいのか、なんて思っちゃいました。
でもね、やっぱりそんな僕の心の中を見破っちゃう人はいたんですよね。
って言っても、私の親なんですけど。
「何で語学力をあげてチャレンジする、って思えないんだ?」
って電話越しに言っていただきました。
確かにね。
それが決心ついた人間だったらそう思うのは当たり前なんです。
でも、やっぱり不安だったんです。
大学を卒業する、社会に出る、って年齢になった今、
前が見えなかったんです。
でも、そんな中見えてきた小さな光、アメリカでの勉強。
今行かないでいつ行くんだ!!!
って思い直したら、なんだかすっきりしました。
ようやく覚悟が出来てきました。
なので、まずはアメリカの語学学校で英語力をUPさせ、
その後に専門学校にトライすることにしました。
語学学校に6~8月、10月から一年半ほど専門学校で。
これが今描いている青写真。
あと二ヶ月は国内で準備&勉強。
明日、留学について相談してくるので最終決定はそれ次第かな。
そんな、自分の思いを書いてたら、
今、NHKの「こころの遺伝子」って番組でアンジェラ・アキが、
「自分に賭けてみなさい」
っていう合言葉を口にしてたそうです。
なんだか今の自分の境遇にばっちり合ってるのはなんだか不思議。
頑張りましょう!!皆さん。
僕も、自分に賭けてみます。

脱・ニートしたい

実家に帰った僕には、自分の部屋がありません。
大学で一人暮らしを始める際に、妹にのっとられてしまった。
なので、帰っても一人で落ち着ける場所がありません。
だから家のリビングにあるコタツでまったりしながらテレビ見てるんです。
バラエティやスポーツ番組を朝から晩まで。
その状態で、パソコンでネットをいじいじ。
そのまま気づいたら深夜になって、
次の日は昼過ぎに起きる。
そんな毎日を繰り返し・・・・・・
いかんいかん。
このままでは。
ただのニートではないか。
もうちょっと人間らしい生活しないと!!
アメリカ行くんだし。
たぶん。
行きます。
という訳で、昨日は勉強スペースがない自宅を飛び出し、
最寄り駅近くのマックへ。
意外と勉強はかどるもんですね。
220円で6時間。
コーヒーも3回おかわりしちゃった。
マックチキンも復活してくれて助かったわい。
いい時間となりました。
そんなこんなで、その後に久々に高校の同級生からの集合に駆けつけ。
最初は4名だったけど、最終的には8名の団体に。
しかも、夜中の2時に先に帰った俺んちに押しかけてきた。
4人乗りの軽自動車で。
完全に定員オーバー。
トランクに3人詰め込まれていました。
ま、そんな無茶なメンバーが集まったらうるさくなりますわな。
深夜なんて関係ない。
むしろ、この時間帯がゴールデンタイムみたい。
酒入ってないのが大半なのに、めちゃ元気。
やっぱり騒がしくなってしまい、そうこうしてたら親も起きてきたらしく、
携帯に着信が・・・・・・・・
「誰が来てるの?何時だと思ってんの?」
ホントにニートみたいに夜遊びしてる、って勘違いされた気がする。
すんません。。。。。。
楽しかったけどね♪
また遊びましょう~
では、今日はスタバで勉強かな。
行ってきま~す!

明日から東京♪

という訳で,今大阪にいまふ。
昨日で愛知県に別れを告げました。
そして明日には東京に帰るんで。
長かった大学生活、4年間ってあっちゅーまだったなぁ。
野球部のトレーナーとして悪戦苦闘した3年間、
大学のトレーナーチームの代表として
100人近い団体の長をヒーヒー言いながらやり抜き、
進路を大きく悩んだ大学生活最後の一年間。
どれもこれもなんだかんだイイ思い出だな。
どうもお疲れさまでした。
家を3月30日に引き払い、そこから名古屋の友人宅に居候すること6日間。
もう最後だしな、って事で4日連続で飲んで愛知県生活を締めました。
一昨日なんかは、
1. 17:30~20:30 世界のやまちゃんで手羽先食いまくり
2. 21:00~23:30 結婚式二次会でパーティ
3. 0:00~3:00 居候宅近くの居酒屋で3次会
こんなはずじゃなかったのに~(泣)
サイフすっからかん、おなかちゃぽちゃぽ。
そのまま昨日も結局飲んでしまったし。
今日もお腹痛いです、ゴロゴロいってます。
セイロガンが必要です、この体調には。
でも、ホントに素敵な時間でした。
やっぱりお酒の席での話は盛り上がるなぁー
そして、ここで出会った人たちにはめっちゃエネルギーもらった。
この4日間に指導者どうしの勉強会があり、
そのことで愛知滞在をのばしたんですが、
技術、知恵、考え方、実践力、社会、ビジネス
そして何よりどうやって生きていくのか、そのヒントを沢山頂きました。
ワクワクしてきました♪
さて、そろそろ夜行バスの時間なので。
一応、予定では4、5月は東京の実家でニートします。
その後は、、、、、また決まったら言います。
決まりますように・・・・
では、新年度も頑張っていきまっしょ!
てか、大阪って外国人多いな。
道頓堀ってどこ??って聞かれましたけど、、、、
わかりません。
コロコロ転がしてる旅行者に質問しないで下さい。

2010年作成「未来予想図」

2010年!!
明けましたね!!
新年、おめでとうございます!!
昨年はいろんな方にお世話になりました。
ありがとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
さて私は昨日、新年早々に宿題を提出しました。
名づけて「未来予想図」。
将来の自分がどうなっているか、どうなっていたいか、というのを
文字にして、ビジョンをより明確にするとともに夢を達成しよう、という試みです。
先の日記であったJCCAから出された宿題です。
自分の夢、将来って明確に意外となっていないんだな、って改めて思いました。
まだ学生だからいいじゃんかぁ~~、って思いがちですが、
結構この作業楽しかったです♪
・・・・と同時に、何だか書いてあることに向かっていくためには、
まだまだ足りないことだらけ、って思いましたね。
こういった機会にも感謝ですな~。
良かったら、将来設計に参考にしてくださいませ!
きっと背中を押してくれる存在になること請け合いです。
では、行きます。
ちなみに、長~~~~~~~~~~~~~~~~~~いですよ(笑)
飽きたら、一回休憩して、そんでまたお願いします。
********************************************
僕は大学4年間の内、硬式野球部で3年間、女子ラクロス部で
1年間学生トレーナーとして指導の勉強をしてきましたが、
その活動の中で、
・「セルフコンディショニング」
・「ロルフィング」
・「教育」
・「スポーツ」
といった4月つのキーワードが僕の心に深く残っています。
それらを上手く(?)組み合わせた僕なりのmissionは・・・
☆スポーツを通じて感動を与える選手のサポート・育成する
☆セルフコンディショニング、ロルフィング
などを通じて自己で身体を扱うことの大切さを伝え、
人間教育・人格形成の一環となることを目指す
☆セルフコンディショニングとロルフィングを
融合させた、○○メソッドを作り、提供する
☆学生を始め、まだまだこの分野について未知な人達
への普及・教育活動を行なう
これらを中心に、僕の未来予想図を下記に書いていきます。
(↑未来予想図って、どなたか書いてましたね。
いい言葉だなぁ、って思ったので僕も使っちゃいます!!)
■10年後(2020年、33歳)には・・・・
コンディショニングトレーナーand教育者andロルファー
の3足のわらじで多くの人々に関わって
幸せな日々を送っている
具体的には↓
◆プロもしくはアマチュアのスポーツチームで
セルフコンディショニングの普及を中心に、
また後進トレーナーの育成も行いながら
サポートを行っている
◆高校、もしくは大学での身体・体育に関わる授業を
複数の団体で持っている
◆学生のスポーツチーム、学生トレーナー団体を
サポートしている
(コーディネーターorアドバイザーみたいな感じ)
◆学生、学生指導者向けの講習会を月に一回以上
行っている
◆Myスタジオでロルフィングとセルフコンディショニング
を融合させた○○メソッドが完成しており、
毎週定期的にセッションをしている
◆二週に一回は指導者同士で飲み、お互いのビジョンを
語り合ったり、情報交換したりと、とにかく楽しむ♪
◆上記のMyスタジオ兼、飲食店を経営し、
仲間達が一同に集まれる、そして大勢で楽しめる場を作る
■そのために5年後(2015年、28歳)には・・・・
3足のわらじの基礎、土台が出来ている
具体的には↓
◆JCCAマスターになっている
◆筑波大学院を修了し、日本体育協会ATを取得している
◆学生のスポーツチーム、学生トレーナー団体を
サポートしている(インターンもしくは契約)
◆学生の指導者団体をサポートしている
◆Myスタジオを立ち上げる
◆ロルフィングの認知が広まり、不定期ながらもセッション
を繰り返し、また○○メソッドの形が見えてきている
◆高校、または大学の授業を持ち始めている
◆月に一回は指導者同士で飲み、お互いを高めあう
■そのために3年後(2013年、26歳)には・・・・
3足のうち、ロルフィングを学ぶ段階が一通り修了し、
セルフコンディショニングの学びに移行している
具体的には↓
◆帰国し、ロルフィングのセッションをしながら筑波大学院に通う
◆大学の授業を見る、行なう
◆ATカリキュラムに入り、インターンで多くの人に関わる
◆学生達と接点を多くもつ
◆JCCAアドバンストレーナーになる
◆JCCAのセミナーに数多く参加し、アウトプットしまくる
■そのために1年後(2011年、24歳)には・・・・
ロルファーになる
具体的には↓
◆ロルフィングの過程を足踏みなく修了する
◆英語を話せるようになる
◆ロルフィングのセッションを繰り返し、アウトプットする
◆アメリカに住みつき、アメリカ文化と自然を楽しむ
◆現地の指導者、ロルファーと交流し様々な価値観を知る
■そのために半年後(2011年、23歳)には・・・・
ロルフィングのプログラムを開始している
具体的には↓
◆アメリカ、コロラド州ボルダーに住み、
ロルフィングプログラムを受ける
◆英語を勉強する
◆アメリカに慣れる
◆日本の指導者との連絡を続ける
◆日本人にも、現地の人にも自分の思うところを話す
◆朝礼メールを続ける
■そのために私は 毎日の生活でこれを身につける。(磨く、伸ばす、)
具体的には↓
◆朝礼メールを続け、自分の思いを掘り下げる
◆バイトをし、渡米資金にする
◆様々な人と積極的に関わり、学びを深める
◆英語を勉強する
◆未来予想図を毎朝みてビジョンを確認する
◆アウトプットと言われなくても、出来ているように常日頃から意識し、
無意識化できるようにする
************************************************
以上です。
では、2010年もよろしくお願い申し上げます!!

何だかなぁ・・・・

いろんなところで行き詰っているなぁ、と感じる今日この頃。
たとえば、普段の生活。
授業がほとんどないから時間は余ってます。
ただどうでもいいことに時間を使ってる気がします。
DVD鑑賞だったり、再放送の白い塔見たり、ネットサーフィンしたり。時々ミヤネ屋見たり。
バイトしようと思っても、人手が余っているのかなかなか入れず。
お金もどんどん減っていく。
時間もどんどん減っていく。
社会人になる日は近づいているのに。
そうだ、進路も行き詰っています。
周りの皆がどんどん決まっていく中、方向性も定まっていない僕。
でも焦っていない自分もいます。
どうにかなるんだ、とどこかで思っているんでしょう。きっと。
何事も準備が大事っていろんな方が言っていますが、
半年後、一年後、十年後の自分のイメージがなかなか沸きません。
考えようと思えば考えられると思うんですが、気が進まない。
何が悪いんだろうか、とは自分ではわかってます。
自分の特徴は、優柔不断だと思ってます。
いい風に捉えれば、
様々なことに耳を傾ける。いろんな考えを吸収する。
悪い風に捉えれば、
自分の意見がない。流されやすい。優柔不断。
今まではいい風に回ってきましたが、今はちょっとそれが足枷になってる気がします。
この特徴は正直自分では気に入ってます。
お陰様で様々な人にお世話になり、
愛知に来ても沢山の友人や先輩、後輩、先生に支えられることができてます。
でも、その一方でこの優柔不断さを克服しないことには自分は成長できない気がする。
何だか自分に自信を持てないまんまだと、人生損した気がしますし。
人生の中で、ふとした時にでまた同じ失敗、同じ思いをすることになると思う。
焦ってもしょうがないのはわかってます。
ゆっくり考えることが必要なのかな。
長年かけて形成された自分の特徴はそう簡単には直らない。
でも向き合わないと。
ブログに書いてアウトプットしたので、明日からは何とか前向きにいける気がします。
・・・・どうだろうか笑
さぁ、踏ん張りどころです。
ゆっくりいきますが暖かく見守ってください。