1st weekend

今日でアメリカに来て、早くも一週間が過ぎました。
一週間過ごしての感想は、、、、、、、
やっぱり来てよかった。
英語って問題はあるにしても、
正直、そこまで困っている訳ではないし、
人と話せたり、意思を疎通し合える瞬間がこんなにうれしいなんて、
英語っていうものにチャレンジしないとわからなかった。
当たり前のことが当たり前にできることは大事だけど、
それが当たり前になりすぎる、当然と思ってしまうことは
とても怖いことなんだな、と改めて感じました。
それが当たり前になってしまったとき、
見えなくなってしまう瞬間がきっとあるから。
親のありがたみ感じるのは一人暮らしを始めたときのように。
ずっといて、当たり前だったらありがたみを感じにくいですよね。
そういう意味では、いきなりアメリカに来てロルフィングの学校に
僕は入学をしなくてよかったのだと思う。
語学学校→ロルフィングの学校、この手順でよかったのだと。
他の人だともちろんいろいろと違ってくると思いますがね。
いずれにしても、英語の勉強で改めて見えてくることが
たくさんあることに気づけてよかった。
そういった学びの瞬間って好きだし、
何より楽しいから、ますます頑張れますね。
さてさて、今週末はいろいろありました。
まず金曜には語学学校の日本人から飲みに誘われ、
行ってみたら、日本人4人、韓国人1人、ブラジル人1人、
イタリア人1人、サウジ1人、現地の日本人友達1人、
といった多国籍飲み会でした。
懐かしのビールに始まって、ウイスキーのショットのオンパレード、
そしてもちろん全てが英語の中での宴会。
でもみんなお酒が好きなようで、アメリカのポピュラー音楽をかけて
室内カラオケしながら競い合うようにウイスキーを2、3本空けてました。
次の日に二日酔いになったのは言うまでもありません。
そういった次の日に限って、予定がつまっていました。
しかも学校の課外活動みたいな感じで、
渓流下り、いわゆるラフテイングに行ってきました。
おなかの中身が出ちゃうよ~~~と思いつつも、
初めてのラフテイングだったので超楽しみにしてました。
でも前日までは晴天続き、しかも一昨日は36度あったDenverで、
なぜかみぞれが降る中のラフテイング。。。。。。。。。
鳥肌さまが至る所に顔を出しておりました。
夏なのに、、、、
山の天気は本当に気まぐれなんです。
2時間以上も下っていたので、みんなガチガチに固まっていました。
そして、終わった頃から晴れてきました(笑)
でも良い思い出になったのは間違いありません。
ラフテイングが終わった後、近くの町、Boulderに移動して
大学時代の先輩、大友さんと日本料理店で飲みました。
ちなみに正確に言うと、飲んでません。
慌てて移動したので、パスポートを忘れお酒を出してもらえなかったんです。
アメリカにおいて、お酒を飲むには21歳以上(州によって違う)を示す身分証明書を
常に提示しないとお酒を飲むことができないんですね。
留学生にとっての身分証明書は、パスポート。
アメリカにいずれお越しになる方、お酒を飲みたいならパスポートを忘れずに。
僕みたいに、一人お水でヘルシーな夜を過ごすことになります。
ま、そんな中でも大友さんと楽しく、そして大友さんのクラスメイトである
イトウくんと3人で仲良くおしゃべり。
そう、同じ名字の子と出会ったんですね。
初対面でしたが、アメリカで4年間もまれているだけあり、
話す中でいろんな面を見させていただきました。
お店が終わった後も3人で大友さんのホームステイ先にあがりこみ、
深夜までトレーナーのことからしょうもないYoutubeの動画談義、
そして近況の報告などをし続けていました。
イトウくんが帰った後も、ベッドに入った後に大友さんと延々語り合い。
家に帰ってきたのが11時くらいで、4時半位までしゃべっていたのだろうか。
大友さんが話すこと話すことが僕の最近の思考にリンクしていて、
そしてその中での自分の思いを出すこと3時間。
とっても充実していた時間だった。
正直、昔から大友さんが言うことはいつもぶっ飛んでいるって思っていたけど、
昨日はなんだか似た思いを共有できたと僕は勝手に思っていました。
その中でもそれぞれが思う将来像は違うし、
それぞれの課題は違う。
自分がやりたいことを達成するために、いろんな課題を解決していきながら
人は成長をしていくと思いますが、今回はロルフィングっていう課題を
学ぶタイミングがたまたま重なっていただけ。
そして、終わった後はまた違った道にお互い進んでいくんだろうな~
それぞれが思う方向に、それぞれのタイミングで、それぞれのスピードで。
ロルフィング以外に昨夜改めて感じた僕の課題は、
表現力。思うことは出来るけど、表現が下手。
もしくはしない。
だから自分の中に溜め込み、破裂する。
それを大学時代にたくさん経験してきました。
そういった思いをしてきたから、それを治そうって気づけたんですけどね。
まだ一週間しか経っていないけど、
来てよかったって思えている理由の一つに、
表現力を養っていけてる実感があります。
アメリカでは挨拶も元気にするし、喜びも人一倍。
W杯で負けたら本当に悲しむし、悔しがる。
そういった環境に影響され、僕の表現もオーバーになるし、
思いも勝手にどんどん溢れ出てくる。
それが英語っていうツールを使って
口から出て行くと身体もかわってきます。
現に、最近やたらと涙もろい。
ちょっとしたブログの一言、誰かの優しさを感じるときに、
泣いている自分がいました。
以前なら考えられない身体の反応でした。
涙もろいことを知っている大学の友人はいますが、
以前の比じゃないくらいいろんな思いが溢れ出てきています。
3リットル分の思いを1日かけて出していたのが、
10リットルの量に増えて1時間で放出しきってしまい、
その上にまた思いが湧き出てくる感じ。
身体的にも精神的にも、
かなりsensitive、感覚的になってきました。
良い悪い別にして、変化を感じられているのは
楽しみな傾向と僕は思っています。
そういったキッカケは確実にロルフィングが終わってからだし、
アメリカに来てからその傾向がますます強くなってきている。
一ヶ月したらどうなっているんだろうか。
楽しみだな。ちょっと怖い部分もあるけど。
また今週から頑張っていきましょう。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>