3年 Three years have passed

今日は8月8日ですね。
世間ではいろんな記念日だったり、誰かの誕生日だったりで
ハッピーな話題が多い一日になっているそうですが。
この日を迎えると思い出す事があります。
Today is August, 8th which are one of the cerebration day of something or someone’s birthday which have happy meaning in the world.
But I have one of the thing which reminds me kind of sad every year.
3年前、僕が大学3年生のころ、当時所属していたトレーナーサークルの
活動内で、ある後輩が命を落としました。
原因は熱中症。
熱中症にも様々な種類、程度がありますが、
彼の場合は最も重度の状態でした。
指導者を目指す団体として、指導の現場で起きてしまった事故。
いろんなことも言われましたが、遺族のお母さんが
「今後も是非活動を続けていってください」
との、罪の意識で苦しんでいた自分を含めた学生達を
本当に救ってくれる一言をくれました。
それの言葉と同じくらいに、お母さんの暖かさが本当に心に染みました。
Three years ago, when I was junior year of the university and joined in athletic training club, we lost one of a junior student in activity.
The cause was heat stroke.
There are many kinds of type and degree of that, but his situation was most heavy and serious.
It was happened under the activity which the people who want to be athletic trainer or educator
were practicing how to handle with physical and health.
After that, some of the people said something which were kind of harming to us, but the mother of the bereaved said to us that,
“Please carry on your guys study, don’t stop and quit for going ahead”.
That mention saved us from the feeling of guilt truly.
At the same time, her warmth were borne in on our mind so much.
当時、学生代表をしていた僕は何とも言えない日々を送っていました。
罪の意識ということももちろん、自分が知っている近くのヒトが
亡くなってしまった事に対してもショックを受けていました。
そういった中での、お母さんの気遣い。暖かさ。
当時は本当に何も言えませんでした。
「ありがとうございます。彼の分も自分のやりたいことをやって、
精一杯生きていきます。」
その思いをようやく伝えられたのはしばらく後でした。
At that time, I was a leader of that athletic trainier club, and couldn’t spend my life as same as before that accident was happened.
Not only for the feeling of guilt but also for the dead of my close people I was shocked.
Under that situation, I couldn’t say anything at all with that mother’s mention because it was so warm and including much concern about us.
“Thank you so much, I appreciate you. I want to live on my way with what I want to do truly for him”.
I could say like that only while later.
熱中症というのは本当に防げる事。
いかに体温を下げるか、これに尽きると思います。
体温を下げるために、水を飲ませて、動脈に氷を当てて冷やして、
日陰で休ませて体温の低下を待つ。
ちょっとでも異常を感じたらすぐに運動をやめる。
こういったことはとても簡単で、でもなかなか自覚がないのが現状にあると思います。
二度とこういった悲劇を繰り返さぬよう、
少なくとも毎年一回はこの事故について振り返ってみて、
彼の存在を忘れないこと、
自分がこうやって生きている事の大切さを噛み締めていこうと思っています。
We can prevent heat stroke.
How we can make bodily temperature reduce, that’s primary way to do that.
Drink water, put the ice to the artery to make it cool, wait for the temperature is going lower in a shade.
Stop the exercise and activity immediately when feel something wrong in the body.
They are so simple but some of the people doesn’t take them seriously.
Not to make this kind of accident happend again, I want to look back on this today at least once in a year, think of him and realize how important I live in my life right now.
また明日からも前を向いて生きていけるように、
今日くらいは一日このことに今一度向き合ってみたいと思います。
To be able to live with facing forward,
I want to live on today with this past.

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>