10シリーズを受け直しています【セッション①感想】

先週からロルフィングの10シリーズを受け直しています。
最近、からだに対してのメンテナンスがなかなかできていないなぁ….
なんて思っていたんですが、7月にあるワークショップに参加するため
もう一度セッションを受け始めています。
ロルファーになる前に一回、ロルファーになるクラスの中で一回、
そして今回が人生で三回目の10シリーズです。
今回セッションをお願いしているロルファーは、
二子玉川で活動されている溝辺英子さん。
日本に帰国して初めて参加した日本ロルフィング協会の
新年会でお会いし、とても柔らかく、かつ元気に
周りを明るくする雰囲気にとても安心することができ、
10シリーズをお願いすることにしました。
溝辺さんのホームページはこちら。
ロルフィングスペース「ハムフ」(http://hmf-rolfing.com/
さて、先週はセッション1を受けてきました。
ぼくがセッションを受けた感想を日にち毎に記しますね。

【セッション直後】
・足に重みを感じ、しっかり地面を踏めながら歩ける
・左の仙腸関節辺りが痛い
・上半身を立てて伸ばしていたい気分、あまり丸めたくない
・上へ伸びながら、下へも安定しているような、
 二方向性を感じる歩き方

・背中にも安定性、サポートを感じる(力を入れているワケではない)
【セッション終了後】
・お腹が空いたので帰宅中にラーメンをちょっと
 急ぎ目で食べたらお腹の中がかなり苦しい感じに
→からだが整うことで適切な量、素材のものしか
 からだが受け付けられなくなった印象
→内部からもしっかり身体の反応が出てきている感じ
・歩いて帰るときに、足音が大きくなっていることに気づく
・脚を振ったときの振動が骨盤を通じて頭の上部まで通じる感じがする
・左の仙腸関節の痛みが薄れ、左のおしり全体に広がっていったような印象
・帰宅しても、上半身をお尻(座骨)から立てていたい感じが継続している
【セッション翌日】
・上半身は相変わらず立てていたい感じ
・午前中にヨガを受け、いい感じでからだ全体に適応してきている
・左の仙腸関節の痛みはさらに薄くなり、
 左のお尻、太もも裏に広がっている感じ
・下半身のどっしりした安定感が引き続き感じられ、
 セッション2にいい感じでつながる印象

・2時間ほどのデスクワークで足(ふくらはぎ)がパンパン
【セッション後3、4日目】
・からだの感覚が全体的にだいぶ薄れてきた
・気にはなるけど、どれが正しい位置なのか、
 ラクな位置なのか分からなくなってくる感じがある
→変化がからだに馴染んできて、慣れてきた証拠であるような印象
【セッション後5日目】
・足への注意が自然と増えてきた
・足首の曲がり具合や角度が気になり始めてきた
→セッション2への準備ができてきた感じ

10シリーズのページにも書いていますが、
セッション1では普段何気なく行なっている「呼吸」
いつもよりしやすくしていくことを目的とします。
ロルフィングの一つの特徴として、
何か特別な、いつも以上の努力をするのではなく、
普段生活の中で行なわれる呼吸や歩行などを良くしていくことで
からだ全体を改善させていく

という考えがあります。
普段行なっている小さなことが自然とよくなれば、
その積み重ねで無理なくからだは良い方向へ進んでいく、
そう考えています。
何か特別なことをしなくても、
少しの意識だったり、注意を向けてあげることで
からだは反応してくれているんですよね。
そういうのはあまり実感がないので、正直伝わりにくいんですけども。笑
明日はセッション2を受けてきます。
今回のテーマは、「足」です。
今週後半から気になり始めた下半身が
これからどうなっていくか、楽しみですね。
ロルファーになったからこそわかる、
そして改めて受けることでからだに感じるものを
大切にしながら、またココで共有させてもらいますね。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>