隣の芝生は青く見える

この前、名古屋に帰ったときに
JCCAの仲間達と飲みました。
ここの人たちは、コアコンディショニングの普及を目指して、
パーソナルトレーナーや鍼灸師や理学療法士、学生など
多くの分野の指導者が活動されています。
その名古屋支部で勉強会があり、
終わった後に懇親会があったわけです。
というか、本社があるので本部ってことになるかな。
普段は20名以上になる懇親会ですが、
今回はいろんなめぐり合わせもあり
7、8名ほどの少数会になりました。
そんな中で来ているメンバーはやっぱり濃い人達。
名古屋の勉強会といったらはずせない、
常連の面々。
僕もその一員になっていると思いますが。
そういう気心知れた仲での飲み会は
また濃い~~~ものになりました。
何だかね、いろいろ深く話せるんですよね。
お互いがぶっちゃけトークするから、
皆が本音で喋ってます。
今後の活動だったり、将来の夢だったり、
勉強会の行く末だったり。
でね。
そんな話をした後は
たいていふざけた方向に話が行くんです。
さっきまで将来のこととかを話してた雰囲気なんて、
どこいったのさぁ~~!!
って思うくらい話のふり幅が多い飲み会。
でも、この積み重ねが仲の良さを生み出していくんですかね~
ま、そんな中思うことがあったんです。
先輩の指導者を見てると、
ホントにいろんな方と仲がいい。
そこの輪に入りたくても、全然つながりもないし、
ましてや、やってきたことが違う。
だから、その人たちが楽しそーに話してるのを見ると、
うらやましいなぁ~、って思ってたんです。
俺もそんな風に話してみたいって。
ブログとかで仲良さそうに
写ってるのを見ると、
普通に写ってるけどすんごい面々だな・・・・・
って思うこともしばしば。
でも、よく考えたら、
自分も周りの仲いい指導者と話してたら、
後輩の子達からうらやましいなぁ~、
って思われてる・・・・・・のかもしれません。
要は、自分もそういったつながりを持ってたんですね。
ただ、その土俵が高いか低いか。
年齢層が高いか低いか。
経験地が多いか少ないか。
その違いだけなんですよね。
大きな違いではありますけども・・・・・・
隣の芝生は青く見えるって言いますしね。
10年後、20年後と
うらやましいなぁ~って思われている
先輩になっていられるように、
近い年代の仲、絆を崩すことなく、
お互い切磋琢磨して
頑張っていけたらな。
って思えた今日でした。
隣の芝生じゃなくて、
まずは自宅の芝生をしっかり生やさないとね。
さ、英語やりますか!!
渡米まで、あと39日!!

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>