重力を感じない感覚で、自分の足で歩いていないような感じでした【体験談】

先日体験にいらしたお客さんの感想をご紹介します。
ロルフィングの真髄に感じてもらった!!
と思い、セッションが終わった後も
僕一人がずっと興奮していました。

【女性 会社員 U・M様】
1. セッションを受けてみようと思った理由は何でしたか。
友人に誘われて。
身体を整えることに興味があったので。

2. 施術者(ロルファー)に対する印象を教えて下さい。

施術の前に、セッションは全10回で毎回どういう目的でどんなことをして、
今日はその第一回でまず呼吸を整えます、
ということを簡単に説明してくれたので
これからすることのイメージを持てて良かったです。
施術中もどんな風に感じるか、などていねいにきいてくれ、
今やったことがどういった変化につながるか、
など会話をしながらだんだんわかるように
ていねいに進めてくれて良かったです。
3. 実際にセッションを受けてみていかがでしたか。
身体への変化やロルフィングへの印象など、
感想をご自由にお書き下さい。

とっても気持ちよくて、
終始半分眠っているような不思議な感覚でした。
いわゆるマッサージとかみたいな強い刺激ではなく、
ゆっくりじっと触れる感じでこちらの身体も慣れて
リラックスしていられました。
施術後、立って歩いた時は上からワイヤーで吊られているような、
重力を感じない感覚で、自分の足で歩いていないような感じでした。
身体がまっすぐ上に伸びている感じがしました。
また受けたいと思いました。

姿勢を良くしたい、まっすぐになりたい、という声が
巷でよく叫ばれています。
でもそういった声を聞くたびに、
ぼくは姿勢が良いって何なんだろう?、と考えてしまいます。
まっすぐで姿勢がキレイな感じのモデルさんでも
慢性的に腰痛を抱えている人はいるし、
すごく猫背で背中が丸くなっていても
とても素早い動きができる怪我知らずの
プロサッカー選手だっていたりします。
ロルフィングでいう良い姿勢、というのは
「重力に沿った、自然で無理のない姿勢」
と定義されてかつ、ぼくは
「身体の内部からいろんな方向への広がりを感じられるような姿勢」
であると思っています。
ようは、身体が重力の影響を受けながらも、
上方などへ引っ張られるような感じがある状態。
今回受けに来られたU・M様は、ちょうどこの右図の
ような状態になったのだと思います。
$東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
この左図はそれぞれの身体のパーツがいろんな方向に
向いている(ねじれやゆがみがある、と表現されることが多いです)ので、
重力が好き勝手にいろんな方向に掛かってきてしまい、
それぞれのパーツをつないでいる肩や腰などの
関節辺りに負担が掛かってきてしまうんです。
ただ、それらの部分が整うと右図のようになり、
自然とまっすぐ重力が掛かり、かつ上に引っ張られているような
不思議な感覚が生まれるのでしょう。
気持ち、身長が伸びたような感覚もあったのかもしれません。
そうすると、それぞれの関節に掛かる負担も減ってくるので
痛みや不調も改善されていくという相乗効果が生まれてくるんですね。
前回のエントリーでお話しした「感覚」を出していきながら
身体を整えていくことで身体の伸びや広がり、そして
何とも言えない心地よさを感じて頂けるんでしょうかね。
U・M様、ありがとうございました。

Rolfing Relief Space(ロルフィングリリーフスペース)
東京都港区白金台5-11-2 バルビゾン20 3F
恵比寿駅東口より徒歩12分

$東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

◆ロルフィングとは
◆体験談
◆メニュー・料金案内
◆プロフィール
◆アクセス
◆お問い合わせ

伊藤 彰典
連絡先:090-1508-4012
メール:aki0120itoh@me.com
HP:http://www.reliefspace.com/

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>