身体の感覚が今まで感じたことのない感覚【体験談】

最近、カラダの専門家の方にセッションをすることが多いです。
トレーナーさんや、柔道整復師さん、鍼灸師さん、などなど。
業界の先輩で長年身体に携わっている方に
こうして何かを感じて頂けることはとても嬉しいことです。
$東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース

【男性 柔道整復師・トレーナー T・K様】
1. セッションを受けてみようと思った理由は何でしたか。
ロルフィングの手技は知っていて、興味があったので体験しようと思った

2. 施術者(ロルファー)に対する印象を教えて下さい。

雰囲気のいい、好青年!
3. 実際にセッションを受けてみていかがでしたか。
身体への変化やロルフィングへの印象など、
感想をご自由にお書き下さい。

身体の感覚が今まで感じたことのない感覚であったことが
とても印象として残っている。
筋や骨だけではなく、身体全体で重力に対して立てている感覚があり、
歩行も床反力の衝撃が和らぐ感じがする。
ストレスなく歩行ができる感覚があり、
内側と外側のバランスが整う感覚がとても良かった。

このクライアントさんとセッションをして印象に残っているのは、
ベッドで60~70分近く施術して、立ってもらったとき。
いわゆる、身体がまっすぐストンと落ちる感覚というか、
無理なく自然と楽に身体を支えている様子が見られたんです。
書いて頂いたように、身体全体で重力に対して立てている感覚というのは
今までなかなか感じたことのないものだと思います。
僕もロルフィングを勉強し始めの頃は
上手く理解できていなかったのですが、
「重力に沿って身体を動かす事ができるようになると、
身体の不調は自然と改善されていく」

という、ロルフィングの言い伝えがあり、
「重力」に対する考え方がとても大事になってきます。
いくら筋肉を柔らかくしても、ほぐしても、
その場は良いかもしれません。
ですが何より大事なのは、ほぐしたり柔らかくなった筋肉が
再び硬くならないような状態になるということ。
そうしたら、やっぱり重力に沿ってきちんと
身体のラインを整えていくしかありません。
詳しい説明はこちらの中段に載せてあります。
身体が重力に沿っていくと、
内側からも身体を動かしているような感覚が生まれてきます。
身体の外側の部分はモノに触れたり、見ることができるので
意識がしやすいと思いますが、内側はなかなか難しいです。
そうなると、自然と内側を意識せざるを得ないような
状況にしてあげることが身体を最大限使うことにつながります。
身体のバランスを整える、とよく言われていますが、
使いすぎている部分を最小限の力で済むようにし、
使えていない部分は使えるように活性化してあげること、
それがロルフィングでできることなのかな、と思います。
僕自身、セッションを受け終わったクライアントさんから、
普段なにをすればいいのか?
もしくはしてはいけないことは何か?
と聞かれる事があります。
そのときは、
「ご自身のライフスタイルに合わせて好きなことをしてください。
そして、身体が嫌だなぁと感じる事はしないようにしてあげて下さいね。
一番してほしい事は、身体の声に耳を傾けてあげることです。」

とお伝えしています。
ロルフィングは無理に何かを矯正するものや押し付けるものではなく、
自然と気づくもの、考えていくものだと僕は思っています。
もちろん、適宜必要なエクササイズなどはご紹介しますが、
頭で考えるより身体で感じてもらってより気持ちいい状態に
なって頂ける事を目指しています。
T・K様、ありがとうございました。
ご自分の身体にご興味がある方、すでに何かお悩みを抱えている方、
ぜひ一度遊びにいらして下さいね。
お待ちしています。

他の方の体験談はこちらです。

Rolfing Relief Space(ロルフィングリリーフスペース)
東京都港区白金台5-11-2 バルビゾン20 3F
恵比寿駅東口より徒歩10~15分

$東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

◆ロルフィングとは
◆体験談
◆メニュー・料金案内
◆プロフィール
◆アクセス
◆お問い合わせ

伊藤 彰典
連絡先:090-1508-4012
メール:aki0120itoh@me.com
HP:http://www.reliefspace.com/

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>