覚悟 そして 感謝

しばらくブログ更新していませんでした。
忙しかったわけではないのですが、なかなか書く気になれなかったのかな。
書かないといけない、と思うほどいいことは書けない、と思っていたので、
またこうしてブログに向かい合える状態に心がなってくれたのは嬉しく思います。
さて、この一ヶ月の間に多くの出会い、発見、がありました。
大きく上げると三つあります。
今日は一つ目を書きますね。
残り二つはまた後日に。ちょっと長くなりそうなので。
一つ目が、前のブログにも書いた「第6回中部学生トレーナー交流会」。
150名近くの学生、20名強の先生・社会人トレーナーの方々に参加していただき、
多くの出会いと学び、そしてエネルギーを頂きました。
今回はトレーナーとして活躍されている3名の方々をお招きしてお話を聞き、
ディスカッションで各個人の思い、想いを深め、交流し、
懇親会で言いたい放題しながら飲み食いしながら学生同士で盛り上がりました。
もちろん、講演していただいた先生方と話がしたい、と思って、
名刺を持って前の人が話し終わるのを待っている姿を見ていると、
やっぱりこの方たちを呼んでよかったな、と思うと同時に、
これだけ学生の頃からエネルギー持っている人たちと同じ世代にいることができて、
何だか頑張らないとな、って思えました。
負けてらんないです。
これから社会に出たら、もう学生扱いはされず、皆さん先輩方と同じ土俵に立ちます。
学生、って他から見たら都合がいい身分ですよね。
何かミスをしても学生だから、まだ若いから。いろんなことができるよね。
そう言ってくれていました。
でも、例えば僕は部活動のサポートをトレーナーとしてさせていただいていますが、
学生だから選手の一生に関わる怪我を放っておいていいわけではありません。
僕ら学生のサポートをしていただいている方々には、社会に出たら覚えればいいんだよ、
って言ってくれますが、言い訳にしている気がしてならない自分がいます。
それじゃ、やっぱりだめなんですよね。
自分の発言、行動に責任を持たないと。
それは学生だろうが、なかろうが関係ないと思います。
まだ覚悟が足りないだけ。
今回の交流会では、また準備の段階で様々な学びがありましたが、
そういった覚悟、というものについて改めて考えることが出来る時間になりました。
最後になりますが、交流化に参加していただいた学生の皆様、先生方、
講演者の皆様、MIC’Sをサポートしていただいた先生方、中京大学、
そして会の準備に一緒に汗を流した中京の仲間達に感謝をしたいと思います。
どの一人が欠けてもこの会は成功しませんでした。
本当に、ありがとうございました。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>