自分に賭ける

最近の私はね。
やたら自分とお話してるんですね。
何でか、っていうと時間があるから。
いやいや。
もちろん英語の勉強もしてますよ。
進み具合も順調で、いいペースと我ながら思います。
なんとなく、英語の特徴を改めてわかった気がしてきた。
こんなフレーズが繰り返されるんだな、
文脈からするとこの文は大体こんな意味なんだろうな、
ここをちゃんと聞いておけば意味は理解できるな、
なんて。
少しずつ昔の英語感覚を取り戻してきた模様。
おっしゃ、頑張ろう。
って思っていても、やっぱり集中力が続かない。
最近読んだ本によると、どうやら人間って30分くらいしか集中力ってもたないみたいですな。
もちろん、6時間近く集中できるよ!って仰る方もいると思うんだけど、
おそらく30分近く集中したらどこかのタイミングで自然とOFFになって、
自然とどこかのタイミングでONになっているもんだと思うんだす。
その切り替えを意識しているかしていないかは別にして。
この内容を理解したとき、確かに!!って思ったし、それと同時に勉強が続かない原因、
これいい方法じゃね?って思って、意図的に休憩を挟むことにしまして。
一単元、8ページを45分くらいかけて終わったら、15分休憩。
休憩時間はネットサーフィンしたり、好きな音楽聴いたり、メール返したり。
でも、15分経ったら、また次の単元に移って集中。
上手いこと自分でON・OFFを切り替えられています。
まぁ、何回か繰り返してたら、
おぉ、結構進んだな今日も。
って感じで実家に帰っているここ最近の毎日です。
ま、そんな休憩時間にね、たまぁに自分の将来のことも考えるわけです。
同期の皆は働いているし、はたまた高校の同級生には社会人2年目の人もいるわけで。
そんな中、毎日実家でメシ食って出かけて勉強して帰ってテレビ見て風呂入って寝て。
何だ、この生活感の差。
俺ってこの後どうすんの?どうやってメシ食っていくの?
って思っているんですが、何とも答えが出ません・・・・・・
ま、やってみたらわかるでしょ!!って軽い気持ちでいられるのも今のうち。
早く働かないと、と思いながらもアメリカへの道を決断したわけで。
あ、言うの忘れてた。
すっきりしたんで、ちゃんと言いますが、
今年の6月からアメリカのコロラド州・ボルダーに行くことにしました。
元々行く予定だったんだけど、実は3月末にむこうの学校に一度断られて。
というか、今来ない方が君のためだよ、って感じだったんですが。
理由は、語学力。
僕が行こうとしている学校は専門学校で、
英語に難がある人に対しての配慮なんてそんなない。
と思う。
なので、
英語のスキルが上がったらまたチャレンジしに来てくださいね!!
って、言われたんです。
そか~
今行っちゃいけないのか~
って思う反面、どこかほっとしてた自分がいました。
どう考えたって、自分の前にあるのは困難ですもん。
アメリカに行かなくてもいいのか、なんて思っちゃいました。
でもね、やっぱりそんな僕の心の中を見破っちゃう人はいたんですよね。
って言っても、私の親なんですけど。
「何で語学力をあげてチャレンジする、って思えないんだ?」
って電話越しに言っていただきました。
確かにね。
それが決心ついた人間だったらそう思うのは当たり前なんです。
でも、やっぱり不安だったんです。
大学を卒業する、社会に出る、って年齢になった今、
前が見えなかったんです。
でも、そんな中見えてきた小さな光、アメリカでの勉強。
今行かないでいつ行くんだ!!!
って思い直したら、なんだかすっきりしました。
ようやく覚悟が出来てきました。
なので、まずはアメリカの語学学校で英語力をUPさせ、
その後に専門学校にトライすることにしました。
語学学校に6~8月、10月から一年半ほど専門学校で。
これが今描いている青写真。
あと二ヶ月は国内で準備&勉強。
明日、留学について相談してくるので最終決定はそれ次第かな。
そんな、自分の思いを書いてたら、
今、NHKの「こころの遺伝子」って番組でアンジェラ・アキが、
「自分に賭けてみなさい」
っていう合言葉を口にしてたそうです。
なんだか今の自分の境遇にばっちり合ってるのはなんだか不思議。
頑張りましょう!!皆さん。
僕も、自分に賭けてみます。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>