生理学のお勉強

学生時代からお世話になっているトレーナーの先輩ATCが
この度プライベートでワークショップ・講習会をやる、ということで
昨日は生理学のことについてお勉強してきました。
身体が傷ついたり、損傷したりしたときに
身体の中で実際にどういったこと、どういった反応が起きているのか、
という内容を細かくお伝えして頂けた内容でした。
基本的な生理学については学生時代に一通り学び、
大学の授業でも学び、アメリカに行ってロルフィングの学校で学び、
と少なくとも大きく3回は学んだはずなのに…..
新しく学ぶことがちらほら。
確かに生理学というのは苦手意識が出やすい分野で、
ちゃんと学んでいるようで流していたり、ちゃんと定着していない
ものもいろいろあって。
筋肉と結合組織の回復の仕方の違い、
治癒と再生のメカニズムの違い、
実際の治癒課程で起こっている身体の反応の順番、
身体を動かしている筋肉のメカニズム…..などなど。
改めて学ぶこともありましたし、復習になることもありました。
今回、生理学を改めて勉強したいなぁ、と思っていたのは
自分が普段ロルフィングのセッションをしていく中で
どういったことが身体の内部で実際に起きているのか、
経験則として事象を話すことはできても、
なかなか理論的に、科学的に説明できないことがあったから。
もちろん、全く説明出来ない訳ではないのですが
そういった部分の引き出しを増やしていくことは
とても重要なことだと思っています。
身体に起きてくること、特にロルフィングで身体に関わっていく中で
まだまだ説明できないことは多いですが、そこに開き直らず
そういった部分も突き詰めていくことは大事ですね。
貴重なお時間でした、ありがとうございました。

Rolfing Relief Space(ロルフィングリリーフスペース)
東京都港区白金台5-11-2 バルビゾン20 3F
恵比寿駅東口より徒歩10~15分

$東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

◆ロルフィングとは
◆体験談
◆メニュー・料金案内
◆プロフィール
◆アクセス
◆お問い合わせ

伊藤 彰典
連絡先:090-1508-4012
メール:aki0120itoh@me.com
HP:http://www.reliefspace.com/

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>