本音と建前

この前、久々に父親と一緒にテレビを見てた。
実家に帰って来て以来、初めてのこと。
なかなか生活リズムが合わなかったしな。
毎晩接待(?)かなんかで外で食べてくるらしい。
いいなぁ、と思ってもどーしよーもない。
そんな、最近は家にいない父親とニュースをみてて、
普天間問題についてあーだこーだと、アナウンサーが言ってました。
なんだか最近は、
「徳之島がかわいそう、
むりやり頼まれて」
みたいな流れになってますね。
大変だなぁー
でもどっかに移さなきゃいけないんだよなー
アメリカのお世話になり続けるためには。
我慢してくれよー徳之島~
とか、他人事だから思える発言をポロっとしました。
ちょっと無責任かもしれません。
そしたら、父親がですね、
「徳之島の皆がみんな、来るなって
思ってる訳じゃないと思うよ」
って。
へっ??って思ったわたし。
どゆこと?みたいに聞いたら、
説明してくれた。
簡単に言うとこんな感じ。
「徳之島はどんどん過疎が進んでて、
若手・働き手がいなくなってる島。
だから、基地を作った方が雇用が増えて
アメリカがお金を落としてくれるから
徳之島自体は潤うんだ。
ただ、基地は出来て欲しくない。
そりゃ、あんだけ反対集会とか起きてるからな。
自然は少なくなるかもしれないし。
でもその一方で、お金は欲しい。
それは間違いない。
事実、沖縄の人は基地で働いて
生計をたててる人は沢山いる。
本音と建前が混在してるんだよね。
建前的には基地反対といってても、
本音では経済効果に期待してる人もいると思う。
だから、結局どっちがいいかなんて分かんないし、
どっちを選んでもいい、悪いは出てくるんだよな。
そして、どっちも本音や建前になり得る。
だから、これは難しい問題なんだ。」
みたいな感じ。
久々に、なるほどな、って父親から学びました。
以前、中田英寿が、
「世界中で紛争がなくならないのは、
価値観・文化が違うからだと思います。」
って言ってました。
すごい的を得てるなぁ~って思ったけど、
なんだかそれで納得するのも悔しかった。
価値観が違うなら仕方ありません。
どうぞ戦争して下さい。
なんて言いたくもないし。
ただ、中田英寿は、
サッカーを通じていろんなメッセージを伝えていけたらな。
って、サッカーの世界イベント開催したり、
マスコミの前で様々な意見を交わしたり、
自分なりにできる事をしっかりやってました。
だから、みんなヒデはすごいって言うんですよね。
僕もそう思います。
僕が思うところ、
中田英寿が言ってた事も、
父親が言ってた事もきっとつながっていて、
価値観は確かに違う。
でもその中でできる事を
しっかりやる。
そして、本音と建前がある中でも、
本音の部分もちゃんと理解してあげなきゃいけない。
なんでその行動を取ってるのか?
なんでその発言をしたのか?
実際の本音は?
その根拠は?
なんで??
ってとこをクリアにして。
なるべく。
もちろん社会に出たら、そうもいかないと思う。
間違ってても、続けなきゃいけないこともある。
生きていくためには。
でも、その本音、というか本質の部分を
しっかり理解した上で行動しなきゃね。
じゃなきゃ、楽しく生きてらんない。
どんなに苦しくなっても、
それは忘れずにいたいと思います。
って、社会にまだ出ないフリーターが
あまいこと言ってみたり。
はい、バイト落ちました( ̄◇ ̄;)
次はどんな仕事狙ってみましょ~か、、、、、
iPhoneからの投

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>