未知との遭遇

こんなタイトルの映画ありませんでしたっけ?
宇宙人の襲来かなんかを描いた、
アメリカの昔の作品。
見た事ないけど~( ̄ー ̄)
さて、渡米まであと一ヶ月を切りました。
実家に来てまもなく二ヶ月、
早いもんですね~
そして昨日、アメリカ大使館に行ってきました。
VISA取得の為です。
僕が申請したのは、もちろん学生VISA。
就労VISAやら、婚姻VISAやら、
グリーンカード(米国永住権)やら、
やたらめったら種類があるVISAさま。
不審者入国、そしてこれ以上の無駄な
人口増加を防ぎたいアメリカ合衆国は、
特に働きに来る日本人の選定はめっちゃ詳しくやります。
だから、就労VISAを取得するのは
結構大変みたいなんです。
渡米予定の前日までVISAが発行されず、
ギリギリ間に合って冷や汗をかきながら出発した、
なんてお話も聞いたことあります。
その点、僕の学生VISAは学校がある2,3年、
ないしは5年という一定期間を過ごしたら帰国する、
というようにみなされているので、
結構簡単に許可されます。
だから、結構気楽な感じで、溜池山王にある
アメリカ大使館に行きました。
面接官はイイ人だった、アメリカ人だったけど。
片言の日本語で説明始めたと思ったら、、、
「English OK?」
いきなりで、へ??って思ったけど、
勝手に雰囲気的に呑まれ、
「…OK.」
って言うハメに・・・・( ̄◇ ̄;)
英語のやり取りでしたが、
そこまで難しいものじゃなかったので
結構何とかなりました。
普通にいけば、来週にはVISAが発行されるみたい。
それよりもびっくりしたのが、
アメリカ大使館での受付。
僕以外にも、大勢同時刻に来てたんですが、
たまたま僕の一つ前で待ってた大男が、、、、
M岡修造でした(爆)
リュック背負った上に、
両手いっぱいに荷物抱えながらの訪問。
何をそんなに持ってんの?
っていうふうにしか見てなかったおっさんが、
実はM岡修造。
結構、ビックリしたヽ(;▽;)ノ
そんだけ荷物抱えてるから、
手荷物検査では結構チェックされてました。
でも、警備員さんとの応対はかなりオトナで、
しっかりされた方だなぁーって思った。
熱血感のイメージはどこやら。
そして、どちらに、何しにいくんでしょか?
短期滞在の仕事なら、VISAいらんのに。
それ以外にも、料理の鉄人に出てた
フリーアナウンサーとか、
宮根屋に昔出てた女性のコメンテーターとかがいて、
芸能人になんだか縁があった昨日の大使館。
テレビ人の素顔を見たいなら、大使館はオススメです♪
iPhoneからの投稿

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>