慣れって怖い

先日、いつものように自転車で家に帰っていました。
駅から家までは大体15分位掛かるんですが、
その間にある川のそばの沿道を通るのが
いつもの自分のルートになってます。
そこにはバイクなどが入ってこないよう、
こういったものがありました。
$東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
いつもはひょいひょいって避けていってるんですが、
そのときは若干疲れていたのか焦っていたのか、
目測を誤り勢い余って右のペダルが引っかかってしまって
自転車全体が緊急停止させられる状態になってしまいました。
幸い転ぶことはなかったものの、その衝突の反動で右のペダルだけ
若干曲がったような感じで角度が余計についてしまい、
右足で漕ぐとき違和感がめちゃくちゃある状態になりました。
でもこれが不思議なもので、数日してくると
その違和感あるペダルの角度付きの漕ぎ方に
からだが馴染んできている気がしてます。
それはペダルの角度が戻った訳ではなく、
からだがうまいこと対応して慣れてきているんでしょうけど。
やっぱり、からだの順応性はスゴいですね。
ただ、その状態の自転車をずっと使い続けると
他のからだの部分がかばい始めたりクセがついたりしてしまう
可能性があるので、早めに修理に出した方がいいんでしょう。
最近、ロルフィングのセッションを受けて
からだのバランスが改めて整ったので
自分のからだは何とかなりそうですが、
大元の原因である自転車の状態がこのままだと
せっかくのセッションも台無しです。
みなさまもからだのケア、
できる範囲でしてあげてくださいね。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>