少し先のことを考える

最近、自由な時間が多いので自分の過去を振り返ったり、
今後のことを考える機会が多くなってきています。
大学を卒業してから2年半、アメリカに住んできて
ロルフィングのことを勉強する為にいろいろなことを学び、
海外で生活すること自体からもいろんな経験をもらって
本当に有意義な日々であったように思います。
だからこそ、今はそれを振り返るんです。
2年半前、自分が想像していたような世界がそこにあったのか?と。
それは半分イエスで、半分ノーだと思っています。
ある程度、自分としてこうなりたい、という目安は持っていたし、
(それがロルファーになること、ということだったんだけど)
それに向かっていろんなことに取り組んできました。
でもその一方で、自分のクラスとは関係ない時でも学校に行って知り合いがふえたり、
通訳やサポートみたいな形でお手伝いをする機会もあったりしたことは
想像していなかったことだし、そこから学んだことは本当に大切なものだった。
ある程度の目標は見えているけど、そこに固執しすぎると
そういった大事な縁も見失うことがありそうな気がして。
だからこそ、先のことに関しては柔軟でいたいし、
でも大事な軸の部分がある程度ないと周りからも、
そして自分からも信用されなくなってしまうんだと思います。
複数の知り合いの方々から、20年後、30年後のことを考える
キッカケを最近頂きました。
まだまだ将来のことはしっくりときてなくて、この先何とかなるだろう、
というゆったりした考えがある一方で、やっぱり抑えとかなきゃいけない
ポイントであるんだなぁ、と今一度思い直す良い機会になっています。
ある程度、軸のある生活をこれからしていく為に近い将来のことを
もう一度考えていくと同時に、そういったご縁や新しいお話を
ちゃんと判断できる、きちんとしたセンサーを養っていくことは
今後もしっかりとしていかなきゃ行けないんだな、と最近思うのでありました。
10月も少しずつ寒くなってきました。前まで住んでいたボルダーは
もう雪が降り始めているようです。
良い形で2012年を締めくくれるように、あと3ヶ月弱、
少しずつやっていこうと思います。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>