寄り添う

結局、ロルフィングって何ができるの?って聞かれるときに、僕は正直答えに困ってしまいます。
え、ロルフィングで何ができるか分かってない人が施術しているの?って言われそうですが。笑
いろんな人の体験談を聞いていると、身体の姿勢が良くなったり、痛みがなくなったり、肩こりが消えたり、などなどいろんな症状の改善があったということがあります。
それはとてもいいことなんだと思います、悩みがそれで消えるんですからね。
でも、僕の場合なのかロルフィングの場合なのかわからないですが、その人の意志と同じくらい重視していることがあります。
それは、身体が何を求めているか、ということです。
僕が人を見るときに、その人の意志を感じようとしながら接している一方で、ロルフィングになってくると意志に加えてその人の身体を含めて見るようにしているからですかね。
もちろん、クライアントさんがどうなりたいか、ということは考えているんですけど。
姿勢を良くしたい、痛みをなくしたい、などと言ったらもちろんそれは頭の中に置いておきます。
でも、それよりも何故そういった姿勢になってしまったか、原因はなんなのか、ということを考えると、身体に聞くような感じで触り始めちゃうんですよね。
そういったことからなのか、僕のロルフィングは先日の記事(変化≠効果)でもあったように、効果のみに重点を起き過ぎない形でセッションをしていきます。
その人の話を聞いて、希望を聞いて、そして身体に寄り添いながらどういった過去があるのか、どういう状態なのか、どうなっていきたいのか、そんな身体に向き合っていく、そんな感じなんです。
その結果、最終的に姿勢が良くなったり痛みが消えたりすることはとても嬉しいです。
でもそれと同じくらいに、そういった身体、そのヒトへの寄り添いの中からクライアントさんに何か与えられたら本当に嬉しいですし、それが僕がロルフィングを選んだ理由である気がします。
そういった寄り添いの中から何かを感じてもらえるような、そんなセッションをこれからもしていきたいですね。

Rolfing Relief Space(ロルフィングリリーフスペース)
東京都港区白金台5-11-2 バルビゾン20 3F
恵比寿駅東口より徒歩10~15分

$東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

◆ロルフィングとは
◆体験談
◆メニュー・料金案内
◆プロフィール
◆アクセス
◆お問い合わせ

伊藤 彰典
連絡先:090-1508-4012
メール:aki0120itoh@me.com
HP:http://www.reliefspace.com/

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>