実の在る話

久々に、昔からの知り合いの治療家さんにお会いした。
最初の出会いは、もう6年ほど前になると思います。
トレーナーの勉強を大学で始めて間もないころに先輩に連れていってもらった、
山中湖でのトレーニングセミナーでお互い参加者として知り合い、
それ以来、年に1、2回は食事したり飲みにいったりしている方。
お互い、ずっと連絡をしていなくてもふとしたときに電話かけたりもらったりして、
久々にご飯でもどうです?みたいな感じの付き合いが続いています。
今回はアメリカに行く直前ということでお会いしたんですが、
昔の僕を知っている人と会うのは、やっぱりとても楽しい。
何でかは分からないけど、今でもこうやって付き合いが続いている人というのは
お互い何かしら惹かれ合って、関心があって、ということは外せないです。
何かしら興味がないと、また話したい、また会いたいって思えないし、
そうでもないと、忙しい中わざわざ時間を作ることに労力をかけることが
おっくうになってしまうと思います。
そんなことを考えずに、気の向くままに、
だけどお互いのことをちゃんと尊重し合えて話ができる関係の人。
少なくとも僕はそう感じています。
今日はお互いの近況報告をしながらも、共通の知人の話をすることが結構多くて、
以前はこうだったのに、今はこうだよね、とか、
あの人は最近はこんな感じらしいよ、あぁ、やっぱりそんな感じですか、
あの人らしいですね、みたいな、人に関する話を延々としてました。
自分が気になる人は、やっぱりその相手の方も気になるようで。
お互いに同じ意見を持ってたようで、それを聞くと、自分の見方がズレてないんだな、
と安心することができましたし、その治療家さんが見てる世界を聞くのも
とても楽しいものでした。改めて納得する部分もあるし、新しい一面も聞くこともできて。
そういった話をする僕に対しても、
「イトウくんは昔よりかなりいい感じになって来たね。」
と、言ってくれました。
昔は、人に対してはすごく興味を持っていながらも、
なかなか人に関して上手く言葉にする意識も能力もなくて、
本当に中身のない人間だったんだな、と今日話しながら気づきましたし、
それがようやく、ここ最近で自分のものになって来たんだな、
と感じてもいました。
この一言は大きな自信になりましたし、
自分が信じてきたものは間違ってなかったんだな、
と感じさせてくれる、本当嬉しいものでした。
こうやって、昔の自分を知る人と会うと、
以前の自分に会うことができて、
自分の成長を感じ取れるし、改めて今後頑張ろう、
って思えるキッカケになります。
ファミレスでのたった2時間でのことでしたが、
こういった実の在る話ができる人との関わりを
今後ますます増やしていきたいですね。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>