大阪へ〜REACH SMCに参加して〜

先週末は久しぶりに大阪に2日間行ってきました。
アスレティックトレーナーや治療家さんなど、
多くのプロフェッショナルが参加している
REACH Sports Medicine Conference(SMC)
参加してくることが主な目的でした。
このSMCはトレーナーの専門知識を深めるセミナーやワークショップが
盛りだくさんで、そして一種の忘年会のような集いの場になっています。
学生時代から参加しているのでその頃からお世話になっている方々、
また今回初めてお会いする方々、思いがけず再会できた方々など、
この場は年に一回なのですが知識とつながりをブラッシュアップするには
とても素晴らしい環境になっています。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
今回はテーマが脊柱周り、という何となくの了解があったということで
コアのことや仙腸関節、そしてそもそもコアってなんぞや?といったお話まで
いろんな方向からのレクチャーがありました。
これだけ内容が多岐にわたるからこそのカンファレンスなんでしょうね。
ぼくが今回受けたのは、
・小野志操PTによる「仙腸関節の評価と治療」
・大貫崇ATC(元MLBマイナーリーグアスレティックトレーナー)
 による「PRIを用いた呼吸法とパフォーマンス調整」
・佐藤博紀ATC(ロルファー)による「コアエクスパンション」
・上松大輔ATC(新潟経営大学准教授)による
「胸郭・胸椎のモビリティと呼吸を中心とした
 コアへのファンクショナルアプローチ」
・森本貴義トレーナー(元シアトルマリナーズアシスタントトレーナー)
 による「メジャーリーグと日本のプロ野球で学んだスペシャルスキル」
・山本邦子ATC(宮里藍専属アスレティックトレーナー)による
 「動作教育~脊柱からのアプローチ フェルデンクライス的考え方~」
など、時間が限られた中でも多くの内容に触れることができました。
このSMCの大きな特徴は、同じATC(アメリカのアスレティックトレーナーの
資格)を持っている方でもバックグラウンドや活動内容が
全く違う人たちが集まってみんなでわいわい話ができるということ。
そして、参加者の方々でもアスリートを専門で見られているATCや
フィットネス業界でのパーソナルトレーナー、インストラクター、
鍼灸などの治療家、ロルファー、ピラティスのトレーナー、
ヨガのインストラクターなど、多種多様に渡る人たちと2日間を
ともにするので一つの考え方に固執されない素晴らしい刺激を沢山頂けます。
自分もロルファーの一人として、考え方が凝り固まらないように
毎年アップデートしていける良い機会になっています。
いやぁ、本当に楽しかったです!!
いろんな新しい情報があったのはもちろんですが、
人の教え方や関わり方から学ぶこと、そして
その人に自分の何かを伝えられることのやり取りが
活発に行なわれる機会は本当にありがたいです。
終わった後の懇親会では毎回名刺交換会が始まるんですが、
それも別に堅苦しいものではなく、つながりや紹介が
どんどん広がることを楽しんでいる方々ばっかりなので
本当にわくわくしながらお話しできる環境がここにはあります。
来年はきっとまた今年以上にワイワイ楽しく、そして
新たな出会いもありながらの機会になることと思います。
お会いできた皆様、ありがとうございました~!
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>