大学の先輩

昨日、とあるご縁で一回り近く年上の大学の先輩に初めてお会いしてきました。
治療家という形で身体に携わるお仕事を10年以上されています。
僕が学生時代のときからも噂はずっと聞いていたので
今回お会いできることをとても楽しみにしていました。
学生当時に選手としてその治療家さんにお世話になっていた先輩から
今回紹介して頂いたのですが、やっぱり皆さん言う事は一緒ですね。
「一つ一つの治療、施術でお客さんに対して誠心誠意、丁寧に関わること。」
今回も、お話ししながら一つ一つのやり取り、言葉の選び方、気の使い方など、
一つ一つの仕草や言葉が勉強でした。
何も押し付ける事なく、相手の心に入っていける、そして自分の懐にも入ってきて良いよ、
といった雰囲気作りを自然にして下さる方でした。
その中でも、自分のやりたいことなどをお話ししたら
今後の展開などのアドバイスもして頂けました。
僕はあまり目標を立ててそこに突き進む、という人生を歩いてきた感じではありません。
思いつきというか、目の前にある素敵なものに向かってとにかく前進する、というか。
納得できないことにはいくら言われてもやらない変な頑固さもありますけどね。笑
ですが、これからは自分で今後のことを切り開いていかなくてはならない身。
今まではあまり意識してやったことがないのですが、
これからは少し先のことも見つめてみようかな、と思います。
そんなこんなでいろいろ話していたら、
じゃあ実際にロルフィングやってみてよ、ということで
ミニセッションを受けて頂きました。
だいぶ短い時間でしたが、触った一発目から何をしたいのか、
何を感じているのかわかる、と言って頂けました。
そういった形で自分の考えている意図が伝わっているのは嬉しい事です。
終わろうとしたら、もうちょっとやってよ、という形でいろいろやり、
最後に立って頂いてフィードバックを頂き、しばし談笑。
いやぁ~、緊張しましたね。笑
自分が試されているときは変な汗がでます。
その中でも貴重な思いやご意見を聞かせて頂けましたし、
終わったあとの立った感覚は、
「なんかこのまま誰かと闘えそうだね。笑」
なんて、思わず苦笑いしてしまうようなフィードバックも頂きまして。
あと、身体が痒くなってきたそうです。
血行が良くなってきたからだねぇ~って言ってましたが、
そういった声は初めてだったので新鮮でした。
こうやって何かしら伝えられることがあって、
そして感じてもらえるということは楽しいですね。
日々のセッションにも活かせるように、
一つ一つの積み重ねを丁寧にしていこうと思います。
素敵なご縁をありがとうございました。
東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

Rolfing Relief Space(ロルフィングリリーフスペース)
東京都港区白金台5-11-1 バルビゾン20 3F
恵比寿駅東口より徒歩10~15分

$東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

◆ロルフィングとは

◆体験談

◆メニュー・料金案内

◆プロフィール

◆アクセス・お問い合わせ

伊藤 彰典
連絡先:090-1508-4012
メール:aki0120itoh@me.com
HP:http://www.reliefspace.com/

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>