変化を楽しむ

今日二人にセッションしていたんですが、共通していていたものがありました。
毎回、セッションが終わった後にどんな感じになったか歩いてもらうんですが、今日の二人はそれがなかなか終わらなかったこと。笑
全然良いんですけどね、むしろ嬉しいです。
セッションで起きた変化に身体が馴染んでいく感じ、そして新鮮な感覚にかなり虜になってくれたようです。
お二人ともそれぞれ、新たに得た感覚を確かめるように何往復も歩いていたり、足踏みを繰り替えたりしていました。
その内のお一人は、5mの通路を10~15往復はしていたと思います。笑
新しい感覚を身体に落とし込むかのように、楽しんで歩いていた姿が印象的でした。
僕自身もそうだったんですが、ロルフィングの大きなポイントの一つは自分の感覚や身体の可能性を引き出してくれることだと思っています。
言われる訳でもなく、自然と身体を動かしたくなったり、そのいい状態を保ちたくなったり、などなど。
意識しなくても身体が反応してくれるような、意識したくなるような不思議な体験がロルフィングのセッションではよく繰り広げられます。
姿勢を良くしなさい、〇〇しなさい、などということは僕はセッションを通じて言わないようにしています。
言ってやらせるくらいなら、自然とそうしたくなるようにするのが務めなんじゃないか、とも思っています。
一般的にはなかなか難しいですが、身体に関してはロルフィングだとかなりの確立でそれが可能になる気がしています。
意識したくなるような変化が起き、かつそれを楽しめているからこそ長続きするのでしょうかね。

Rolfing Relief Space(ロルフィングリリーフスペース)
東京都港区白金台5-11-2 バルビゾン20 3F
恵比寿駅東口より徒歩10~15分

$東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

◆ロルフィングとは
◆体験談
◆メニュー・料金案内
◆プロフィール
◆アクセス
◆お問い合わせ

伊藤 彰典
連絡先:090-1508-4012
メール:aki0120itoh@me.com
HP:http://www.reliefspace.com/

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>