呼吸がしやすいのは気持ちいいみたいです【体験談】

またまた体験談のご紹介です。
宣伝ばかりで申し訳ないですが、、、、、、
こういう声を僕自身もロルフィングを受ける前に知っていたら良かったなぁと思い、掲載させて頂きますね。
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
$東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

【B・D様 男性】
1. セッションを受けてみようと思った理由は何でしたか。
アキノリの人間性からと、ロルフィングに興味があったから。
2. 施術者(ロルファー)に対する印象を教えて下さい。
はっきりとした口調で、現在の状態を、今後の、流れ、方針を伝えてくれるなど安心できた。
3. 実際にセッションを受けてみていかがでしたか。
身体への変化やロルフィングへの印象など、感想をご自由にお書き下さい。

呼吸のしやすさが特に印象に残りました
いい感覚が入り、その感覚を求めて、自分でもいろいろと呼吸に関してアプローチをしてみました。
気持ちよかったです。
ロルフィングの印象としましては、今まで受けたことのない施術だったので、何を行うのか興味がありました。
実際に受けてみて体の変化を即実感できたこと、体感を引き出すことなど心地よいセッションでした。
まだ一度しか受けていないですが、 機会を見て続けて受けていきたいと思います。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
この方は30代男性、元々お知り合いの方です。
パーソナルトレーナーという、一対一でのトレーニングを指導するお仕事、そして柔道整復師としてご自身の接骨院をお持ちの方です。
身体の専門家に興味を持ってもらえるのはとてもありがたいことですよね。
僕が初めての方にセッションをさせて頂くときに、二つの選択肢を提示させてもらっています。
一つは、今現在抱えている何か悩み、身体の不調を教えてもらい、そこの改善を目的とすること。
もう一つは、10シリーズの最初のセッションをさせてもらうこと。
特に痛みがなくても、何となくロルフィングに興味を持って頂いている人が増えています。
その一方で、身体の不調に悩まされている方が受けに来る、ということも少なくありません。
前者も後者も同じロルフィングなのですが、どういう目標をそのセッション内に持っていくか、ということをご理解くださいね。
同じような説明をしたところ、この方には10シリーズの最初のセッションをすることになりました。
「セッション1」と呼んでいますが、目標としていることは呼吸を開くことです。
まぁ、要はもっと簡単に呼吸できるように身体を調整してみましょう、という感じです。
それがばっちりハマって、セッション中でも片側が終わった時、身体の感じを確認してもらったんですが、見事に左右で感覚が変わっていたようです。
その後、もちろん逆側にもアプローチしていき、上手くバランスを整えてセッションを終えました。
そういった身体の変化を感じつつ、しかも言葉ではなく身体での経験で理解できる、ということはとても素敵なことなのだと思います。
そして、「いい感覚が入り、その感覚を求めて、自分でもいろいろと呼吸に関してアプローチをしてみました….」とあるように、ご自分でまた試して下さっていることはとても嬉しいことです。
「百聞は一見に如かず」という言葉があるように、いくらインターネットや人から情報を集めても、自分で体験して得た情報の量・質には叶わないですからね。
また今後もいつかのタイミングで受けてもらえれば、なんて思っています。
10シリーズは10回受けてこそ、という思いはありますが、一回でもある程度の実感は得てもらえると思います。
それだけ、よく考えられたものなんでしょうねぇ。。。。。。。
そんなちょっとした嬉しい感想に勇気をもらいつつ、これからも頑張ります。
体験談一覧はこちらです

Rolfing Relief Space(ロルフィングリリーフスペース)
東京都港区白金台5-11-2 バルビゾン20 3F
恵比寿駅東口より徒歩10~15分

$東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

◆ロルフィングとは
◆体験談
◆メニュー・料金案内
◆プロフィール
◆アクセス
◆お問い合わせ

伊藤 彰典
連絡先:090-1508-4012
メール:aki0120itoh@me.com
HP:http://www.reliefspace.com/

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>