参考までに。。。。

先週に出した、ロルフィングのapplicationです。
怪しい日本語訳付きですが、まぁそこはご愛嬌で。
現時点での英語力なんて、こんなもんでございます。
後々振り返ったら、恥ずかしい文章になっているんだろうなぁ~
今の英語力を示すって意味も込めて、ここに残しておきます。
意外と長いと思いますので、よろしかったらご覧下さいませ~。
Life Experience Essay
Please discuss your interest in Rolfing and the Rolfing training.(ロルフィング、ロルフィングのトレーニングへの関心、興味を述べなさい)

I feel that the manipulative therapy of Rolfing is the best way for taking care of the body I have ever experienced. When I was a student athletic trainer in my university in Japan, I took care of a lot of students who played sports in the university club. Also, they had many injuries of the body, for example, pain of the lower back, shoulder, leg, knee, foot, wrist, and more. I felt it was difficult to learn about human body and how to make their injuries recover because our university had no classes about athletic training so I had to learn all of them by myself. During those days, I pursued the skills which could help the human body recover. Then,I encountered Rolfing and Rolfer who was named Hiroki Sato. I felt that the skill of Rolfing and the mood of his session, and the methods of Rolfing could produce more results of changing the body, and it was so fabulous. I was impressed after 10 series from him because Rolfing made my body more sensitive than ever. At that time I felt rather strongly that it was what I had been looking for. So I am in America now and want to study Rolfing as the result of those experiences.
今まで経験してきた中で、私はロルフィングが身体を扱うにあたって一番良い方法なのではないか、と感じました。というのも、日本で大学生だった頃、私は学生トレーナーとして大学のクラブに所属する学生をたくさんケアしてきました。そして彼らは、腰•背面、肩、大腿、膝、足部、足首、といった様々な箇所にいわゆる怪我を持っていました。ただ、私の大学にはアスレティックトレーニングに関する授業がなかったため、自分で独学で学ばなくてはならず、とても大変でした。そういった日々の中で、どんな方法が身体のケアという観点で良いのか模索していたところ、ロルフィングに出会いました。ロルファーである、佐藤博紀さんの技術、セッションの雰囲気、ロルフィングを通じて身体を変えてしまう、結果を出せるところにとても感動しました。その後、10シリーズを通じて身体が以前よりsensitive、身体感覚が鋭くなってくることも驚きでした。その時に、ロルフィングが私が追い求めていたものだと強く感じました。そういったことから私は今アメリカにいて、ロルフィングを勉強しようと思っています。
What factors have made you consider this field as a profession?(どんな要素、何がきっかけでロルファーとして生きていく決め手になったのですか?)
The main factor is the feeling that I sincerely want to make the human body better than before it was injured. While I was student athletic trainer in university, the most regrettable scene was when I could’t make a player’s body recover from injury and get good feedback or reactions from the student who had something wrong in his body. At that time, I also couldn’t find the answer by myself of why I was there. When I could make improvement of their body, players were so happy and would be smiling because of my efforts. I would like to see those scenes in which people are smiling and happy. I pursued those scenes involving me and how I could make them real, and on the way I encountered Rolfing. That time was a dramatic moment in my life and also I felt that Rolfing was the most suitable way to accomplish my purpose. I think that Rolfing will be my good point and pride as professional therapist and make people’s bodies change.
やはり人の身体をよくしたい、という気持ちだと思います。学生時代、人の身体に関わってきた中で悔しかった瞬間は、身体をより良い状態に出来なかったり選手からいい反応をもらえなかった時でした。自分がいる意味を見いだせませんでした。逆に、自分が良い成果を出せたときに、選手が喜んでくれたり笑顔になってくれました。私がそういった瞬間がたまらなく好きで、そういった瞬間を作り出せる事が出来れば、と思っていたらロルフィングに出会いました。その出会った瞬間は何とも言えない衝撃で、ロルフィングが自分の目的を達成してくれるのに良いものだとも思えました。ロルファーとして生きていくことが自分の長所でかつ、誇りになりうるものであり、その中でいろんな人の身体に関わっていきたいです。
What makes you feel that this is the appropriate time in your life to do the training?(なぜ今のタイミングでロルフィングを勉強することが人生の中で適切な時期だと思いましたか?)

I came to America this past June soon after I graduated university in Japan. I think that coming to another country, America, and studying in a different culture while I am young is very important and valuable for my life and my future. Not only will I study Rolfing,but I also want to experience American culture and English, and those experiences make my life a cheerful thing. What I think to be the most important thing is that if I didn’t make my decision to study and postponed it to the future, I would really regret why I didn’t decide to go at this time. Today, I can study because I have no job and my parents support my purpose and dream, and also I feel that the time to study Rolfing is now.
私は大学を卒業してまもなくのこの6月にアメリカに来ました。というのも、若いうちに日本とは違う土地、アメリカに来て勉強することが将来のためにも大事なのではないか、と思えたんです。ロルフィングだけでなく、アメリカ文化であったり、英語だったり、そしてロルフィングだったり、そういった経験が将来の私を輝かしいものにしてくれると思うんです。そして、一番気になっているのがもし今アメリカに行かなくて、先延ばしにしたらなんであのときに行かなかったのかと後悔する、という思いです。今、私は仕事をもっておらず、そして両親が私の夢をサポートしてくれているこの時こそ、ロルフィングを勉強するタイミングなんだと感じています。
Share some examples of things you have accomplished that demonstrate your ability to work independently or complete a task or a course of study.(あなたの能力を示す経歴、学業など今まで成し遂げてきた具体例をいくつか述べなさい)
First of all, I have a degree of Sports Science and the teaching certificate of physical education. When I was a student in my university in Japan, I took a lot of classes and course of studies which prepared me to be a physical educator. During those studies, I learned many things. They were how to communicate with young students, how to make and prepare for the teaching materials, and what makes a good teacher. The most impressive thing I learned was the experience of being a student teacher intern.When I went to be a student teacher intern in my high school, I felt that teaching someone was more difficult than I thought. Teaching someone in the class as a teacher was different than taking care of players in a baseball club. I learned that once students demographic were changed I had to change my teaching ways. Those experiences were very important for me and also useful to my future as a Rolfer.
まず、私は体育科学の学士と、体育教師の教員免許を持っています。学生時代、私は通常授業と並行して教職の授業も履修していました。そういった勉強の中で、若い学生とどうやってコミュニケーションをとるのか、どうやって教材を作成•準備するのか、良い教師とは何なのか、などといった多くのことを学びました。そして、母校に教育実習に行ったとき、思った以上に教えるということが大変であることを痛感しました。学校で授業をするということは大学の野球部での指導とは全く違うものでした。教える対象が変わると、私も教え方を変えなくてはいけないことを学んだのです。そういった経験は将来ロルファーとしての自分にも大いに役立つものだと思っています。
Also, I have now been studying English in a language school. I am going to a school which is called ELS, English Language Center, and is located in Denver. There, everyday I speak English to my classmates and teachers with conversation or during the class, and I study grammar and listening, and writing skills. Also, I try to get used to American culture, language and people while living with my host family everyday. Sometimes I get confused about American culture, eating habits, customs, and what people are talking about is so fast. Even if I think I am confused, I haven’t felt uncomforatable speaking to someone since I came here five weeks ago.What I feel is the best to studying in ELS is learning new language. That process is so funny, but also I think that my native language is so important. If I didn’t study English in ELS, I wouldn’t feel that the moment when I communicate with people using a new language is so fabulous. Two months later, I will finish my study at ELS after that I will be preparing for Rolfing classes which will start in October.
そして今、英語の勉強を語学学校でしていることです。今はデンバーにあるELSという語学学校に通っていて、クラスメイトや先生達と英語を話して、文法、リスニング、ライティングを勉強してます。そしてアメリカという環境に適応しようとホストファミリーと日々生活をしています。アメリカの文化、いわゆる食生活や習慣、そして話すスピードがとても速いことに時々混乱しています。ただ、来て5週間が経過しましたが、そこまで不自由を感じてはいません。一番の学びと感じているのは、新しい言語を学ぶということ。英語、新しい言語を学ぶ過程はとても楽しく、しかも自分の母国語、日本語の大切さを改めて感じました。もし今、ELSで英語の勉強をしていなかったら、新しい言語を通じて人とコミュニケーションできる瞬間がこんなに素晴らしいものだとは感じることが出来なかったと思います。英語を学んでロルフィングの授業に備えるとともに、新しい学びを感じることが出来ています。語学学校ではあと2ヶ月勉強し、10月から始まるロルフィングの授業に向けて準備をしようと思っています。
おわり

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>