力を入れていないのに姿勢が良くなったようなイメージ【体験談】

ロルフィングをしていて良かったなぁ、と思う事の一つ。
それは、自分の知り合いや友人に直接関われる事。
皆さん、人間は必ず身体を持っていますからね。
これも何かの縁なのかな、ということで昔の友人に
セッションをさせてもらいました。
$東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース

【男性 消防士 O・A様】
1. セッションを受けてみようと思った理由は何でしたか。
一番の理由は、ロルフィングという言葉を知らず、
どのようなものか興味をもったためです。
また、競技力の向上の何かのきっかけにならないかなと考え、
受けてみました。

2. 施術者(ロルファー)に対する印象を教えて下さい。

地元の友達で、何年ぶりにかに会いましたが変わってないなぁ~と(笑)
というのは置いといて、とても丁寧に接してくれました。
自分の思った感覚(それが合っているのかわかりませんが)について、
否定をせず、なぜそのように感じるのかと
的確に細かく説明をしていただけました。
3. 実際にセッションを受けてみていかがでしたか。
身体への変化やロルフィングへの印象など、
感想をご自由にお書き下さい。

すぐに体の変化を感じました。
左右の傾きを調整するかのように
体を引っ張られているような感覚でした。
ただそれは、嫌な感覚ではなく、
力を入れていないのに姿勢が良くなったようなイメージです。
何度かロルフィングというものについて説明を受けましたが、
なぜこうなるのか、理解ができませんでした。
ただ、やはり体は正直なんだなと実感しました。
これが、これからの競技力にどのような影響を与えてくれるのか、
今からとても楽しみです。
今後も長く付き合っていきたいと思っています。

彼は消防士として働く傍ら、学生時代からライフセーバーとして
活動をしていたので身体にとっての大事なポイントを
本人以上に身体がわかっているようでした。
頭では理解できなくても、身体に起きている反応は理解できる、
身体への変化は感じる事ができる。
そんな不思議な状況がよく起こります。
決して頭で理解できないことではないんですが、
今も身体に起きる事で多くのことが理解できないことが多くありますよね。
その中の一つにロルフィングならではの特徴もあるのではないかな、と思います。
僕自身、学生時代から何か物事に理解するには、
理論やつじつまが合ってないと納得できない人間でした。
それらが説明されないと、どうしても理解できない。
でも、そういったことでは説明できないものも
世の中には沢山あります。
身体に起こることの多くはそうですよね。
もちろん、科学的に実証出来る事もありますが、
できないこともあるかと思います。
それだったら、まずは自分の身体の可能性を信じてあげて
そして委ねてあげることも大事なのかな、なんて思います。
体験談一覧はこちらです

Rolfing Relief Space(ロルフィングリリーフスペース)
東京都港区白金台5-11-2 バルビゾン20 3F
恵比寿駅東口より徒歩10~15分

$東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

◆ロルフィングとは
◆体験談
◆メニュー・料金案内
◆プロフィール
◆アクセス
◆お問い合わせ

伊藤 彰典
連絡先:090-1508-4012
メール:aki0120itoh@me.com
HP:http://www.reliefspace.com/

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>