人とお酒

最近よく観察しているのが、人。
結構おおざっぱな言い方ですが。
簡単に言うと、この人はこういった言い回しをよくして、
こういった性格を持っていて、 こういった人とよく一緒にいる、みたいな。
そういった人間観察をよくするようになっている自分に最近気がつきます。
当初、アメリカに来たときはまず周りの雰囲気に慣れるので精一杯でしたが、
ここ2週間でいろんなものが見えてきました。
例えば、うちのホストマザーのMary。
僕がいろんなことを話そうとしている際に、
熱心に聞こうとしてくれている一方で、
時にいい加減な扱いのときも。
もしかしたら嫌われてるんじゃないか?
って思った時もありました。
でも、自分の行動を振り返った時に
何か思い当たる節もありません。
と思って、今リビングを覗いてみたら、
いろいろ話しかけてくれました。
結局、僕の思い過ごしだったのかもしれない。
人間は悪い部分もあれば良い部分もありますよね。
付き合いが短いからなかなかそこが見えてこなかったけど、
ようやく見えてきたのかな。
もしかしたら自分もそう思われている部分もあるかもしれないし。
人の振り見て我が振り直せ、ですね。
悪い部分ばっかり見て嫌うんじゃなくて、
どうしたら良い部分がより際立つか、
そういった思考を持って関わった方が
より楽しいコミュニケーションが生まれるんじゃないかな。
もちろん、気になる部分は指摘してあげないとダメだと思いますがね。
ただ、まだそういった指摘ができるだけの英語力がないので、
そこはおいおい、、、、、、、
あと、付き合いの長さはそういったのに大きく影響してくると思います。
お酒の席で意気投合することが多いのは、
アルコール様の力を借りて理性のままに話することができ、
心の奥底にある深い部分を表現できるようになるから。
それを相手も感じ取り、共感できる部分が多ければ
親友になれる、アメリカ的に言うとBrotherになれるのだと思います。
やっぱお酒の力は偉大ですね。
これからもほどほどの距離で付き合っていきたいです。
結局なんの話かわからなくなりましたが。
要は、人のことをよく観察した上で、
そして仲良くなった上でのお酒はおいしいってこと。
毎週一回はそういった会があるように、
常にアンテナ張り巡らせておこっと。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>