不器用なりに

名古屋・大阪の旅から帰って来ても
まだまだいろんな人との出会いが待っています。
先日、大学時代に金沢での講習会でお会いした、
熊崎さん(以下、クマさん)と3,4年ぶりに再会しました。
お互いの連絡先は当時交換しましたが、
今回お会いするきっかけになったのは
SNSのTwitter。最近はFacebookもいろんな方が持っていますので、
名刺交換しなくてもそれでお互いの情報交換が
出来てしまう世の中になっていることを改めて実感。
ちょっとした何か違和感もあるし、相変わらず名刺交換みたいな堅い感じの
ご挨拶の方がしっくり来る事もありますが、
それはそれでありなのかなぁ、と思うようにしています。
そういう意味では、本当に気軽で便利になりましたなぁ。
使い方には気をつけないといけないですけどね。
話は飛びましたが、クマさんは現在トライワークスという
トレーナー有限会社で活動されていて、
お会いした当時はなかなかお話しませんでしたが、
今回帰って来た時に真っ先に僕のことに
興味を持ってくれた方の一人で、
楽しくお話させて頂きました。
時々、クマさんを含めたトレーナーの方々4、5名が
Twitter上でトレーニングやら指導やら、
様々なトピックに沿ってディスカッションを
繰り広げているのを見ているのですが、
その内容がもうマニアックすぎて。
見ているだけでお腹いっぱいになるし、笑
よくそこまで皆さん考えているなぁ~、と
いろいろと考えさせてもらうことがあります。
そういったコアなメンバーの一人であるクマさん、
といった認識があったわけではないのですが、
ロルフィングのことや、トレーニングのこと、アスレティックトレーニングのこと、
共通の先生・先輩のこと、指導のこと、
トレーナーという仕事のことなど、
自分で話しながら自分の思いに改めて気づくことが多くありました。
普段は先輩方とお会いすると話を聞こうと心がけている僕ですが、
今回は、もうしゃべったりました。
というか、聞いて頂いた。
でもその中でも、いやそれ以上にクマさんも言いたい事言っていたような。笑
いやはや、二人とも話したい事を話したい分だけ発言していましたね。
非常に楽しかった。
自分が最近課題にしている、
話をする、
人に思いをきちんと伝える、
ことにトライしているおかげで得られている産物が、
自分の中にある思いに改めて気づく機会を
もらっているということ。
聞いてわかったつもりでも、実際それについて話してみようと思ったら
いろいろ考えなくてはいけないし、そうやって話している内容は
実は自分はそうやって考えていた内容とはまるで逆だったり。
それが実は自分の思いだったり。
不器用なりに、何とかいろいろ学んでいっています。
一年ぶりに日本に帰って来て、
最初の2週間くらいは日本のリズム、日本人との
会話の感覚が掴みにくくてちょっと焦ってましたが、
ココにきてようやく慣れてきました。
こういうタイミングで、完全にアメリカに染まる前に
一度日本に帰って来て、日本文化、日本人について
改めて考える時間があって、今回の一時帰国は
とってもよかったものだと思います。
といいつつ、気づいたらボルダーに戻るまであと2週間。
次に日本に帰ってくるのは年末ですが、
次帰って来たらもう冬ですもんね。
最後のラストスパートと言わんばかりに
今週末、来週もいろんな方にお会いします。
最後まで楽しい滞在になりますように。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>